« 鮭は上る 舟は下る | トップページ | 秋の読書週間 2017 »

2017/10/29

秋の魚

札幌にも初雪が降り、いよいよ秋も終わりに近づいている。
暖かさを感じる日も残りわずかだろう。

20171029_001台風が思いの外、南にそれたせいで、秋晴れの空が広がっていた。
貴重なこの日を逃さないように、またも積丹へ。
これから先はまさに「女心と秋の空」、海が荒れる日が多くなる。運が良ければまだ潜れるかもしれないし、運が悪ければそのまま冬に突入だ。

水温は14℃。三週間前に潜ったときに比べて3℃も下がった。ウェットスーツではもうきびしいから、「夏だけダイバー」は姿を見せなくなる。北国ダイバーの中でもさらにマニアックな者達だけの世界になる。

20171029_002金色に姿を変え、じっと卵を守るアイナメ(アブラコ)が現れた。いつも以上に強い迫力を感じる。
岩の間からぬるっと滑り出したのは、ケムシカジカ(トウベツカジカ)だ。この不気味でグロテスクな顔立ちの魚は、別名「ナベコワシ」とも言われる。あまりの美味しさに鍋をつつき回して壊してしまうからだとか。本当かいな?
魚偏に秋と書いて鰍(カジカ)。昔の人はこの魚をつつきながら、秋を感じたんだなぁ。

20171029_003潜り始めはそんなに気にならなかったものの、さすがに一時間も潜っていると身体が冷えてきた。次に潜るときは、もう少し厚着をしなくちゃダメだな。後はおしっこが我慢できるかどうか。冬のダイバーは体力も気力も人一倍ないとやってられない。

|

« 鮭は上る 舟は下る | トップページ | 秋の読書週間 2017 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63573/65987675

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の魚:

« 鮭は上る 舟は下る | トップページ | 秋の読書週間 2017 »