« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/31

2011年 俺的10大ニュース

いろいろあった激動の一年もようやく終わり。
この年の瀬に一年を振り返り、俺的10大ニュースを考えてみよう。

第1位:東日本大震災
とにかく今年はこれしかないでしょ。いや今年の重大ニュースというよりは、これ以降のすべての日本人の生活が大きく変わることを決定づけた事件かな。いつになったらこの出来事を昔話として話せるようになるんだろうか。

第2位:失業
堂々の2位。会社がヤバくなっても、自分はリストラ対象にはならないだろうとタカをくくっていただけに、精神的なダメージは大きかった。俺の大きな転換期になったことは間違いない。

第3位:母入院
今年の3月に母が入院。膵臓がんでおそらく長くは保たないと聞いて愕然とする。昨年の祖父に続いてこれかい。人間いつかは死ぬとわかっていても、肉親を失うのはきびしい。

第4位:震災復興支援ボランティアツアー
復興のために何か出来ることはないかと参加を決めたツアー。復興はまだまだ始まったばかりだけど、いつまでも関心を持ち続けるようにしたい。

第5位:再就職
なんとか年内に間に合った再就職。大変なのはこれからだけど、ぼちぼちと頑張っていこう。

第6位:東北旅行
GWに純粋な観光目的で出かけた旅だった。震災の被害の少なかったところに絞ったので、このときには被災地の状況が実感を伴っていなかった。中尊寺や龍泉洞など以前から見たかったところを廻れたので、東北の魅力を再確認するためにも有意義な旅だったと思う。

第7位:さっぽろ雪祭り市民雪像
市民雪像の制作に本格的に参加した。なかなか思うような形にならなくて苦戦した。会期中のライトアップ終了後に一人で積もった雪を払ったり、見知らぬ人に缶コーヒーを差し入れてもらったりしたのはいい思い出だ。

第8位:道北一人旅
一人旅はいつものことだけど、この旅は特に孤独を感じた。車中泊したり、海岸でテント泊したり、寒風吹きすさぶオホーツクラインをひたすら南下したり。次はもっといい季節に行きたいな。

第9位:海水浴
例年だと震えながら泳いでいたけど、今年はダイビングスーツを身に纏っての海水浴だった。寒くない海水浴って素敵!地元に帰ったときもさんざん海で泳いだし、今年は海を目一杯楽しんだな。

第10位:ウォークマン購入
買い物ネタが1つもないなと思い、10位に入れた。長年ipodを愛用してきたけど、紛失してしまったことをきっかけにウォークマンに乗り換えてみた。ノイズキャンセラーや歌詞表示など欲しかった機能があったからだ。しかし先日、ジャケットの内ポケットからなくしたipodを発見。トホホ・・

今年は本当にいろいろあったなぁ。
来年はどうか平穏な年でありますように。(来年は前厄の年なんだけどね)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011/12/25

藻岩山登山 in クリスマス

今日はクリスマス。
イブは年賀状を書いたりして過ごしてしまったので、今日は何をしよう?

そんなことを思っていたら、長い間お休みしていた藻岩山の展望台とロープウェーがクリスマス時期に合わせてリニューアルオープンしたそうだ。
よし、じゃあ久しぶりに藻岩山でも登るか!と、スノーシューを担いで(ん?)地下鉄で出かけた。coldsweats01

20111225_001藻岩山は札幌市民の憩いの場。降雪時期でも登山道はしっかり踏み固められているので、わざわざスノーシューを使うまでもない。ただし、ところどころ急な上り坂があるので、ストックやアイゼン無しだとちょっとつらいかもしれない。その点、スノーシューならアイゼンのようなスパイクがあるので、多少の坂ならへっちゃらなのだ。

それにしても雪道は予想以上に疲れる。藻岩山の登山ルートの中で一番長い旭山記念公園コースを選んだせいで、頂上にたどり着いた頃には日も沈んで薄暗くなっていた。

20111225_002展望台はリニューアルされてずいぶん綺麗になっていたが、レストランのディナーコースは予約で満席crying しかもびっくりするぐらい高い。プラネタリウムも新設されたそうだが、規模の割には割高。どう見ても観光客向けの施設で、市民が気軽に楽しめる場所ではなくなってしまったのが残念だ。down

20111225_003オープニングイベントとして無料のクラシックコンサートをやっていたので、見てきた。クラシックが奏でられる中、窓の外にはちらちらと雪が舞う。ああ、やっぱりクリスマスは素敵だねぇ。shine
夜が更けてくるにつれてカップル率が高くなってきたので、早々に退散した。
帰りはロープウェーを使ったが、あっという間に終わってしまうし、次は帰りも歩きでいいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/20

