« 復興の旅 宮城編 その5 雨の日は漫画を | トップページ | 白い闇の中で »

2018/05/04

復興の旅 宮城編 その6 止まない雨はない

朝起きると、雨はまだ止んでいなかった。
喉はまだ痛むが、とりあえず行動に支障はない。

まず石巻周辺の小学校跡や駅舎跡などの震災遺構を見て回った。雨の中で佇む遺構は、どれもより重苦しい雰囲気を漂わせていた。

20180504_001奥松島までやって来たが、雨は止まない。
ここには、松島の四大景観のひとつ、大高森があるのだが、この天候では良い眺望は望めそうにない。
とは言え、遊覧船もこの雨の中では、ぱっとしない。
迷ったときは・・お金のかからないほうへ。
大高森は100mほどの丘陵地で、ちょっとしたハイキングコースだ。山頂にはほどなく着いたが、やはり景色は今ひとつ。黒々とした雨雲が覆い被さり、青空はほんのわずかしか見えない。おまけに小降りだった雨が勢いをまし、沈鬱な空気が立ちこめていた。

20180504_002早々に切り上げて、昼食を取った。
すると、食べているうちに、みるみる雨が止み、まぶしい陽射しが射し始めた。
これは千載一遇のチャンス!
すぐさま遊覧船乗り場に向かった。

20180504_003遊覧船に乗るなら晴れた日に限る。空と海の輝きがまるで違う。
奥松島の遊覧船は、日本三大渓のひとつ、嵯峨渓を含むコースだ。初めて乗ったが、確かに風光明媚なところだった。船長さんの軽妙なトークも面白かった。
震災前は遊覧船の乗り場はもっと岬よりにあったらしいが、津波で乗り場が流されてしまったため、奥まった今の場所に移されたそうだ。こちらとしては、より長く楽しめるようになったので、お得感がある。

なんだかんだで、最後に晴れてくれて良かった。
明日は津軽海峡あたりで、朝日を拝めるだろうか。

|

« 復興の旅 宮城編 その5 雨の日は漫画を | トップページ | 白い闇の中で »

コメント

持ってますね、運!
最後の最後に晴れて良かった。
北海道もイマイチの天気です。
津軽海峡では、綺麗な朝日を見られるように願っていますね!
連休も終盤ですが、良い旅を^_^

投稿: | 2018/05/04 23:28

>みぃやさん
朝起きたときににはとっくに太陽が高く登っていました(笑)。今日はいい天気になりそうです。
すでに日焼けしたところがヒリヒリしています。
もうすぐ苫小牧港に入港します。

投稿: どげざ(管理人) | 2018/05/05 10:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63573/66683451

この記事へのトラックバック一覧です: 復興の旅 宮城編 その6 止まない雨はない:

« 復興の旅 宮城編 その5 雨の日は漫画を | トップページ | 白い闇の中で »