« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014/07/21

びーちでキャンプ

「海の日」はやっぱり海で過ごさねば!というわけで、海辺のキャンプの集まりに参加した。場所は石狩浜の「あそびーち」だ。
三連休でしかも絶好の行楽日和だったこともあり、砂浜を埋め尽くすのはテントと人・人・人。想像以上の混雑ぶりだ。

20140721_001最近では、ホテルに泊まるよりもテントで泊まるほうが多くなっている俺だが、山や森などのあまり人が多くない場所がほとんどだ。いわゆる普通の海水浴場でキャンプするのは、ずいぶん久しぶりかもしれない。

今回は子供も含めて10名あまりの集まりだったのだけど、なんとこの俺が最年長だそうで、ちょっとショック。
水遊びではしゃぐ年齢でないことは百も承知の上だが、かと言って、浜辺でごろごろ寝そべって身体を焼いてばかりいられるほど、歳も食っていない。がっつり泳ぐために、水中眼鏡・足ひれ・海パンは標準装備である。周りがどん引きしようが、お構いなしだ。

20140721_002しかし、遊泳区域が狭い。狭すぎる。遠浅の海岸は、区域の限界まで行っても、足が届くぐらいの深さ。マジ泳ぎするには物足りない。
それでも透明度は意外なぐらい良くて、水底まではっきり見える。魚の種類は少ないが、ときどき20cmほどもあるウグイの群れが横切り、手のひら大のカニが砂地を疾走する。指先ぐらいのクラゲの赤ちゃんがふわふわ漂っている。
一面の砂浜なので場所を変えても水中の景色はほとんど変わらない。でも、水面が夏の日差しに照らされて、砂地に不思議な模様を作り、それが海底をするすると走って行く様は、なんとも綺麗でのんびりした景色だった。

日焼け止めをしっかり塗っていなかったせいか、なぜか足の後ろ側だけが異常に日焼けしてしまった。しばらくは入浴がきついぞぉ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/07/13

大海に漕ぎ出す前に

カヤックの講習を受けに支笏湖に行った。
フォールディングカヤックを買ったときに、この講習の受講券を貰っていたので、受講料は無料だ。シーカヤックやラフティングなら経験はあるし、基本的な知識はあるつもりだったが、無料なら受けておかないとな。

講習の参加者は俺を含めて三名。俺以外は60代のシルバーエイジ世代。どこに行っても元気なのは老人ばかりだな。
3人とも初心者だったけど、そのうち1人は、練習のためすでに15回も湖に通っていると言い、もう1人はカナディアンカヌーを手作りしたことがあると言う。どちらも筋金入りなんですケドshock

午前中は装備や安全についての座学。近年、アウトドアスポーツでの事故が頻発していることもあって、特に安全についてはじっくり時間をかけているようだ。自然の中で活動する以上、危険は付きものな訳だけど、リスクを取らなければ感動もまた得られないのが現実だ。

20140713_001午後からは実技を学んだ。パドルの扱い方や艇の乗り降りの仕方など。
最後は「沈」つまり転覆した状態からの復帰方法についてだった。
まずはひっくり返ってみてください
「えっ?」
着替えは持ってきていたけれど、全身ずぶ濡れになることは想定していなかった。俺がためらっていると、他の2人は躊躇なく水の中に消えた。うぅ、一番若い俺が尻込みしてる場合じゃないな。
意を決して、身体を思い切り傾けると、ぐるりと回転し湖に投げ出された。
うおぉ、冷てぇぇcrying(水温は15℃ほどだった)
足が届くぐらいの深さとは言え、身体が水中にあり、頭上をカヤックが覆っている光景は、ぞっとする。慌てて、カヤックの下から這い出すように水面に出た。

後はカヤックをひっくり返して、再び乗り込み、艇内に貯まった水を掻き出せば終了。でも、もし転覆したのが河だったら、どんどん流されていくわけだし、怖いだろうな。パニックにならないようにしないと。

講習はこれにて終了。
早く川や海に漕ぎ出したいけど、慣れるまでは湖で練習した方が良いのかなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/07/06

夕日岳(594m) 登山

先週は湖に行ったので、今週は山に登ろう。fuji
足慣らしも済んだので、そろそろレベルアップして、もう少し高い山に挑戦する頃合いだ。
そう思って準備していたのだけど、朝、空を確認すると残念ながら曇り空。
うーん、せっかく高い山に挑むなら、もっとコンディションが良いときに登りたいな。しょうがない、今回はトレーニングと割り切って、お手軽な山にしておこうか。

20140706_001そんなわけで行き先を変更して、やってきたのは定山渓の夕日岳。
前回の八剣山に比べると、眺めは良くないが、植生はやや豊か、といったところか。ほとんど森の中を歩くため、今日みたいな曇りの日向けだろう。

夕日岳の登山道は、ジグザグと余計に歩くぶん、傾斜は比較的緩やかだ。割とあっさりと頂上に着いてしまった。
頂上は周りが樹木で囲まれていて、眺望は良くない。途中の見晴台の方がよっぽど眺めが良いぐらいだ。

20140706_002早々に立ち去ろうとしたら、雨が降り出してきた。
今日は降らないだろうと思って、雨具は車に置いてきてしまった。降水確率は0%だったのに、本当に天気予報は当てにならないな。
幸い、頭上は木々の枝で覆われていて、雨粒は落ちてこない。眺めが悪いことに逆に助けられた形になった。
しばらく止みそうになかったので、雨宿りも兼ねて昼食を取ることにした。

20140706_003帰り道のこと。
近くの木の枝にカラスが飛んできて、ギャアギャアけたたましく鳴き出した。さらにはもう一羽飛んできて、ギャアギャアギャア。どうやら、この二羽はつがいらしい。
困ったことには、俺の歩く後にずっと付いてきて、鳴き続ける。明らかに俺の方を向いて鳴いているから、威嚇しているんだろう。近くにカラスの巣があり、それに近づけまいとしているようだ。

20140706_004人間が下手にカラスの巣に近づくと、襲われることもあるそうだ。そうなると、隙を見せるわけにはいかない。背中を見せずにしっかと睨みつつ対峙してみたのだけど。
なんと、カラスたちは二羽寄り添って、お互いに毛繕いをしたり、くちばしをつつき合って、じゃれ合い始めた。

くそっ、見せつけやがって。リア充は爆発しろ。 (←カラスに言うなよ)

大声を出して追い払おうかと思ったが、そもそも侵入者はこちらの方だし、何よりも大人げがない。すごすごと退散することにした。なんだ、この敗北感は。crying

これで足慣らし用の山である、八剣山、朝日岳、夕日岳は全部制覇してしまった。足慣らしだけでシーズンが終わってしまわないようにしなくちゃ。

Chizroid_map_20140706

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »