« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/30

武士は食わねど牛タンは食う

いよいよ今日から東北旅行のスタートだ。

まずは札幌から新青森へ。
新青森の駅で降りてみて、噂に違わぬ寂れっぷりに苦笑する。
駅の周りには本当に何一つ店がない。駅ビルも大したことがなく、フードコートやお土産売り場にしても、ショッピングセンターに劣る程度。これじゃあここで降りようって人はほとんどいないんじゃないかな。

フードコートの中の一つで、B級グルメの「黒石つゆやきそば」を食べてみた。
焼きぞばの麺を炒めた後、醤油ベースのつゆを入れて完成。焼きそばともラーメンとも違った食感だ。あえて言うならばつけ麺に似ているかも。シンプルだけどなかなか美味しい。

20110430_1新青森から仙台までは一気に新幹線で。
仙台では青葉城跡を見に行ったんだけど、なんと地震で石垣が崩れたらしく、立ち入り禁止になっていた。
むむむ、またしてもか!
青葉城は10年以上前に行ったことがあるのだけど、そのときも記録的な大雪で伊達政宗像にたどり着けなかったのだ。どうも巡り合わせがよくない。

20110430_2気を取り直して、仙台駅前に戻り、牛タン定食を食べた。
肉厚で旨みがじわーっと出てくる。
1.5人前で2153円とちょっと高かったが、十分満足、満足。

今日は塩竃で宿泊だ。明日の天気が悪そうなのがちょっと気になるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/26

旅行計画

会社帰りに、札幌駅に寄って新幹線bullettrainのチケットを買った。

東北新幹線は29日から全線で運転を再開するそうで、なんとかGWに間に合って良かった。
それにしてもチケットの発売開始がまさか今日からとは。本当にギリギリまで日程が立たなかったんだな。coldsweats01

さて。
GWの旅行の日程はほぼ決まった。

4/30
札幌→仙台(青葉城址)→塩釜

5/1
塩釜→松島海岸(松島)→仙台

5/2
仙台→平泉(中尊寺)→盛岡

5/3
盛岡→岩泉(龍泉洞)→盛岡→八戸

5/4
八戸→鮫(蕪島or葦毛崎展望台)→八戸→札幌

しかし今日調べてみたら、塩釜→松島海岸のJR線がまだ復旧していないみたい。臨時代行バスが出ているようだから、なんとかなるだろうけど。
松島は湾内にあるので被害が少なかったと、TVでは言っていたんだけどなぁ。down

こりゃあ、自粛とか言う以前に目的地までたどり着けない旅行者も多そうだ。coldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/21

原子力がなければ、石炭を使えばいいじゃない?

原発の廃炉計画が徐々に明らかにされて行くにつれて、その途方もない年数に気が遠くなる。

以前のエントリにも書いたように、今後新しい原発が作るのはきわめて困難になるだろう。なぜなら、エネルギーとは結局のところ、「コストによって決まる」ものだから。

耐震や耐津波の設備費を始め、保守費、検査費などもこれまで以上にかかるようになる。
そして、何より「安全神話」を再び植え付けるための莫大な広告宣伝費(!)。
これでは、どう考えたって「割に合わない」エネルギーになってしまった。

そこで、「原子力は日本のエネルギーの3割を担っている。いまさらやめる事なんて出来ない」という、言い尽くされたフレーズの内容を検証してみよう。

まず、上のフレーズは裏を返せば「日本のエネルギーの7割は原子力以外で作られている」ってことだ。

経済産業省資源エネルギー庁の出している「エネルギー白書」によれば、2009年度の発電電力の構成は下図のようになっている。
(参考)資源エネルギー庁_エネルギー白書のページ

21323

この割合を見て、意外に思わないだろうか?
石炭とLNG(液化天然ガス)だけで、実に半分以上を賄っているのだ。

原発推進派が原子力の必要性を語るときに、いつも原油の話を持ち出すのはなぜだろう?
「原油は政情が不安定な中東に依存している」
「原油はまもなく枯渇する」etc...

発電に関して言えば、原油はあまり関係がない。だって7.6%しかないのだから
つまり、原油の話を出すやつは、原子力が必要という「結論」に誘導しようとしているのだと気づく。

そう、原子力がダメなら、石炭や天然ガスに頼ればいいのだ。

俺は(少なくともこの先10年ぐらいは)石炭発電が本命になると思う。

天然ガスはとても優れたエネルギー源であるが、日本の場合は周りが海なので、パイプラインで直接輸入することが難しく、液化してLNGにする必要がある。となると、コスト的には不利だ。

一方、石炭は安いし、世界中のどこでも採れる。
現在実証試験中の「石炭ガス化複合発電」が実用化すれば、効率もLNGと遜色なくなる。

確かにCO2はたくさん出るかもしれない。
でも、仕方ないでしょ?
いまなら、
原発の危険>地球温暖化の危険
に、みんなが同意するような気がする。

ちなみに。
日本のマスコミは全く触れようとしないが、アメリカでは発電量の5割、中国ではなんと8割を石炭で賄っているそうである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/20

なぜ俺は行くのか、そんなにしてまで。

東北旅行をちょっと迷っていたけれど。
旅人としての、ごくシンプルな掟に従うことにした。

「考えるより先に、旅に出ろ!」

旅の意味とか、細かいことは旅に出てから考えりゃいいさ。

そこで、旅行の計画を立て始めたのだけれど、想像以上に震災の影響は大きい。

ホテルや観光施設はまだ営業再開してなかったり、サービスが整っていなかったりするし、交通機関だってすべてが復旧しているわけではない。ネットの乗り換え検索などもどこまで信用していいのやら。

とりあえず、目的地として福島は外して、宮城と岩手中心で廻ろうと思う。
原発はまだ予断を許さない状態だし、なんだかんだ言っても被爆は怖い。旅行中に事態が変わっても、情報を適切に得られる保証もない。

それにしても。
普通、旅は計画している最中が一番楽しいって言うのに。

なんだこの緊張感はcoldsweats02
国内旅行だというのに、まるで紛争地域にでも出かけるような気分。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/18

GWはどうしよう?

そろそろGWの予定を考えようかと。

海外脱出とかいろいろ考えていたけど、やっぱり今行くなら東北地方か?

経済を回すことが被災地のより早い復興につながる。
そう頭の中では理解しているつもりなんだけど。

実際に被災地に旅行に行ったとしても、本当に楽しめるんだろうか?
いや、そもそも楽しんでいいのか?
そういう疑問が沸き上がってくる。

悲しいだけの、お通夜みたいな旅行ならば行きたくない。
不謹慎だとかエゴイズムだとか言われるかもしれないけど、決して少なくないお金を使って行くからには、楽しい旅行にしたい。

でも、それは望んじゃいけないことなんだろうか?う~む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/11

温泉と湖と夕焼け

震災からちょうど1ヶ月。
一つの節目と言うことで、2回目の募金をしてきた。
俺の出せる額なんてわずかなものだけど、各々がやれる範囲で支援するしかないもんな。

20110411_001今日は休みを取って、丸駒温泉に行ってきた。spa
湖に接した天然露天風呂にだらだらと浸かる。

前回来たときはとても水位が高くて160cmもあり、湯船に立ってあごのあたりまでお湯が来ていたのに、今日の水位は65cm。座ってギリギリ肩が浸かるぐらい。自然はダイナミックだ。shine

温泉を出た後、誰もいない湖岸で独りぼんやり夕焼けを見ていた。

20110411_002あー、なんて綺麗なんだ。
でも、なんて寂しい風景なんだ。

急激に冷え込んでくる湖岸の空気は、まだまだ春は遠いと言っているみたいだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/09

何度でも(震災復興祈願バージョン)

震災から1ヶ月近く経ったけど、いっこうに事態が収束に向かう気配がない。

大通の地下街にいつもたむろしていた中国人&韓国人観光客もすっかり姿を見かけなくなり、風評被害という見えない災害はこの先も続きそうだ。down

さて。
震災発生直後に思い立って作り始めた、ドリカムの「何度でも」の動画がようやく完成したので、公開してみる。

今回のUTAU音源は「雪歌ユフ」。しんみり系の曲に合いそうだったので使ってみた。ウイスパーボイスっぽい、少しかすれた声が特徴。音源としての性能はとても優秀で、手直しがほとんどいらなかった。

今回、初めてギターパートを入れてみた。ヴォーカルとギターしかないので、実質、ギターの弾き語りといった感じだ。
すべての音が和音になるので、データの打ち込みが予想以上に大変。ギターなどの楽器の場合は、弦を手で弾いて演奏するため、本当なら和音のタイミングを少しずつずらす必要があるんだけど、かなり面倒なのでそのままにしてしまった。

ともあれ、先は長い。
何度でも立ち上がろう!rock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/04/04

夏の乗り切り方

福島原発事故も一進一退の状況で、いつになったら落ち着くのやら見当も付かない。

第一原発は1号機から6号機まで全部廃炉になりそう。しかも増設しようとしていた7号機と8号機もおそらく白紙撤回されるだろうから、電力不足は当分続きそうだ。down
現在稼働中の原発も、安全の見直しとかでメンテナンスに入るのも出てきそうだから、さらに原発は減るだろう。

慢性的な電力不足に対して、「不便な時代に戻ることなど出来やしない。やっぱり原発は必要だ」とか言い出す人がいそうだけど、それはちょっと短絡的すぎるかも。

現在震災の影響で停止中になっている火力発電所が再開すれば、とりあえず冬場のピークは十分満たせる。春や秋の電力使用量は冬よりも少ないから、問題なのは夏場の冷房だけで、「文明退行」などは起きるはずがない。

ぶっちゃけ、バッテリーで駆動するクーラーを開発して、夜間に充電し昼間に稼働させるだけでも、乗り切れるんじゃないの?って気がする。

あとは、ゆりかしを全国的なユニフォームとして定着させるとか。

なんなら、水着でもいい。smile
・・・ウソです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »