« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015/06/21

ニセコアンヌプリ(1308.2m)登山

20150621_002岳人の朝は早い。
朝5時に起きて、テントをたたみ、6時半には登山口に。
静寂な朝、と言いたかったのだけど、どこかで火事でもあったのだろうか?こんなに早朝から、遠くでサイレンの音がずっと鳴り響いていた。

20150621_001登り始めてすぐに気付いたのは、その植生だ。この前登った定山渓の山とは全然違った。登山口からすでに標高が700m以上あるのだから、当然かもしれない。ニセコ独特の地形のせいもあるだろうけれど、これぞ高山植物という感じの花があちらこちらに咲いていた。
おかげで写真を撮るのに忙しくて、なかなか先に進めない。
後で図鑑を見て名前が確認できたものだけでも、かなりの数に上った。

20150621_005名前を挙げると以下の通り。
ノウゴウイチゴ、ツバメオモト、タチツボスミレ、マイヅルソウ、アカモノ、ハイオトギリ、ゴゼンタチバナ、ウコンウツギ、ハクサンチドリ、コケモモ、イソツツジ、ツマトリソウ、チシマフウロ、ミヤマキンバイ、シラネアオイ。

20150621_003標準コース時間の倍の3時間もかかって、頂上に到着。これだけのんびり登っても、まだ9時半。やっぱり登山には早起きが重要だな。
天気はピーカンで、眺めも最高に良かった。羊蹄山は麓から頂上までばっちり見えるし、日本海はもちろん、遠くには駒ヶ岳が雲の上に浮かぶ島のように見えていた。

20150621_004登り始めた頃は上着がないと肌寒いぐらいだったけど、降りる頃になってようやく暑くなってきた。
降りてすぐ五色沼温泉に直行。露天風呂は少し熱すぎるぐらいだったけど、肌がぴりぴりする感覚とむせるような硫黄の匂いが、いかにも火山地帯の温泉地という感じだった。

前泊登山、なかなかいいかも。このスタイルでまた登ってみようかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015/06/20

星空の下、ひとり肉を焼く

ここんとこ、連日残業続きですっかり疲れ果てていたが、ようやく週末まで生き延びた。
本当なら家でゆっくりと休息したいところだが、季節は夏。この短い季節には、そんな甘えは許されない。

てなわけで、先週末に引き続き、今週末もニセコへ。
その前に、自転車の修理とか買い出しとか、もろもろの雑用を片付けていたら、出発は夕方になっていた。まあ、今日は前泊するだけだから、のんびりと行こうか。

昨年は何回もキャンプしたのだけど、ひとつ不満なことがあった。
ひとりで寂しくキャンプしていると、周りからBBQのいい匂いが流れてきて、あー、俺も焼き肉食べてぇーーー!!となることだ。
最近じゃ「おひとりさま」需要を見込んで、一人用BBQコンロも登場しているようだけど、なんか無理矢理小さくまとめたようで使い勝手が悪そうに見えるので、結局買ってなかった。

20150620_001それならば、いっそ七厘はどうだろう?
確かに重いし、かさばるし、なかなか熱が冷めにくくて、扱いが難しい。でも、BBQコンロがいかにも大人数でワイワイやるのにぴったりなのに対して、七厘はあくまで慎ましく、ワビサビを感じられる。これこそ、独り焼き肉にふさわしい道具では?
そこで、行きがけにホームセンターで七厘を買った。

20150620_002ニセコ野営地に着いた頃には、すっかり夜が更けてしまっていた。
星空がびっくりするぐらい綺麗だ。
あ!流れ星!願い事、願い事・・・

七厘を使うのは初めてだったけど、一度火が付いたら、後は放っておいてもぜんぜん消えなかった。保温性は格段に良さそうだ。

満天の星空の下。肉と油の焼ける香ばしい匂い。ちびちびと飲む缶ビール。
・・いかん、泣けてきた。いや、これは煙が目に浸みただけさ、きっと。

これで俺も、めでたく独り焼き肉デビュー!
でも、まだ一人で焼き肉屋には入りづらい・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »