« 東北の復興を見届ける旅【予告編】 | トップページ | 雪解け散歩 »

2017/04/02

動物園で「原作」を観る

20170402_004巷で流行っていたアニメ、「けものフレンズ」の放送が終了した。
毎週欠かさず「ダーウィンが来た」を観ている動物オタクの俺としては、どうしても観たかったアニメだけど、札幌では放送していなかったので、結局、観られずじまい。
辛うじてニコニコ動画で第一話だけは観たけれど、一話だけではおもしろさが伝わってこない。うーん、悔しい。

そもそも、なぜメインキャラがサーバルキャットなのか。よほどの動物好きじゃなくちゃ知らないぞ。日本中の動物園でもサーバルキャットを飼育しているところはそんなにないんじゃないか?

20170402_001ん?・・・あれれ?
円山動物園にいるじゃん。まさに灯台もと暗し。
でも今ひとつ記憶にないんだけど・・・。
ここしばらくは行ってなかったし、行ってもオオカミとかホッキョクグマとかしかみてなかったからな~。第一、ネコ科の動物のほとんどは夜行性なので、昼間は寝ていることが多いんだよ。

まあ、ともかく。
「けものフレンズ」の公式も「原作はゲームでもアニメでもなくて、動物です。」と言っていることだし、たまにはゆっくり動物を観るのも悪くない。

20170402_002そんなわけで動物園に出かけた。
でも、、、やっぱり寝てた(笑)。
円山動物園にはサーバルキャットは二頭いる。
雄のポッキーはなんと推定24歳で、国内最高齢。毛繕いが自分では満足に出来なくなっているので毛並みがボロボロだし、ときどきよろよろとふらつく。大丈夫か、おじいちゃん。
メスのエンは1歳。こちらは若々しいが、一般公開の初日に二階から足を踏み外して転落し両足を骨折するという、ネコ科とは思えないドジっぷり。大丈夫か、お嬢ちゃん。

20170402_003ポッキーはときどき思い出したように起きて、5秒ぐらい頑張って、また寝てしまう、というのを繰り返している。エンはまったく顔を上げようともしない。そのくせ耳は時々ぴくぴく動いている。もしや寝たふり?もっと頑張れ、若者!
いつもこんな調子だったら、俺の記憶が薄いのも納得かな。

同じネコ科でも、アムールトラやユキヒョウはまだ元気に動き回っていたので、やっぱり「さばんなちほー」のフレンズには北海道はちょっと寒すぎるのかもしれない。

|

« 東北の復興を見届ける旅【予告編】 | トップページ | 雪解け散歩 »

コメント

お嬢ちゃん、怪我は大丈夫なのかな?
ネコ科にしては……確かに吹いちゃいますね(笑)

おじいちゃんの方には、もっと長生きして欲しいですね〜
でも、画像から判断するに、もう限界が近いのかなぁ。

円山動物園も、去年までの間に不幸が続いたから、
是非是非イイ話題が欲しいですね〜。

ちなみに私は、陸ガメばかり見ちゃうかな。
あとはサル山(笑)
旭山動物園にも行きたいなぁ〜

投稿: みぃや | 2017/04/06 17:22

>みぃやさん

エンの足はまだ金属プレートが入ったままで、今月除去手術する予定だそうです。早く元気になって欲しいですね!

陸ガメとはまた渋いですね。リニューアルした爬虫類館はとても面白いです。
年間パスポートを買ったので、ときどき観に行こうかなと思ってます。

投稿: どげざ(管理人) | 2017/04/06 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63573/65104915

この記事へのトラックバック一覧です: 動物園で「原作」を観る:

« 東北の復興を見届ける旅【予告編】 | トップページ | 雪解け散歩 »