« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016/08/17

満月の海にて

今日は地元でダイビングをすることにした。
場所は滑川の漁港近く。案内してくれるダイビング・ショップは去年利用したところと同じだ。今回も夕方に一本、夜に一本潜る予定だ。
20160817_001
早速潜って見たが、残念ながら透明度はとても悪い。ガイドさんが言うにはここしばらく海が荒れる日が少なかったので、水が入れ替わらず濁りが残り続けているらしい。
海の青さは積丹とは比べるべくもないが、裏を返せば、栄養豊富で水温が高いため、プランクトンが大量発生するということ。きれいな海ほど栄養に乏しく、生き物にはやさしくないのだ。
それでも水は暖かく快適だし、イシダイやカマスなどの魚は群れをなしているので、見ごたえは十分だった。
岩の隙間で、ミズダコが卵を守っているのを見つけた。今晩あたりにハッチアウト(卵から孵化すること)しそうだという。今日はほぼ満月に近い。タコもサンゴなどと同じく満月に合わせて孵化するのだろうか?
20160817_004
夜になり、真っ暗な海の中に入った。
大型の水中ライトを海底に設置すると、灯りに誘われて、クラゲたちが集まり始めた。ゆらゆらと行き交うクラゲたちは、一見、幻想的で美しい光景なんだが、このクラゲはアンドンクラゲ。強い毒を持ち、さされると結構痛いらしい。ウェットスーツを着ているとはいえ、油断していると目の前を横切ったりする。顔を刺されないように注意しないと。
20160817_003
ミズダコのところに行ってみると、ガイドさんの予想通り、ハッチアウトが始まっていた。タコが吸いこんだ水を吐き出すたびに、ちっちゃいちっちゃいタコの赤ちゃんがわらわらっと撒き散らされる。赤ちゃんは小さいながらもピクピク動き、灯りに集まって来る。
それにしても凄い数だ。親が守ってくれるのはここまで、後は自力で生き残るしかない。きっと多くが魚のえさになってしまうのだろう。
なかなか見る事の出来ない孵化を見られたのは本当にラッキーだった。
20160817_002
他にもアオリイカが4,5匹の群れでいるのに出会った。美しい半透明の体で、ひれを羽ばたかせて、飛ぶように泳いでいく。優雅な泳ぎだなぁと思ったら、すかさず墨を吐いてきた。結構必死だったのかも。
イカもタコに負けず劣らず、面白い。

なんだかんだで大満足のダイビングだった。いつか他の季節にも潜ってみたいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/08/16

故郷の川、故郷の海

20160816_001_2実家に帰省して、3日目。
従姉の誘いで、「黒部川魚つかみ取り大会」に行くことにした。
この大会では、黒部川の支流を堰き止めて即席のプールのようにして、そこにイワナやヤマメ、アユ、ウナギなどを放流するらしい。それから、花火を合図に一斉に人々が川に入り、魚をつかみまくるのだ。参加が無料ということもあって、とても人気があるらしい。

20160816_002正直なところ、魚は(食べるのが)苦手なので、あまりモチベーションが上がらないんだけどな。とにかく食べるのは他の人に任せるとして、捕まえるのに集中しよう。
川は流れがないのですぐに濁って魚は見えなくなってしまった。つまり目で探すのは無理である。
それでも捕まえるのにはコツがある。川の中にどっかりと腰をおろして、脚を広げて座る。そうすると魚は狭い所に逃げようとするので、脚の隙間に潜り込もうとする。そこをすかさずつかむのだ。

20160816_003最初の2匹まではあっさり捕まったのだけど、それ以降はなかなかうまくいかない。脚の下にどうしても隙間が空いてしまい、下から逃げられてしまうのだ。
捕まえた魚(たぶんヤマメとウグイ?)は腰に付けたビニール袋の中に入れていたのだけど、気が付いたら1匹もいなくなっていた。夢中で捕まえているうちに、袋の中から逃げ出してしまったらしい。終りのほうでレアもののウナギも見つけたのだけど、手からするりと抜け落ちて、川に落っことしてしまった。
そんなわけで残念ながら収穫はゼロ。意図したわけではないのに、結果的にキャッチ&リリースになってしまった。

20160816_004午後からは海に泳ぎに行った。
今回の帰省もダイビングをするつもりだけど、普通に泳ぐのも悪くない。透明度は積丹には及ばないけれど、魚の豊富さは優っている。
でも、川の水が入り込むためか、海面近くはめちゃ冷たいのに、海中に潜ると温泉のように温かい。そうなると水面で休憩しているうちに身体が冷え切ってしまうので、あまり長時間はいられなかった。

明日も暑くなりそうだなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/08/07

樽前山(1,022m)登山

盆休みに地元で潜るために、ダイビング器材を実家に送ってしまったので、今週はダイビングはお休み。
その代わりに山に登ることにした。「山の日」はあいにく出勤日だし。

20160807_001向かった先は樽前山。早起きが出来なかったので、七合目の駐車場が満車になってしまい、五合目から歩く羽目になってしまうかと思ってたら、逆に遅すぎたようだ。すでに下山してきた人がいて、すんなりと七合目に駐車することが出来た。おお、らっきー。

登り始めたときは雲一つない晴天だったのに、半ばまで登った当たりでもくもくと雲がわき上がってきた。たちまち辺りは雲の中に入った状態になってしまい、全く眺めが望めなくなってしまった。うう、あんらっきー。

20160807_002樽前山は活火山で、溶岩の固まった岩と軽石ばかりの山だ。だから高山植物はあまり見当たらなくって、わずかにイワブクロやキキョウが咲いているぐらいしかなかった。

登山道は荒涼とした大地を濃い霧が覆い、まるでホラー映画の一場面のよう。山頂は激しい風が吹き荒れており、気をつけていないと身体ごと吹き飛ばれされそうだった。

20160807_003初めて登る山だったらがっかりだったかもしれないけど、たまにはこんなおどろおどろしい感じも、夏らしくて良いかもしれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »