« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »

2013/06/30

ウニを食べたらウミへ行こう

6月の最終日。積丹に行ってきた。

朝の7時に札幌を出発。
こんなに早い時間なのには訳がある。今日の午前中は、美国の「積丹ソーラン味覚祭り」を見物する予定だからだ。
案の定、余市を過ぎたあたりで道が渋滞し始めた。9時から開始だというのに、みんな気が早すぎるだろ。こんなに人気のある祭りだなんて知らなかったよ。

会場に着いてみたら、すでにもう多くの人で賑わっていた。いつもは観光船の駐車場になっているところで、そんなに広いスペースではない。規模的には町内会のお祭りをちょっとだけ大きくした感じだろうか。この祭り目当てに、遠くの街からも人を呼び寄せる魅力はいったい何なのか、探らなくては。

えらく派手な服装をした売り子がいるなと思ったら、北大のよさこいチーム「縁」の踊り子さんたちだった。なんでも、演舞をするのは今日の昼からなのだけど、昨日のうちから来て自主的に会場の設営などを手伝っているのだそうだ。えらい、えらい。confident
よさこいの演舞は他にも「平岸天神」が踊るそうだ。なんと今年の準大賞チームの両方、つまりトップ2と3がそろうわけだ。なんて豪華な顔ぶれなんだ。やっぱりこの祭りはただの祭りじゃないな。

20130630_001この祭りの目玉の一つであると思われる、浜鍋の長い長い列に並ぶ。海産物がたっぷり入って400円。エビのだしがきいていて、うまかった!shine

さて、もう一つの目玉である、殻付きウニはというと・・・。
あら?これは小さい。普段俺たちが海中で見ているウニのふた回りは小さい。
なんでこんな出し惜しみをするんだろう。宣伝だと割り切って、大盤振る舞いして欲しいのに。weep

20130630_002俺たちもウニ目当てで来たのに、理想と現実の格差にちょっと食指が動かない。
それならば、と近くの食事処へ移動して、ウニ丼を食べることにした。
出てきたのは、どかーんと山盛りのウニ丼!これだよ、これ。こうじゃなくっちゃ。lovely

たらふく食べて一息つく閑もなく、午後からはダイビングを開始。
うう、腹が苦しい。
気をつけないと、とっても高価な撒き餌をしてしまう羽目になるshock

20130630_003すでに今日の目的のほとんどを達成してしまったせいもあって、なんとなく、まった-りとダイビング終了。
特筆するような生き物が見られなくても、まあいいかという気分になる。ウニ丼は偉大だ。

お土産に買ったウニごはんも美味しかったし、満足、満足。note


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/06/23

夕日岳(594m)登山

北海道で一番いい季節だと個人的には思っている6月も、気がつけば下旬に差し掛かっている。
せっかくのいい季節も、風邪を引いたりしていたので、このままだとほとんどお出かけしないまま、終わってしまいそうだ。

去年はスキューバ・ダイビングに力を注いだので、今年は登山を頑張ろうかなと思っている。
そこでまずは、腕試しというか、足慣らしというか、とにかく、定山渓の夕日岳に登ってきた。fuji

20130623_001定山渓には、温泉街を挟んで向かい合うように、朝日岳と夕日岳という山がある。どちらも600m弱の手頃な山だ。標高は藻岩山よりも高いが、定山渓からスタートするので実質的な標高差はたぶんこちらの方が小さい。登山と言うよりはハイキングの方が近いかも。

登山道は森の中をずっと歩いて行く感じで、途中にある見晴台を除けば、ほとんど眺望が開けることがない。爽やかさという点では今ひとつだけど、常に日陰を歩けるので今日みたいな暑い日にはちょうどいいかもしれない。
すんなりと見晴台に到着し、さらに頂上へ。久しぶりの登山なので、気合いを入れて登ってきたのに、拍子抜けするぐらいスムーズ。
20130623_002いつもだったら、草花の写真を撮ったり、野鳥の観察をしたりで、もたもたと時間をかけて登ることが多いのに、今回はめぼしいターゲットがいなかったせいもある。帰りの途中、エゾリスに遭遇したぐらいか。

珍しくコースタイムぴったりの時間で、下山できたので、そのまま温泉に直行した。spa
だいぶ鈍っているかと思っていたけど、もうちょいレベルを上げても良さそうだな。次はどこに登ろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年7月 »