« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011/08/31

君にも見えるリストラの星

会社から呼び出しがあった。

これまでの話し合いで「これ以上の休業の延長は出来ない」と言われていたのだけど、いよいよ来るべき時が来てしまったようだ。

「東京に転勤しろ」→「やなこった!punch
「じゃあ退職しろ」→「やなこった!punch

こう言い続けていたが、会社はもう手段を選ばない。
非情だろうが不合理だろうが、無理矢理にでも9月末で俺を解雇するつもりのようだ。

会社側が開き直って、グレーゾーンに足を突っ込むのをためらわなくなったとき、個人で対抗する手段は少ない。
というか、そもそも会社に残りたいというモチベーション自体が霧散してしまう。
やっぱり、もう「次」を考えた方がいいんだろうな。

ちなみに。
俺たち社員が解雇を迫られている今日、代表者かつ責任者であるはずの社長は、夏休みを取り会社の経費を使ってゴルフ旅行に出かけているそうな。

ああ、世の中はどうしようもなく狂っている。down

20110821_001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/08/14

ふるさとの友はいまでも君の心の中にいますか?

高校の同期会に出席した。
高校卒業以来、ほとんど交流がなかったので、20年ぶりに会う人たちばかり。
ずいぶん変わっているだろうと思いきや、意外にみんな昔の面影は残っていて、誰だかわからないという人はいなかった。俺自身も「全然変わっていないね」と言われて、喜んでいいのか、悲しんでいいのか。

それでも人によって歳の取り方はまちまちで、しわが増えた者、髪が薄くなった者、白髪が増えた者、ひげもじゃになった者、本当に人それぞれ。「40歳になったら自分の顔に責任を持て」と言われるが、人生の厚みが違うのだろうか、すべて同い年には全く見えない。プラスマイナス5歳ぐらいは幅があるように見える。

さすがに堅実な富山県人らしく、男も女もほとんど結婚してしまっていて、独身は1割か2割程度。
ある独身の女の子が「結婚するつもりないの?」と既婚者に訊かれて「この歳になると恋愛なんてなかなかする気にならないわよ。ね?」と俺に振ってくる。
え~、それって同意しなきゃならないとこ?

みんなの顔を見ているだけで、いろんな思い出がぞろぞろ発掘されてきた。
キラキラで甘酸っぱい青春時代と呼べるようなものは俺の歴史には存在しないけど、それでも高校時代は文句なしに楽しかったな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011/08/13

魚の餌にちょうどいい

お盆で実家に帰省した。
暑いので毎日海に泳ぎに行っている。

20110812_01_2透明度はそんなによくないけど、魚はたくさんいる。スズメダイ、ベラ、クロダイ、カマス、フグ、イシダイ、ウミタナゴ、などなど。こんなに魚が多いのにほとんど泳いでいる人がいないのが、もったいない。

20110812_02水中で魚を眺めていると、脇腹のあたりがチクリと刺されるような痛み。はっとして見ると、小さなイシダイ。
周りを見渡すと、3,4匹いて潜るたびに追いかけてくる。
これは人懐こいんじゃなくて、俺を食おうとしているのだ。油断すると、胸をチクリ、背中をチクリ。体中をついばみにくる。
こりゃ、たまらん。シャツかなんかを着てくるんだった。

ここで溺れたりしたら、真面目に魚の餌になってしまいそうだ。なので、早々に退散することにした。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »