« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

2013/04/28

黄金週間始まる

GWが始まったけれども、前半(3連休)と後半(4連休)に分かれてしまっているので、今ひとつ有り難みがない。
長期で休みが取れるなら、今年も東北へ遠征しに行こうと思っていたのだけど、4連休ではちょっと日程的につらい。フェリーだと移動で丸一日使っちゃうから、中2日ではボランティアするにしても観光するにしても、消化不良に終わりそうだ。down

近場の旅行で済ませようかとも考えたが、北海道はまだまだ寒いんだよな。道南ぐらいまで足を運べば春らしい感じになるけど、多くの場所はまだ花もほとんど咲いていない。寒々とした景色ばかりが想像されて、いまいち旅に出かけるテンションが上がらない。
そうこう考えているうちに、結局予定が決まらないまま、GWに突入してしまった。

しかも初日から、雨。。。rain

仕方ないので、秀岳荘のバーゲンセールに行ってきた。
GWのバーゲンセールは毎年恒例になっていて、全品10%OFFになる。

この時期、道民の多くを占めるアウトドア大好きな人たちは、冬眠から覚めた熊のようにそわそわしているので、もれなくこのバーゲンセールに殺到する。
案の定、駐車場は満杯で、1時間近く待たされることになった。sad

今回買いたかったのは、寝袋とエアマットだ。
どちらも持ってはいるのだけど、買ってからもうそろそろ20年ぐらい経つので、そろそろ新調したくなったのだ。
特に特にマミー型の寝袋は、とてもコンパクトなやつだが、本州で言うところの3シーズン用。すなわち、北海道だと夏しか使えないと思っていい。coldsweats01
今だったら素材とかも昔より格段に改良されているだろうし、同じサイズでもっと暖かいものが手に入りそうな気がしたのだ。

実際の使用感は使ってみないとわからないだろうけど、これからの季節に期待。
できれば、車の旅ではなく、コンパクトさが生きる自転車や徒歩の旅で使ってみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/07

光の国から僕らのために

自宅の通信回線を、ADSLから「フレッツ光」にアップグレードした。shine

これまでずっと、ADSLの一番遅い8Mコースを使っていたのだけど、俺の場合、動画サイトなどをあまり見ないので、そんなに不便を感じていなかった。
実際、普通のサイトをちょろっと眺める分にはADSLだろうと光だろうと、大差はないような気がする。

それでも今回あえて光に変えたのは、いくつかの理由がある。

1つめは、去年パソコンを買い換えたこと。今までのパソコンだと性能が今ひとつで、通信回線だけ早くしてもパソコンがボトルネックになってしまう可能性が高かった。パソコンの性能が上がったことでその心配がなくなった。

2つめは、NTT東日本が「フレッツ光」を大幅に値下げしたこと。この背景にはスマートフォンが爆発的に普及したため、光回線の契約が伸び悩んでいることがあるそうだ。確かに考えてみると、ネットのヘビーユーザーでもなければ、スマートフォンやタブレット端末でほとんど用は足りてしまうし、デスクトップパソコンをネット接続したい場合でも、テザリングのできるスマートフォンが増えてきたので、無線LAN経由で接続してしまえばいい。有線のLANは必ずしも必要ではなくなっているのだ。

3つめは、年度の変わり目と言うことで、プロバイダが期間限定の割引キャンペーンをしていたこと。普通は転居した人向けのキャンペーンなんだろうけど、これに便乗させてもらうことにしたわけだ。

そんなわけで、今日回線工事が終わって、早速、試してみることに。
見せて貰おうか、光回線の実力とやらを!

・・・あんまり速くなった実感がない。やはり今までの使い方じゃあ差が出ないか。down

う~ん、この際、「ニコニコ動画」をプレミアム会員に上げてしまおうか。いやいや、それはなんか本末転倒な気がする。。。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/04/05

新生活

4月から仕事場が変わった。
異動とか、転職とかではなく、普通に派遣先が変わっただけだ。

場所が、新札幌の外れから、札幌駅前になった。劇的な変化と言っていい。
ようやく俺も、再び文明圏に帰って来られた気がする。札幌駅前なら、会社帰りに買い物もできるし、飲みにも行ける。人並みの暮らしを取り戻せるかもしれない。happy01

仕事は始まったばかりで、本格的な始動はこれからだ。どれだけ忙しくなるかはまだ未知数なんだけど、通勤時間が半分になった分、少しは楽になると期待したい。
雪が溶けて春になったら、すべてのことがよい方向に回り始める・・・そんな夢みたいなことが待っているといいのに。shine

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »