« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014/02/23

マオイの決死圏

20140223_001「さっぽろ雪祭り」と「小樽雪あかりの路」が終わり、俺的には冬ももう終わってしまった気分。
まだ雪はたくさん残っているけど、来週からはかなり暖かくなりそうなので、一気に雪解けも進むことだろう。すなわち、北海道らしい雪質を楽しむことが出来るのも今週末がラストチャンスということだ。

20140223_002昨晩は雪ボラの打ち上げで、たらふく飲み食いしたので、遅い時間にのろのろと起きた。それから駐車場の雪かきを始めたので、出発がだいぶ遅れてしまった。すでに雪かきで疲れてしまっていたけれど、気持ちを奮い起こして、マオイの丘に行ってきた。

登山開始時刻は正午頃。今の時間からでは、遊歩道の最終地点である静台を往復するのはややきついだろう。そこで、静台はあきらめて第一ピークと第二ピークだけを回るコースに変更した。

20140223_003事件は帰り道に起こった。
帰り道につい魔が差して、遊歩道を外れて独自のコースを取ろうと思ったのだが、変な道に迷い込んでしまったのだ。
ここは自衛隊の駐屯所が近くにある関係で、立ち入り禁止になっている場所が多い。遊歩道に戻ろうとしても鉄条網付きのフェンスに行く手を遮られ、なかなか思うように進めないのだ。結局、フェンス沿いにずっと谷間の道を歩く羽目になってしまった。

不意に視界が開けて雪原が広がっている場所に来た。しかし、何か変だ。雪原の向こうがばっさりと切り取られたように途切れているのだ。近寄って確かめてみると、端が直角に落ち込んで半ば氷結した滝になっていた。

ん?滝だって?・・・ひょっとしてこの場所って・・・
そう思ったときは遅かった。
足下が突然陥没した。
そう。ここは砂防ダムの一部であり、俺の歩いてきた道はダム湖の凍結した氷の上だったのだ。shock

一気に胸元まで落ち込んだ。下はもちろん水だ。しかも足が届かないぐらい深い。
やべ。死ぬんじゃない、これ?

スキーウェアとリュックがある程度の浮力を持っているので、そのままずぶずぶと沈むことはなかったが、よじ登れるほど氷は厚くない。
しかし、目の前には砂防ダムのコンクリート壁があった。死にものぐるいで泳いで、無我夢中で這い上がった。
何とか溺死は免れたものの、全身ずぶ濡れである。wobbly

しかも、まだ危機は去っていなかった。
ここから行き場がないのである。
前は氷の滝、後ろは氷の湖。両側は雪の壁でよじ登れそうにない。
図解するとこんな感じ。

雪滝雪
壁俺壁
氷穴氷

滝の高さは3mほど。下はコンクリートなので、落ちればただでは済まない。しかし、滝の両側は新雪がこんもり積もっている。あそこなら大丈夫か?

ゆっくり考えている余裕はない。スキーウェアのおかげで完全には浸水してはいないみたいだが、このまま放っておいたら、凍え死んでしまう。
覚悟を決めて雪の上に飛び降りた。
ばふっ。柔らかい感触。
身体が半分以上埋まったが、怪我はない。
やった!shine

その後は気力だけで先に進んだ。
幸いにも、俺が落ちた場所は元の遊歩道から100mも離れていなかった。方向としては間違っていなかったのだ。ほどなく駐車場まで帰り着いた。

ふぃー。
本気で死ぬかと思ったぜ・・・sweat02

長沼温泉で冷え切った身体を温めて帰宅した。
なんで俺はこんな札幌の近郊で命がけの冒険しているんだよ。
命は大切にしないとね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014/02/10

灯りをつけましょ、キャンドルに

有給休暇を取って4連休にした。
さっぽろ雪祭りは、先週中にほとんど観てしまったので、休日はステージでのイベントやショー関係を観るだけにしようと思っていた。で、今日は平日だし、そんなに混雑しないだろうと踏んでいたのだけど。
雪祭りのタイムスケジュールを(今更ながら)見たら、今日はイベントがほとんど入っていないじゃないか。
しまった。イベントも平日ダイヤだったか。せっかく休みを取ったのに。

そうだ、それなら予定を変更して、小樽の「雪あかりの路」に行くことにするか。まあ、行くと言ってもボランティアとしてだけどな。
雪あかりの路ボランティア(雪ボラと区別するために「あかボラ」とでも略しておくか)は、去年から始めたのだけど、なかなか面白かったので、継続することにしたのだ。

20140210_001午後4時頃に小樽に到着。
スノーキャンドルに点火するのは4時半頃なので、しばらく時間がある。そこで、それまでに時間は雪道の滑り止めの作業をすることにした。
スコップで雪道に傷を付けて凸凹を作ることで、転倒を防止するわけだ。なんとも日本人らしい、細やかな心遣い。よし、日本人流の「お・も・て・な・し」を見せてやろうじゃないか
ざくざく。ザクザク。ざくざく。
・・・地味だな、これweep

20140210_002キャンドルの点灯が始まると会場は一気にロマンチックな雰囲気に包まれる。俺たち、ボランティアは会場を巡回して、消えてしまったロウソクの再点火をする、メインテナンス技術者に変身する。

キャンドルの設置場所に対して、ロウソクの数が足りないことに気がついた。なんでも、予算の関係上で必要なだけのロウソクが用意できていないんだそうだ。
トホホ、祭りの予算不足で苦しんでいるのはどこも同じだな。down

20140210_003この穏やかでロマンティックで美しい空間を作り出すのも、地味な努力とわずかな予算に支えられているんだな。なんか自分がちょっとだけ大人になったような気がする。(すでにおっさんだけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/09

極寒ダイブ

去年の秋にドライスーツを新調して「これで冬のダイブも平気だな」と言っていたのだけど、やっぱり寒いものは寒いし、なかなか勇気が出ない。そうこうしているうちに1月になって雪像作りが始まると、時間の余裕もなくなって、気がつけば2月。
これじゃいかん!と、あえて雪祭りの真っ只中、一年で一番寒い時期に潜りに行ってきた。

潜水ポイントはマッカ岬。雪こそ降っていないものの、寒々しい風景の中、いざ潜水開始。入った瞬間に肌にビリビリ痺れが来る感覚。予想以上に冷たい。(水温3~5℃ぐらい)
潜ってすぐにホテイウオに遭遇。腹の吸盤で岩にびったりと貼り付いて、じっとしている。寒くて縮こまっているようにも見えるが、もともとホテイウオは泳ぎが得意じゃないらしい。

ホテイウオ
20140209_002

シマソイ
20140209_002

他にいたのは、シマソイやリュウグウハゼぐらいで、トドやアツモリウオなどのレア物はなし。(オニカジカは卵だけ見つけた)
透明度はとても高いけど、その分、冷たい。腹と背中、そして足の裏にも携帯カイロを仕込んでいたんだけど、時間が経つと身体が冷え切ってくる。30分を超えたあたりから手の感覚がおかしくなってきた。潜る前はあんまり潜水時間が短いのはやだな、と思っていたのに、今はもう浮上したくてしょうがない。
ボートに揚がってグローブの中にお湯を入れて貰って、ようやく生き返った。

オニカジカの卵
20140209_003

ヒトデに捕食されちゃったホテイウオ
20140209_004

港に帰る途中に、近くの岩礁近くに船を寄せて貰った。
お、アザラシだぁ!!
二頭が岩の上で休んでいた。
可愛い。圧倒的に反則的に可愛い。

ゴマフアザラシ
20140209_005

たまには冬もいいな、とは思ったけれど、またすぐ潜るだけの覚悟は出てこないだろうな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/02/07

氷像には酒とネオンが似合う

雪祭り3日目。
今夜はまず大通会場の2丁目へ。
前回はここでのプロジェクションマッピングのショーを見逃していたので、もう一度見に来たのだ。

20140208_001元となる雪像は今年リニューアルされる札幌競馬場だ。carouselpony
ここのショーは8丁目のものほど派手さはないが、雪像の凹凸を上手く使った映像になっていて、よりプロジェクションマッピングらしい映像と言える。

プロジェクションマッピングも、今年はここを含めて3カ所に増えた。比較的新しい技術なので、この先数年はこのブームも続くだろうけど、毎年同じような展示ばかりではつまらないので、そろそろ雪像ならではの、新しい趣向を観てみたいところだ。

20140208_002最後にすすきの会場の氷像を見に行った。
ここの氷像も技術力はとても高いのだけど、毎年氷像のテーマがほとんど同じなので、たまには斬新なものが観てみたい。
今年は雪祭り期間に入ってから、ずっと寒い日が続いているおかげで、氷像たちも綺麗に形を残していた。気温の影響を受けやすい、すすきの会場としては当たり年かもしれない。shine

20140208_003これで大通会場とすすきの会場はほぼ制覇したことになる。
つどーむ会場がまだ残っているけど、あそこは滑り台中心の親子向け会場なので、今年も見送りかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/02/06

雪のちハレルヤ

20140206_001雪祭り2日目。
昨夜とは違って雪は降っていない。月もはっきり見えている。その分冷え込んでいるようだけど、見物にはもってこいの夜だ。night
今夜は昨日とは逆方向に西4丁目から西1丁目へ向かって歩く。昨日の半分ぐらいの行程なので、ゆっくり見て回れそうだ。

20140206_002実はこちらのゾーンは、雪像がメインではない。
2丁目と4丁目のメインは氷像だし、3丁目はスキーやスノーボードのためのジャンプ台。1丁目はスケートリンクになっている。
どちらかと言えば、体験やショーが見所のゾーンなのだ。

俺が訪れたときも、4丁目ではJ-POPのミニ・ライブ、2丁目ではゴスペルのミニ・コンサートを演っていた。しばらくゴスペルの方を観覧していたが、こういう雪の夜にゴスペルというのも、味わい深くていいものだ。notes

20140206_003その後は昨日、雪が激しくてちゃんと観られなかったところを、ダイジェスト的に駆け足で見て回った。11丁目の国際雪像コンクールだけは、まだ作りかけのモノがあったので、全部は制覇できなかったけど、後はだいたい観られたように思う。

残るはすすきの会場だな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014/02/05

雪祭り開幕

20140205_001待ちに待ったソチ・オリンピックさっぽろ雪祭りが開幕した。snow
早速、会社帰りに大通会場に寄ってきた。

それにしても今日の札幌は寒かった。最低気温はなんと-13℃だったらしい。penguin
街の中心部である大通公園でも、今夜の外気温は-8℃。札幌在住の俺でも堪える寒さだから、道外や海外の観光客たちはさぞ大変だっただろう。

20140205_002去年に見逃してしまったプロジェクションマッピングだけど、今年は8丁目会場で演っていた。8丁目会場はインドにある「イティマド・ウッダウラ霊廟」の雪像だった。
ここで観られるのは、一般的なマッピングの手法とは少し異なり、建造物の形状に映像をぴったり合わせるというよりも、雪像をスクリーン代わりにしているシーンが多い。それでも、曼荼羅や蓮の花、鳳凰など、オリエンタルで色彩豊かな映像があふれていて、特にクライマックスの建物が金色に輝く演出なんかは、本当に鳥肌モノ。ため息が漏れるぐらいに美しかった。shine

20140205_003今夜は大通会場の半分ぐらいを観るつもりで、5丁目からスタートして12丁目を目指したが、10丁目まで達したあたりで寒さに耐えきれなくなった。完全装備ならともかく、何しろ会社帰りなものだから、コートの下はスーツ姿。長時間、外を歩き回れる格好じゃない。
たまらず吉野家に駆け込んで、熱いお茶を一杯。牛丼とけんちん汁を平らげた後に、さらに熱いお茶をもう一杯。それでなんとか生き返った。

夜が更けるにつれて、寒さだけじゃなく、雪の降り方も次第に激しくなってきた。
身体がすぐに雪まみれになってしまう。
雪像を見に来たはずなのに、自分自身が雪像になりかけてしまっている

今夜はこのへんでリタイヤ。残りは明日かな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

漫画は爆弾に含まれますか?

午後3時ぐらいだったと思う。
「ただいま一階で不審物が発見されました
仕事中のビル内でアナウンスが流れた。
ん?不審物?

「安全のため、速やかに建物の外に避難してください
え?マジ?
なんだよ、不審物って。いまの札幌で「不審物」って言ったら、当然「少女漫画」だよな。何しろ持っているだけで通報されるぐらいだから。漫画が詰まった紙袋でも見つかったのか?

とにかく俺たちは階段を使って地下に降り、駅前通の地下歩行空間に避難した。ビルからはぞろぞろと人が出てくるが、中の状況はさっぱりわからない。
ビルへ入る通路は封鎖されたみたいだが、歩行空間はまったくいつも通りで、多くの人々が行き交っていく。ビルから掃き出された人々が行き場のないまま、大勢たむろしているものだから、何の事情も知らない人が「何かイベントでもやっているんですか?」と尋ねている。

地下歩行空間のすぐそばに防災センターがあるのだけど、そこのアナウンスは全く要領を得ていない。
「ただいま地下歩行空間は大変混雑しております。気をつけてお通りください」
いやいや、待てよ。気をつけるのは「混雑」じゃなくて「不審物」だろ。どうしてまったく説明してくれないんだ?パニックを避けるため?
本当に危ないモノだったら、通行人を巻き込み放題なんだけど。防災センターが聞いて呆れる。

そのまま2時間経過。
何か情報はないかと入り口付近で粘っていたら、警備員なのか警官なのかわからないが、小さな拡声器でボソボソと何か言っている。
「ただいま爆弾処理班が作業をしていますので、もうしばらくお待ちください」
なんだって?あまりにも聞き慣れない言葉に頭がくらくらしてきた。
「ちょっと手こずっているようなので、時間がかかるかもしれません」
なあ、本当にここにいて大丈夫なんだろうな?
つーか、ほとんどの人は聞こえてないぞ、これ。

幸いにも最悪の事態には至らなかった。
ほどなく封鎖は解除され、俺たちはビル内に戻れたのだ。
しかし、結局、不審物がどういう見かけのモノで中身がなんだったのか。それはわからずじまいだった。

・・少女漫画だったってことはないだろうけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »