« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014/08/31

カメラも海水浴

8月の最終日。
それは積丹でのウニ漁が終わる日であり、飲食店でのウニ丼の提供が終わる日でもある。

まだ夏であることを主張するかのように、入道雲がもくもく沸き起こり、セミがひたすらミンミン、ジージー鳴き続けていた。
しかしそれも日中の間だけ。夕方になると涼しくなることはわかっている。

20140831_001その前にとりあえず、ひと泳ぎしておこうと、美国に着くなり海へGO!wave
透明度は良いけど、水が冷てぇ。湾内はともかく、防波堤の外に出ると明らかに水温が下がる。泳いで疲れる前に寒さでギブアップ。ここでは30分が限度みたいだ。penguin

海から上がって休憩することにした。
デジカメの水中用ハウジングを洗っていたら、
あれ?中に水が・・
ぎゃああああああああああ!!!shock

20140831_002まさかの水没。スキューバダイビングならともかく、シュノーケリングで水没するなんて、完全に予想外だよ。
後でハウジングをよく確認したら、パッキンのOリングが伸びてしまって、ぴっちりと閉まらなくなっていたみたいだ。せめて海に入る前に気付いていれば。一刻も早く泳ごうとして、事前確認がおろそかになっていたようだ。深く反省。weep
カメラは真水で洗ってそのまま乾かしておくことにしたが、一度海水に浸かってしまったら、ほぼ絶望的だ。スノーシューで湖に落ちたときは奇跡的に復活したけれど、あれは淡水だったことが大きいだろう。

20140831_003そんなわけで翌日はカメラなしのダイブになった。
写真が撮れないとなると、少々手持ち無沙汰で、魚の真ん前でぷかぷか浮かんでは、魚とのにらめっこをしていた。
アジの幼魚の群れとか、ギスカジカとか、スナモグリとか、被写体はたくさんいたので残念無念。

デジカメとハウジング、直るかなぁ。(メモリカードは辛うじて無事だった)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/08/29

秋来たりなば冬遠からじ

20140829_001

朝晩がめっきり肌寒くなって、認めたくないけど、季節はすでに秋。maple

ベランダの朝顔は、これでもかと言いたいぐらいに咲き誇っているけれど、いつまでその勢いが続くやら。

去年の秋はずっと函館出張に行っていたから、いつの間にやら、冬になってしまった。今年はじっくりと秋を味わい尽くさなくては。積極的に行動しないと、あっという間に冬になってしまう。

「紅葉に色づく森を眺めつつ、カヤックで川下り」なんか、優雅で良さそうだけど、実際にやるとなると準備が大変そう。まずは下見がてら、どこかの河を下ってこようかな。

実りの秋を堪能するなら、道東に出かけるのが一番だろうけど、まとまった休みが取れないと厳しいかも。
エゾシカの群れとか見に行きたいな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014/08/24

アートな一日

今週は残業続きだったので、ちょっと疲れ気味。
おまけに天気も悪い。

20140824_001なので、今週末はのんびり過ごそうと思った。
しかし、俺のアパートの改装は続行中で、五月蠅くて部屋にもいられない。

そんなわけで、まだ見に行けていなかった「札幌国際芸術祭」を見に行くことにした。メイン会場は、道立近代美術館と芸術の森美術館だけど、今日は近代美術館に行こう。

20140824_002美術館に着いたら、チケット売り場の前に長い列が出来ていた。
おお、人気あるんだなーと、よく見たら、同時開催の「徳川美術館展」の売り場だった(笑)。
「札幌国際芸術祭」の方は列なし。ディレクターの坂本龍一が病気療養のため来道出来なくなったあたりから、企画倒れ感がハンパなかったんだけど、大丈夫なのか、これ。

とりあえず、見てきた。
ひとつひとつの展示物は素晴らしいんだけど、展示品数が少ない。あっという間に見終わってしまった。これで1,100円は高すぎる。

20140824_003美術館の近くの喫茶店で、昼食を取った。
「徳川美術館展」とのコラボなのか、期間限定メニューの小倉トーストとコーヒーの「殿様ブレンド」(なんじゃそら)
水曜どうでしょうの影響で、道民にもおなじみの小倉トーストだけど、実際に食べるのはずいぶん久しぶりかもしれない。

