« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018/03/24

シロクマじゃなくてホッキョクグマ

円山動物園に新しくオープンしたホッキョクグマ館が人気らしい。
まだ混み合っているかもしれないけど、もうすぐ年間パスポートの期限が切れてしまうので、いまのうちに行っておくことにした。

20180324_001入園したらすぐ、他の動物には脇目も振らず、一番奥にあるホッキョクグマ館を目指した。
ホッキョクグマ館の目玉は、なんと言ってもその巨大なプールと水中トンネルだ。ホッキョクグマが水中を泳いでいる姿を横や下から観察することが出来る。
それにしても、ホッキョクグマってこんなに泳ぐのが好きなんだ!と驚くほど、ずっと水中にいる。その日は二頭のホッキョクグマ(おそらく母娘のララとリラ?)がいた。

面白いのは、単に泳ぐだけではなく、水中トンネルの上を歩いたり、壁を蹴ってターンしたりと、実にアグレッシブな動きをみせること。
旭山動物園のペンギン館では、自由自在に「飛び」回るペンギンの姿が印象的だったが、こちらはそれ以上の衝撃だ。何せ、あのホッキョクグマの巨体が縦横無尽に駆け回るのだ。
うーん、圧倒的な迫力。

20180324_002ホッキョクグマを眺めていたら、あっという間に30分以上過ぎていた。それぐらい面白い。
ホッキョクグマ達が、この施設に慣れてきたころには、また新しい遊び方を発見するかもしれないので、定期的に観に行きたい。

午後からはコウモリの解説イベントがあったので、そちらを観に行った。
北海道に生息する哺乳類は60種ほどいるらしいが、なんとその3分の1の20種ほどがコウモリなのだという。実は北海道って、コウモリ王国だったのか!

20180324_003飼育員のお姉さんが、やたらと精巧なコウモリスーツを身に纏って説明していた。手の指も実際のコウモリのものを模しているのだとか。なんという熱の入れよう。
おれも今度、森でコウモリを探してみようかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018/03/04

大阪に出張する

1泊2日で大阪へ出張した。
いまの会社では、ほとんど出張することがないうえ、しかも行き先が大阪となると、とても珍しいことだ。

20180302_001飛行機が早い時間の便だったので、空がまだ暗いうちに家を出て、駅に向かわなくてはならなかった。
その日の札幌の最高気温は1℃。対して、大阪の最高気温は15℃。信じられないくらいの温度差だ。
身につけていた帽子とマフラーとダウンジャケットを全部脱いで、バッグの中に押し込んだ。
札幌を出るときには雪がちらついていたのに、大阪では汗ばむような陽気。梅はもうほとんど散ってしまっていて、早咲きの桜がもう花を咲かせていた。

2日目は昼ごろには仕事が終わってしまったが、帰りの飛行機は夕方の便だ。特割なので時間の変更も出来ず、かなり時間が空いてしまった。せっかくなので、いろいろ観光地を見て回ることにした。

20180302_002まずは大阪城。さすがは日本一の城と呼ばれるだけあって、スケールが桁違いだ。石垣の大きさに圧倒される。
帰りは神戸空港だったので、三宮へ移動。
生田神社と異人街を駆け足で回った。
神戸はとにかく坂が多い。スーツと革靴のまま、うろうろするのはしんどかった。

新千歳空港に降り立ったとき、あまりの寒さに身震いした。
同じ国内なのに、時差ぼけを越えて、季節差ぼけを起こしそう。
北海道の春はまだ遠い。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »