« 満月の海にて | トップページ | 映画「君の名は。」 »

2016/09/10

映画「シン・ゴジラ」

今週の土曜日も天気が悪かった。
なので映画でも見に行こうと、「シン・ゴジラ」と「君の名は。」で迷ったあげくに「シン・ゴジラ」に決めた。「君の名は。」は伏線とか貼りまくっていそうで、DVDで観た方が楽しめそうな気がする。

さて、「シン・ゴジラ」だが、はっきり言って子供向けではない。
序盤は会議・会議、また会議。しかも「巨大不明生物対策室の設置に関する会議」とか、どーでもいい会議ばかりやっている。事件は現場で起こっているのかもしれないが、怪獣退治は会議室でやるものらしい。
ここらへん展開が遅くて観ていてイライラしてくるのだけど、そのイライラこそが描きたかった部分なのだろう。会議で出てくる用語も政治・軍事・生物学など専門職の強いものばかりで、誰もそれを解説しようとしないため、おそらくほとんどの人が内容を理解できないような気がする。でも、これはあくまで演出であって、わざとやっているのだ。

無能でリーダーシップも決断力もないトップ陣と、有能でテキパキと物事を進めていく下位役人や官僚たちの姿を見ていて、何か既視感があると思ったら・・・ああ、あれだ。東日本大震災だ。あのときも政治家たちが右往左往して、しまいには足の引っ張り合いを始める中で、福島第一原発の所長や社員たち、消防署の隊員たちは文字通り必死の覚悟で現場に立ち向かっていたっけな。

「シン・ゴジラ」は怪獣映画であって、怪獣映画ではない。主役はゴジラではなく人でもない。「日本」という「組織」なのだ。日本が未知の問題に対してどのように立ち向かうのか、その危機管理がテーマになっている。映画の公開以来、いろいろな政治家が観た感想をコメントしているというもの納得だ。うーん、つくづく子供向けではない。

最後にちょっと残念だったところ。
ゴジラの放射能火炎や背びれからでるエネルギー波(?)がビームにしか見えないところ。放射能火炎はもっと広がりが欲しいし、背びれについては発射口もないのにあんなまっすぐに伸びないだろ、普通。雷のようなのをイメージしていたんだけどなぁ。

怪獣映画らしい爽快感はまるでないけど、めちゃ面白かった。
また映画館に観に行っちゃうかも。

|

« 満月の海にて | トップページ | 映画「君の名は。」 »

コメント

シン・ゴジラ、結果的には面白かったんですね!
私は映画館に一人で行くと、何故か必ず寝てしまうので、前作、ハリウッド版のゴジラ以降、映画館に足を運んでいません(笑)
でも、観たい映画はいっぱいあるんだけとなぁ…

投稿: みぃや | 2016/09/12 19:48

>みぃやさん

面白かったですよ-。従来の怪獣映画とはまったく違う視点から作られているので、新鮮でした。

ハリウッド版のゴジラ、観ていません。というか平成ゴジラは映画館で観たのは1つもない・・(^^;

投稿: どげざ(管理人) | 2016/09/13 00:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63573/64191322

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「シン・ゴジラ」:

« 満月の海にて | トップページ | 映画「君の名は。」 »