« ツケは高くつく | トップページ | 電通ショック »

2016/10/31

秋の読書週間 2016

今年も始まった秋の読書週間。
今年は冬の訪れが早いし、風邪がなかなか治らないし、すんなりとインドアに移行しそう。
ラインナップは以下の通り。

■オリバー・ストーンが語る もうひとつのアメリカ史
3 帝国の緩やかな黄昏
オリバー・ストーン&ピーター・カズニック (著)
いよいよシリーズ最終巻。この巻の目玉はやはり9.11だろう。アメリカがどこから足を踏み外してしまったのか、現在にどうつながって行くのか、興味のあるところだ。

■図書館革命 図書館戦争シリーズ(4)
有川 浩 (著)
こちらもシリーズ最終巻。この前たまたま映画版最新作を観たのだけど、どうやら3巻と4巻をごちゃ混ぜにしたストーリーだったらしく、少しだけネタバレしてしまったのが残念。

■ロードス島攻防記
塩野 七生(著)
某国産ファンタジーの「ロードス島戦記」とは全く関係ない。
東地中海のロードス島での、聖ヨハネ騎士団とオスマントルコの戦いを描いた史実もの。文庫本一冊だけなのでさくっと読めそう。

■数学ガール
結城 浩(著)
前から興味があったのだけど、実際読み始めてみると、第1章からフィボナッチ数列が出てくる割とガチな本だった。「博士の愛した数列」と比べても、数式がビシバシ出てくる。もう半分ぐらい読んだけど、だいぶ難しくなってきた。疲れたときに読んでもさっぱり頭に入ってこないし、最後まで読み切ることが出来るだろうか?

■戦争まで 歴史を決めた交渉と日本の失敗
加藤 陽子(著)
前に読んだ「それでも、日本は『戦争』を選んだ」の続編らしい。本屋でたまたま見つけて即購入した。今回もテーマは「選択」である。勝てる見込みのない愚かで悲惨な戦争をなぜ日本が選択したのか?この基本的な疑問に対して、俺はまだ自分なりの回答を見つけていない。答えは見つかるだろうか?

秋の夜長を楽しもう。

|

« ツケは高くつく | トップページ | 電通ショック »

コメント

戦争に関する書物は、私も関心がありますが……最近、大学の教科書を読んでいても、寝落ちしてしまうので、もう、私には読書の秋は来ないかもしれません(^_^;)

この頃は天候不順で、出かけるのも億劫になって来ましたね〜。
早く天気が落ち着いて、冬の海のブログがアップされるのを、楽しみにしています!

風邪は大丈夫かな?

投稿: みぃや | 2016/11/03 03:22

>みぃやさん

戦後70年のときに戦争関連の書籍がたくさん出版されたので、興味を持って読むようになりました。
基本的には公共交通機関での移動中にしか本を読まないので、なかなかページが進まないのが悩みです。

投稿: どげざ(管理人) | 2016/11/04 01:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63573/64426589

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の読書週間 2016:

« ツケは高くつく | トップページ | 電通ショック »