« 2017年6月 | トップページ

2017/07/09

海のハリネズミ

20170709_001気がつけばもう7月。
ここのところ、山にばかり行っていたけど、そろそろ暑くなってきたので、海にも行かなくては。
去年は秋から冬にかけてずっと風邪気味だったので、ダイビングをするのはほぼ一年ぶりだ。

20170709_003水温は17℃ほどしかなくまだ冷たいが、海の色は見事な積丹ブルー。ようやく夏が来たなーと実感する。
50cm以上はありそうな、立派なアイナメ(アブラコ)を見つけてのんびり観察していたら、突然、脚に痛みが!
海底の岩に膝をついたときに、うっかりウニを踏んづけてしまったらしい。
ドライスーツの膝の部分は補強されて厚くなっているのに、こんな簡単に貫通してしまうなんて。ムラサキウニ、恐るべし。スーツに穴が開いてしまったので、そこから水が浸みこんでくるし、最悪。帰ったら、補修しないとな。

20170709_005久々の海で嬉しくなったので、いつもなら一本潜って終わりのところを、頑張って二本目も潜ることにした。
ヒメイカが砂地をちょこまかと動き回るのが面白い。小指の先ほどの大きさしかないのに、盛んに墨を吐く。一体どこに蓄えられているんだか。
じゅんぶんダイビングを楽しんだのだけど、帰りの道はやはり大渋滞だった。
早く余市まで高速道路が開通しないかな。そうすれば少しは楽になるのに。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/07/07

一年の折り返し

20170707_001
今年もあっという間に半分が過ぎた。
ここで一度振り返ってみよう。

まずは今年も目標であるダイエットだが、最初の2,3kgは順調に痩せたものの、最近は停滞気味。
この先どうやって減らせば良いのだろう?
体重が維持できているってことは、摂取カロリーと消費カロリーがちょうど釣り合っているということ。だったら、運動すればした分だけ減っていくはずなんだが、そんな単純なものでもない?
仕事が少しずつ忙しくなってきたから、生活が不規則にならないように注意しないと。

旅行は春からずっと天候が悪かったせいもあって、GWの東北旅行を除いては、あまり出かけられていない。
山はもう3回登ったので、そろそろ海にも行きたいな。

後は、お盆休みか年末に海外旅行に行きたいけど、果たして休みが取れるかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/07/02

アポイ岳(810.5m)登山 (後編)

アポイ岳周辺は、その特殊な地形からジオパークに指定されている。
訪れる登山客も多いので、登山道も非常に良く整備されている。

20170702_010頂上で昼食を取ってから、下山することにした。
ところが、霧の中をさまよって、身体を冷やしたせいだろうか、おなかが痛くなってきた。
これは、まずい。
環境保全に力を入れているアポイ岳だから、その辺で用を足すなんて出来るはずがない。
確か、5合目の山小屋の隣に携帯トイレ専用のブースがあったっけ。あそこまでたどり着けば・・・。
グルグル音を立て始めた腹を抱えながら、山小屋を目指した。

20170702_011何とかたどり着いて、一安心。
と思って、リュックの中身を確認したら・・、
げげっ。
この携帯トイレ、「小」専用じゃないか。
携帯トイレはいつも常備していたのだけど、なんだかんだで一度も使ったことがなかったから、うっかりしてたー。
これは、本気でまずい。腹の調子は少し落ち着いてきたものの、まだ先は長い。
下まで保つのか・・・?
とにかくじっとしているわけにはいかない。休憩もほどほどにして先を急ごう。

急いでいるからと言って、慌ててはいけない。怪我をしやすいのは、むしろ下山のときなのだから。
こんなときこそ、注意して歩かなければ、きっと障害にぶち当たる。
そう、あんな風に・・・・え?

がさがさっ。
目の前の笹藪で茶色の塊が動いた。
で、でたあああああああ。

20170702_013・・・と思ったら、エゾシカだった。
さては、登山口付近にあったフンの主かな。
びびったぁ。

それからは順調に進み、ほどなく麓に着いた。
あぁ、助かった。
あれがヒグマだったら、睨み合いを続けた上に、漏らしていたかもしれないからな。

こうして美しい自然は守られた。
めでたし、めでたし。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アポイ岳(810.5m)登山 (前編)

先々週に引き続き、今週はアポイ岳へ。
アポイ岳は知る人ぞ知る、「花の山」だ。高山植物がただ豊かというだけじゃなく、固有種が非常に多いことで有名らしい。当然人気も高く、道外からも多くの人が訪れるという。

今回も山麓にあるキャンプ場で前泊することにした。
アポイ岳は日高山脈でも南端のほう、襟裳岬のちょい北にある。
海岸沿いに車を走らせると、そこら中に牧場があり、馬がのんびり草を食んでいる。
日高はやはり馬の王国だ。

まずはビジターセンターで予習。アポイ岳は大陸プレートのちょうど境目にあり、地中のマントルが露出した地点だという。
あれ?マントルって、ドロドロした流体なんじゃないの?と思ったら、「昔はマントルは液体だと思われていましたが、近年の調査では固体だとわかっています」と衝撃の説明が。
そ、そうだったのかー。子供の頃に学んだ科学の知識は、大幅に更新されてしまっているな。
その固体はかんらん岩と呼ばれ、アポイ岳はまるまる山一つがかんらん岩の塊で、世界的にも貴重な地形だそうだ。ほほう。

20170702_003それはともかく。
先週もヒグマの目撃情報があるじゃないか。
春から数えるともう5回目。この辺りって、意外にクマが多いのか?
大丈夫かなぁ。

翌日、早朝にキャンプ場を引き払って、登山口へ。
登り初めてすぐ、新しいフンの跡を発見。
20170702_005ひょっとしてすぐ近くにヒグマが?
いやいや。
地面の残る足跡を見てわかった。これはエゾシカだ。
近年、鹿が高山植物を食い荒らす被害が増えているというのは本当らしい。

20170702_007最初は灌木や笹藪ばかりで、花はほとんど見当たらなかったが、5合目の山小屋を越えた辺りから登山道の雰囲気が変わり、ちらほら花が見られ始めた。
ところが、稜線にたどり着く頃には、麓から霧が押し寄せてきて、あっという間に見通しがきかなくなってしまった。
でも、実はこれこそがアポイ岳の命。年中、霧に包まれて涼しいので、低山にも関わらず高山植物が豊富なのだ。この山は眺望より花を楽しむのが良さそうだ。
山頂までのコースタイムは2時間半なのに、写真を撮るのにたびたび立ち止まるので、一向に先に進まず、結局3時間半もかかってしまった。

20170702_009霧はますます濃くなり、小さな祠のある山頂は、ちょっと不気味な感じだった。
肌寒くなってきたし、上着を持ってくるんだったな。
風邪を引く前に下山するとしよう。

つづく。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年6月 | トップページ