« 映画「聲の形」 | トップページ | 秋の読書週間 2016 »

2016/10/20

ツケは高くつく

昨日の朝、思い切り寝坊した。
なんとかぎりぎり間に合う時間だったので、タクシーを使って会社に行った。
そこまでは良かったのだけど、タクシーを降りて一万円を出すと、
「いやー、ごめん。千円札足りないわ」と運転手さん。
えっ。
「いえ、こちらも万札しかないんだけど」と俺。

会社の周りは、タヌキやキツネやエゾリスやアオダイショウが、ちょくちょく顔を出すような野性味あふれるところなので、もちろん両替の出来るような店は一軒もない。最寄りの店まで戻ったりしたら、それこそ遅刻間違いなしだ。

「うーん、困ったな。・・・しょうがない、ツケにしておきますわ」
は?
「後でいいので、うちの会社のタクシー見つけたら、お金払っておいてもらえますか」
タクシーでツケなんて、聞いたことないぞ。
訳のわからないまま、レシートだけ渡されて車を降りた。

その日の帰りにタクシーを拾った辺りを歩いてみたが、そんなに都合良く同じタクシー会社の車が停まっているはずがない。ひとつひとつ会社名を確認しながら探して歩くうちに、札幌にこんなに多くのタクシー会社があったんだなぁと新しい発見をした気分になる。
結局、お目当てのタクシー会社は見つからなかった。

そして今日。札幌では初雪が降った。
夜になってもかなりの勢いで降っている。メチャクチャ寒いが、このぶんじゃあ、明日はもう自転車には乗れないかもしれない。自分のせいではないとは言え、支払いをあまり先延ばしにするのも気分が悪い。
今日中になんとかしよう。面倒だけど直接タクシー会社の営業所に払いに行ってやる。そう思い、自転車のペダルを漕いだ。

まずい。思ったより雪が本格的になってきた。
タクシー代を払うためにタクシーに乗ろうかと本末転倒的なことが頭に浮かぶ。営業所は思ったより遠くて、着いた頃にはコートもスーツもびしょ濡れだった。
さらに帰り道ではあられの絨毯爆撃を喰らう。細かいBB弾を体中に浴びている気分。顔が痛くてたまらない。
交差点でブレーキをかけたら、自転車が思いっきり横滑りして5mぐらいすっ飛んだ。雪道で派手に転んで、泣き面に蜂だ。手が冷たさと打撲で感覚がなくなっている。
何で俺がこんな目に合わなきゃならないんだ。

冬は暴力的にやって来た。

|

« 映画「聲の形」 | トップページ | 秋の読書週間 2016 »

コメント

うわぁ〜大変な目に遭いましたね!風邪の方は大丈夫なんですか?悪化したりしていませんか?そればかりが、心配です!
しかし、タクシー会社のツケはあと味わるいですね。もっと楽に返せたらいいのに……

投稿: みぃや | 2016/10/23 09:56

>みぃやさん

風邪は一進一退な感じで、休日に回復したと思ったら平日でぶり返す、なんてことを繰り返しています。

とうとう冬到来ですね。スタッドレスタイヤを買い換えるかどうか迷っています。

投稿: どげざ(管理人) | 2016/10/23 13:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63573/64376887

この記事へのトラックバック一覧です: ツケは高くつく:

« 映画「聲の形」 | トップページ | 秋の読書週間 2016 »