« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017/06/18

ホロホロ山(1,322.4m)登山

ここしばらくは週末になるたびに天気が悪くなっていたので、久しぶりのお出かけ日和。
ホロホロ山を目指して、白老へ。札幌から高速道路を使えば、たったの1時間だ。
隣の徳舜瞥山は一昨年に登ったし、徳舜瞥山から縦断することも出来るけれど、今回は反対側の登山口から登ることにする。

20170618_001早朝からアタックするため、ポロト湖のそばのキャンプ場で前泊する。
夕食は例によって一人焼き肉だ。せっかく白老に来ているのだから、やっぱり白老和牛だよね。さっそく精肉店で買い込むぞ。
えーっと、肩ロースは100gで1,500円、モモは100gで1,000円か。
・・・・わお。さすがはブランド牛。普段口にしてる肉とは桁が違う。目玉が飛び出そうな値段だが、思い切って100gずつ購入。なあにキャンプ場は一泊400円だし、宿泊代を食費に換えたと考えれば良いさ。(と思い込むことで心の平静を取り戻した)
白老牛を一口一口味わいつつ、ひっそりと宴は進む。

夜は22時に寝て、朝4時半に起きた。さあ、山へ向かうぞ。
道道から登山口へつながる林道に入ったが、この道がとてつもなく悪路だった。未舗装と言うだけでなく凸凹だらけ。所々に大きな石が転がっていたりするので、大して車高の高くない俺の車だと、ガッコンガッコン底に当たって、車が壊れちまうんじゃないかと心配になるぐらい。ランドクルーザーとかじゃないと、この道はきついよなぁ。

なんとか登山口にたどり着き、登山開始。
登山道はとても丁寧に整備されていた。邪魔な枝や樹木はちゃんと伐採されているし、迷いそうなところにはペンキで矢印が書かれている。樹木や地形の説明が書かれたプレートはなんと御影石で作られていた。並々ならぬ情熱が感じられた。

20170618_0027合目にある展望台では桜が咲いていた。ほとんどは葉桜に変わっているが、まだ散らずに残っている花もある。後で調べてみたら、高嶺桜という野生種で、もっとも開花が遅い品種だという。他の登山者にも「桜は咲いてましたか?」と訊かれたので、どうやらこの桜目当てで登っている人もいるみたいだ。
おそらく今年最後の桜になるだろう。鼻を近づけてかすかな桜の香りを楽しんだ。

20170618_003登山口から3時間かけて山頂へ。コースタイムは2時間ほどだから、ずいぶんのんびりペースだ。
気持ちいいぐらいの快晴で眺めは最高。隣の徳舜瞥山はもちろん、支笏湖の周りの恵庭岳、樽前山、風不死岳や羊蹄山もはっきり見渡せた。
山頂は意外に賑わっていたが、ほとんどは徳舜瞥山からの縦断だったみたいだ。せっかく立派な登山道があるのに勿体ない。

20170618_004ゆっくり下山した後、虎杖浜のアヨロ温泉へ。源泉かけ流しなのは嬉しいが、改装して小綺麗になってしまったので、昔の趣が失われてしまったのはちょっと残念。
そろそろ海にも行きたいが、まだまだ山も登りたい。どうか来週末も晴れますように。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »