« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011/07/21

道北 独り旅

2泊3日で道北に旅してきた。

今回はとにかく過酷な旅だった。

20110720_0021泊目はサロベツ原野センターの駐車場で車中泊。
2泊目はオホーツク側の海岸でテント泊。
バックパッカーではないけれど、それに近い貧乏旅だった。

PHSも名寄を越えて北に入るとほとんど繋がらなくなったので、音信不通状態。圏外だと電池の減りが早くなるので、途中からPHSの電源は切ったままにしておいた。

ホテルに泊まらないのでネットも使えないし、テレビも見られない。情報から完全に遮断されていた。
孤独だ。限りなく孤独だ。

夜、テントの中で一人、波と風の音に耳を澄ましながら、
なんで俺はこんな所でこんな事をしているんだろう?」と自問自答。

寂しい気持ちを抱えれば抱えるほど、心とは裏腹に一人になれる場所に身体が向かう。
何かに挑戦している訳じゃないし、やせ我慢をしているわけでもない。単に「孤独病」をこじらせてしまっているだけに思える。

この孤独も、野菜の灰汁のようにくたくたになるまで煮詰めれば、やがては苦みや渋みが浸みだして行くのだろうか?いや、それともそのまま焦げ付いてしまうだけ?

20110720_001朝一番にサロベツの海岸に出たら、貝殻を並べて作ったメッセージを見つけた。
世界の果ての崖っぷちに独り立たされている気がした。

ああ、なんてこった。

「愛のない選択は決して良い結果にはなりません」
「そーゆーことはジョン・レノンあたりに言えや!」

 ――幸村誠「プラネテス」より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/07/15

ガリガリ君しか愛せない

近所のホームセンターに出かけたときに、とあるカキ氷製造器を見つけて衝動買いしてしまった。happy02

その名も「おかしなカキ氷製造器 ガリガリ君」。

20110715_001これはその名の通り、「ガリガリ君」を削ってかき氷を作るという、一風変わったかき氷製造器。
発売元がタカラトミーアーツということからしても、これはあくまで「玩具」っぽい。というか、ネタアイテムの一種?
まあ、面白ければ何でもいいのだ

この商品のミソは、ガリガリ君「専用」というところだろう。
容器の中にガリガリ君をセットして、まるでペッパーミルのようにがりがり削るだけ。とってもシンプルな作りで、まさにアイデア勝負。

さっそくコンビニでガリガリ君を大量に買い込んで、ガリガリしてみる。
うーん、夏だねぇ。penguin

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »