« ソーシャルメディアの力 | トップページ | 防災意識と衝動買い »

2011/03/14

支援のカタチ

東北関東大震災からもう3日。各地から支援が始まっている。

でも、個人が出来る支援なんて限られるし、なかなか効果的に行うのは難しい。

■物資支援

言うまでもなく論外。punch
阪神大震災や中越沖地震でもさんざん言われたことだけど、個人で幾ばくかの食料や衣類を送ったとしても、仕分けが面倒なだけでなく、使用可能性や安全性を確認する手間がかかるだけ。交通インフラがまだ回復していないことを考えれば、迷惑以外の何物でもない。
それにも関わらず、TVなどが無責任に「食料が足りない、毛布が足りない」と繰り返すものだから始末に負えない。マスコミも視聴者もいい加減、学習して欲しいものだ。annoy

■義援金

物資支援よりは純粋にカネの方が何倍もいいのだけど、これも難しい。
少額、とくに小銭ならば、数える手間がかかる分、非効率と言っていい。銀行のように小銭を自動分別できるならばそれでもいいけど、小さな小売店に設置してある募金箱に小銭を募金するのはお勧めできない。ましてや街頭募金などは詐欺とかもあるので、やめた方がいい。
一番確実なのは、信頼できる機関の銀行口座に直接振り込むことだろう。面倒くさいけどこれが確実。
ただ、日本赤十字のサイトが重すぎてつながらないので、俺は今のところ様子見状態。snail

■献血

先日、献血に行ったのだけど、1時間待ちと言われた。震災のニュースを聞いて駆けつけた人で溢れかえっていたのだ。
血液はナマモノなので使用期限がある。一度に大量の献血があるよりは、継続的に献血がある方がいい。
今はもうすこし時間をおいた方がいいだろうと思い、そのまま帰ってきた。

■節電

今日から東北と関東では計画停電が始まった。thunder
TVでは節電を呼びかけているのだけど、実は北海道ではあまり関係がない。
北海道と本州を結ぶ送電線はあまり電力を送る事が出来ず、そこでボトルネックになってしまう。だから節電してもしなくても送れる電気はほとんど変わらない。
ネットでは某アニメのエピソードをもじって「ヤシマ作戦」と呼ばれて盛り上がっているようだけど、あれはやっぱりフィクションに過ぎなかったんだなぁ。
実際、北海道電力のHPには以下のように書かれている。
北海道内においては電力供給量には十分余裕がございますので、現在のところ、特別な節電をお願いする状況にはございません。

■結論

結局、今できる支援って特にないんだよな。coldsweats01
その支援が無駄であったり非効率であったりしても、なんか「せっかくの善意に水を差しちゃいけない」と、何も言えない空気になっちゃうのが怖いなぁ。
せっかくの善意だからこそ、最高のタイミングと最大の効果をもたらすようにするべきだと思うんだけど。

|

« ソーシャルメディアの力 | トップページ | 防災意識と衝動買い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63573/51120289

この記事へのトラックバック一覧です: 支援のカタチ:

« ソーシャルメディアの力 | トップページ | 防災意識と衝動買い »