« 2017年3月 | トップページ

2017/04/16

鷲と白鳥の湖

先週の野幌がいまひとつだったので、今週はどこに行こうと考えあぐねたあげく、車を走らせて、ウトナイ湖へ。
こちらも微妙な時期で、白鳥たちや雁たちはほとんどが渡りを終えてしまっていて、残っているのはほんの少しだけ。
春の野草はまだほとんど咲いていない。

20170416_001遊歩道を散策していたら、どこにいたのか、一斉に鴨たちが飛び立つのが見えた。
ん?飛び方が妙だ。左右にバラバラに分かれてしまっているし、統率が全然取れていない。
空に目を凝らすとその理由がわかった。オジロワシだ。大きな翼を広げて悠々と飛んでいる。獲物を探しているらしい。まるで動物番組のような展開に、わくわくしながら双眼鏡を覗き込んだ。オジロワシはしばらく粘っていたが、やがて遠くに飛び去っていった。

20170416_002遊歩道の帰り道、湖岸の草むらの影にコブハクチョウが休んでいるのを見つけた。最後の最後で近くで見られたのはラッキーだった。
この白鳥たちも間もなく北へ旅経つのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/04/09

雪解け散歩

今日みたいな天気は良いけど、風が強い日には、森の散歩が一番だ。
そんなわけで野幌森林公園に向かった。

20170409_001街中ではほとんど雪は溶けてしまっているけれど、ここではまだ結構残っている。
それでも雪解けが進んだ結果、遊歩道はぬかるんでいるところが多い。それだけならまだしも、遊歩道は他よりも低いので水が集まってしまい、ちょっとした小川や池になってしまっていた。場所によっては10cm以上深さがあるところもあり、迂回しなければならなかった。これじゃあ、トレッキングシューズよりも長靴の方が良かったな。

20170409_002もう春の花々が咲き始めているかなと思っていたんだけど、見かけたのは福寿草ぐらいだった。ちょっと早すぎたか。
水芭蕉か座禅草らしい芽もあったが、花が咲くのはまだまだ先の話だろう。次に来る頃にはもっといろんな花が出迎えてくれそうだ。

20170409_003公園内は植物の採取が禁止されているので、駐車場の外れでフキノトウをいくつか採った。持ち帰って天ぷらにして、春の恵みを味わうとしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017/04/02

動物園で「原作」を観る

20170402_004巷で流行っていたアニメ、「けものフレンズ」の放送が終了した。
毎週欠かさず「ダーウィンが来た」を観ている動物オタクの俺としては、どうしても観たかったアニメだけど、札幌では放送していなかったので、結局、観られずじまい。
辛うじてニコニコ動画で第一話だけは観たけれど、一話だけではおもしろさが伝わってこない。うーん、悔しい。

そもそも、なぜメインキャラがサーバルキャットなのか。よほどの動物好きじゃなくちゃ知らないぞ。日本中の動物園でもサーバルキャットを飼育しているところはそんなにないんじゃないか?

20170402_001ん?・・・あれれ?
円山動物園にいるじゃん。まさに灯台もと暗し。
でも今ひとつ記憶にないんだけど・・・。
ここしばらくは行ってなかったし、行ってもオオカミとかホッキョクグマとかしかみてなかったからな~。第一、ネコ科の動物のほとんどは夜行性なので、昼間は寝ていることが多いんだよ。

まあ、ともかく。
「けものフレンズ」の公式も「原作はゲームでもアニメでもなくて、動物です。」と言っていることだし、たまにはゆっくり動物を観るのも悪くない。

20170402_002そんなわけで動物園に出かけた。
でも、、、やっぱり寝てた(笑)。
円山動物園にはサーバルキャットは二頭いる。
雄のポッキーはなんと推定24歳で、国内最高齢。毛繕いが自分では満足に出来なくなっているので毛並みがボロボロだし、ときどきよろよろとふらつく。大丈夫か、おじいちゃん。
メスのエンは1歳。こちらは若々しいが、一般公開の初日に二階から足を踏み外して転落し両足を骨折するという、ネコ科とは思えないドジっぷり。大丈夫か、お嬢ちゃん。

20170402_003ポッキーはときどき思い出したように起きて、5秒ぐらい頑張って、また寝てしまう、というのを繰り返している。エンはまったく顔を上げようともしない。そのくせ耳は時々ぴくぴく動いている。もしや寝たふり?もっと頑張れ、若者!
いつもこんな調子だったら、俺の記憶が薄いのも納得かな。

同じネコ科でも、アムールトラやユキヒョウはまだ元気に動き回っていたので、やっぱり「さばんなちほー」のフレンズには北海道はちょっと寒すぎるのかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