クリスマス症候群

20111219_001ホームセンターでポインセチアの鉢植えが売られているのを見て、衝動買いした。クリスマスを週末に控え、街はクリスマス商戦の真っ直中である。xmas

俺はクリスマスが好きだ。元々イベントごとが好きだけど、クリスマスはいっそう好き。クリスマスソングもイルミネーションも好きだし、厳粛な儀式も賑やかなパーティーもいい。爺さんサンタの髭もセクシーサンタのミニスカートも好き。
要するにクリスマスの雰囲気すべてが好きなんだ。lovely

今のところ、クリスマスに予定は入っていない。
おそらくは、独りでチキンを焼き、独りでケーキを食べ、独りでシャンパンを飲むことだろう。

クリスマスは少々余裕がなさ過ぎると思う。恋人や家族と過ごさないのは罪、みたいな風潮は何とかならないものか。かといって、すべてから目を背け耳をふさいで過ごすのは味気ないし。世の中、お一人様が増えているんだから、みんな思い思いのクリスマスがあっていい。

もっとも、俺みたいなのは宗教的にも商業的にも、ノーサンキューなんだろうけど。
アラブに春が来ても、北の将軍様が亡くなっても、クリスマスには「自由化」の波は訪れないみたいだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/12/18

野幌森林公園 スノーハイキング

歩くスキーを持って、野幌森林公園へ行ってきた。ski

20111218_001いつもだと大沢口の駐車場を使うのだけど、今日は珍しく記念塔口からスタート。歩くスキーのコースは百年記念塔の側から始まっていて、今日は時間もないので一番短い4キロコースにした。4キロコースだと記念塔から大沢口までを往復するコースになる。

ここんとこ寒い日が続いていたので、雪質は最高のパウダースノー。ただし、野幌の場合、訪れる人が多いので、遊歩道がすでに踏み固められてしまっている。ふかふかの新雪にずかずかと乗り込んでいく醍醐味が味わえないのが玉にキズ。

20111218_002もうすぐ冬至なので日がやたら短い。3時半頃には日が沈み4時を回る頃にはあたりはもう薄暗い。
スノーハイクはやっぱり早起きしないとダメかもしれない。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/08

就職戦争の終わり

求人に応募していた会社の一つから、採用通知が届いた。shineshine

再就職活動もなかなかうまくいかなくて、これは長期戦になりそうだと覚悟を決めたところだったので、やや拍子抜けだった。
もちろん探せばもっと条件の良い会社もあるんだろうけど、結局のところ、会社の善し悪しは入社してみないとわからないことが多い。また、この業界ではごく一部の超ブラック会社を除けば会社の仕組みは似たり寄ったりで、どこに入っても大差はない。下手に粘るよりも、さっさと職に就いた方がプラスになるだろう。

正式な入社日はまだ決まっていないが、おそらく来年1月からになりそう。また手続きとかたくさんあって面倒くさそうだ。
今のだらけきった生活も今年中に何とか元に戻しておかなくては。coldsweats01

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011/12/06

札幌芸術の森 スノーハイキング

20111206_001数日間ずっと雪続きだったのが久しぶりに晴れ間が覗いたので、今シーズン初めてのスノーシューでのハイキングに行ってきた。
行ったのは札幌芸術の森。ここの野外美術館をスノーシューで歩くのだ。
(帰ってから知ったのだけど、本来無料公開されるのは1月~3月の間だけで、今日の時点では立ち入り禁止だったみたい。しかも、展示品を傷つけないようにストック・スノーシューは禁止で、和かんじきのみOKだったとか。ただし、美術館のスタッフにはストックを使わないように注意されただけだったので、そんなに厳密でもないのかもしれない)

20111206_002この野外美術館に来るのは実は初めて。雪のないときはどういう風になっているのかしらないし、順路もよくわからないが、全く気にせずにずかずかと歩いて行けるのはスノーシューの強み。
雪の上にはキタキツネや野ウサギのものと思われる足跡が無数に残っていたが、人のものは一つもない。数日前の雨のせいで少し溶けてしまったのか、思ったよりもふかふかの雪ではなくて、しまっていた。

一面の銀世界なのに、不意に彫像がひょこっと顔を覗かせるものだから、一瞬どきっとしてしまう。躍動感にあふれる彫像たちも、音一つない雪原の中にあっては瞬間冷凍された魚のよう。きっと暖かい時期に観たならば全く違った感想を抱いたことだろう。

2時間ほど歩いた後、屋内の美術館も観た。こちらも人が少なくて、のんびりした感じだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »