« 映画「君の名は。」 | トップページ | ツケは高くつく »

2016/09/25

映画「聲の形」

3週連続で映画館へ。
「聲の形」はここ数年のうちで最も心に残った漫画だった。「面白かった」とか「感動した」とかではなく、とにかく読んでいると胸が痛くなるような漫画だった。
映画化が決まってから、必ず観に行くと決めていた。

テーマになっているのは、いじめと障害者、コミュニケーションの在り方。
はっきり言って、絵柄からは想像できないぐらいに、重い。

観た感想としては、よく2時間にこれだけの内容を盛り込んだなぁ、と。
単行本7巻分の話がぎゅぎゅぎゅっと濃縮して詰め込まれている。それでいて総集編っぽくはなく、押さえるべきところは押さえているので、雑な作りにはなっていない。

内容が内容なだけに、漫画連載時からいろいろ物議を醸していたらしい。今回の映画でも「いじめの被害者が加害者を好きになるなんてあり得ない。障害者を都合良く描きすぎている」などの批判もあるようだ。
確かにそう思ってしまう部分もあるんだが、それは一方的な見方にすぎないんじゃないかな?

ヒロインの西宮は西宮であって、別に障害者を代表しているわけじゃない。いじめの被害者のほとんどは加害者を憎んだり恨んだりしているだろうけど、すべてがそうじゃない。むしろ、西宮の不自然なまでの人懐こさや物わかりの良さや自己肯定感のなさこそが、いじめのもたらした本当の障害であり、そこからの脱却がテーマなんじゃないの?

とにかくいろんなことを考えさせられる作品だった。もう一度、漫画を読み直してみたくなったな。

|

« 映画「君の名は。」 | トップページ | ツケは高くつく »

コメント

漫画から入られたんですね。
私は原作を知らないので、どう感じるかなぁ。
気になる映画です。
前評判を聞けて良かった^_^

投稿: みぃや | 2016/09/28 17:11

>みぃやさん

おっ、観に行かれるんですか?
「君の名は。」以上に好き嫌いの分かれる映画だと思いますが、感想が聞きたいです。
かなり重たい内容なので、覚悟の上で(笑)。

投稿: どげざ(管理人) | 2016/09/29 07:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63573/64267344

この記事へのトラックバック一覧です: 映画「聲の形」:

« 映画「君の名は。」 | トップページ | ツケは高くつく »