« 夜の動物園 in 円山 | トップページ | 猿と温泉 »

2017/08/14

故郷の水族館

せっかくはるばる富山へ帰省したのに、親父はいつもどおり囲碁三昧だし、天気も今一つ。
家でごろごろしていても暑いだけなので、最寄りの水族館へ。

20170814_001子供のころから何度となく訪れているので、大体の展示内容も分かっちゃっている。
それでも、ウスメバルやコブダイなど、普段北海道では幼魚しか見られない魚たちが、ここでは成魚の姿で見られるのが面白い。イシダイも北海道では死滅回遊魚だけど、ここでは普通の魚の一つにすぎない。

20170814_002お盆の特別企画として、マツカサウオの発光実験をやっていた。この魚はあごのところに発光器があるのだけど、ほんのわずかな光なので、部屋を真っ暗にしないとわからない。実はこの発光現象を世界で初めて発見したのは、この水族館だそうだ。しかも、水族館が停電になった時に偶然発見されたとか。

20170814_003もうひとつ、驚かされたのが、リュウグウノツカイの標本だ。
昔、子供のころに見ていた図鑑では、深海魚の親玉のように紹介されており、その名前と姿は、少年だった俺のロマンをかきたてまくったものだった。
大人になって池袋のサンシャイン水族館で初めて標本を見た。そのときは「やっぱり都会の水族館はすげー」と思ったものだが、いつのまに地元の水族館にいたのやら。灯台もと暗しとはこのことか。
なんでも、ダイオウイカと同じように、近年目撃例が増えているらしい。また「地球温暖化の影響かよ」と思ったら、深海の水温はほとんど影響を受けないので、別の要因だろうとのこと。
「竜宮城に危機が迫っている!」とかだと、別のロマンが生まれそうだが、それはむしろファンタジーの世界だな。

|

« 夜の動物園 in 円山 | トップページ | 猿と温泉 »

コメント

帰省されていたんですね〜
お父さんは囲碁ざんまいですか?
一緒に囲碁を打ちはしないのでしょうか?

私は実家に帰ると足がないため、実家に軟禁状態になります。
それも嫌だし、親との不仲で、もう何年も実家に帰っておりません。
まあ、車があったとしても、どこも行くところがないから、状況は変わらないんですけどね〜

水族館もたまに行きたいな〜
行けるとしたら、サンピアザ水族館くらいだけど(笑)

投稿: みぃや | 2017/08/16 06:11

>みぃやさん

残念ながら囲碁はまったく分からないです。いや、分かったとしても、親父は朝から晩まで打っているので、それに付き合うのはごめんです(笑)。

僕も実家に帰ると足は無いのですが、親父が囲碁を打っている間に親の車を借りて出かけています。

苦手であっても親は大切にした方が良いですよ。こればっかりは世界中どこを探しても代わりはいませんからね。
まあ、うちの親は孝行しがいのない感じですけど(汗)。

投稿: どげざ(管理人) | 2017/08/16 14:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63573/65668974

この記事へのトラックバック一覧です: 故郷の水族館:

« 夜の動物園 in 円山 | トップページ | 猿と温泉 »