消化不良気味だったので、美術館に戻って「徳川美術館展」も見ることにした。こちらの料金は1,300円もしたけど、展示品は膨大にあって十分元を取れた気がする。

のんびり過ごすはずだったのに、なんだかんだで、2つの展示を見て、くたくたになってしまった。今日は早めに休むことにしようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/08/17

夏も終わりが近い

帰省先から一週間ぶりに北海道へ帰ってきた。
フェリーのタラップから降り立ったとたんに感じる肌寒さに、夏ももう終わりに近いな、と実感した。

土日はまた積丹へキャンプに行ってきた。
一日目は午後に到着して、BBQをしながら、だらだら食べて、だらだら飲んで、一日が終了。

20140817_001
二日目は、朝日が昇ると同時にギャアギャア鳴き散らすカラスに起こされる。テントのそばで鳴いているらしくて、五月蠅くて二度寝できそうもない。
しょうがない。ファルトボート(カヤック)を浜辺で組み立てて、早朝の水上散歩を楽しむことにした。前回ほど透明度は良くなかったけれど、ひんやりした空気の中、カヤックをのんびり漕ぐのは気持ちが良い。

20140817_002
朝食を食べたら、次はスキューバ・ダイビングだ。
水温はずいぶん高くなってきたが、この時期、意外に魚は多くない。雨の影響か、透明度も今ひとつだったので、写真を撮るのももっぱらマクロ狙いになる。でも、油断して手元ばかり見ていると、すぐに人影を見失って迷子になりそうなので、どうも集中できなかった。

20140817_003
昼食はウニ丼。ウニの値段が高騰しているそうで、いつもより値上がりしていたけれど、ウニ漁は今月いっぱいで終わってしまうから、食べられる機会は逃しちゃならないな。今シーズン最後になるかもしれないので、じっくりと味わって食べた。

来月になったら、もう少し魚も増えるかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/08/03

海上から海中から

季節はもう8月、夏本番!・・・というか、北海道的にはラストスパートという方が当たっているかもしれない。

P8030013今日も真夏日で、じわじわと気温が上がりつつある札幌を逃げ出すように海へ向かった。sun
いつも通り、スキューバ・ダイビングをしに積丹に行ったのだけど、いつもと違うのは、フォールディングカヤックの海デビューを兼ねているということ。波にはあまり強くないので、無理は禁物だけど、幸いこの週末は海は穏やかそうだ。

P8030024到着してまずは一泳ぎ。近場を素潜りで泳いだ。
透明度はかなり良い。水温も思ったほど冷たくない。
なぜか魚はあまり見られなかったが、開放感たっぷりで、すごく気持ちが良い。happy02

P8030031翌日は早朝からカヤックで茶津の湾内を一回りした。
波は穏やかで、水の色は本当に透き通っていて、まるでラムネの瓶か水飴のよう。思わず見とれてしまうほどの美しさだった。shine

朝食を食べた後、ダイビングに出発しようとして問題発生。
なんと機材を丸ごと家に忘れてきたのだ。素潜りで使うマスクとフィンだけ、別のバッグに入れていたのだけど、肝心のBCDやレギュレータ、ドライスーツを入れたバッグの方を忘れてしまった。カヤックの海デビューで頭がいっぱいになっていて、基本的な確認を怠ったせいだ。down
結局、足らない機材とウェットスーツはレンタルで済ますことにした。

P8030039午後になり、帰る前にもう一度、カヤックで出航。
今回は思い切って湾の外に出て、通称ゴメ島まで漕いでいった。
いつもダイビングで潜っている場所を海上から眺めるのは、新鮮な体験だ。距離的には宝島まで行くことも出来そうだが、よほど波が静かな時を狙わないと危ないかもしれない。

海上と海中でめいっぱい海を堪能した週末だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »