« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/02/05

市民の市民による市民のための雪像

20110204_001雪ボラの作業は終わったけれど、今年はまだもう一仕事残っていた。
ボランティア仲間が市民雪像を作るというので、その手伝いに行ってきた。snow

市民雪像はその名の通り、一般の市民が申し込みをして作り上げる雪像だ。毎年、設置可能数を超える募集があるので、抽選が行われる。
大きさは一辺が2mの立方体の雪を削りだして作るので大雪像ほどの迫力はないけど、テーマはまったく自由なのでバリエーション豊かな雪像が見られる。

我がチームの雪像のテーマは、SL。北海道で一番最初に走った「雨宮21号」がモデルだという。
なんだかんだ言っても、漫画がアニメのキャラクターや動物などが多い雪像の中では、ちょっと異色の存在である。

20110205_003雪像の制作に必要な道具は、市が貸し出してくれるけれど、そこは歴史のあるボランティアチーム。ほとんどの道具は自前で持っている。専用の道具がずらりと並んだ様は、「どこのプロの人ですか?」と言いたくなるほど。happy01

問題は有志の中のさらに有志なので、参加人数も参加時間も限られること。制作期間の5日間のうち、実際に作業したのは3日間だけ。しかも前の2日は午後のみだ。

20110205_004そんな調子なので最初の頃は遅々として進まず、本当に完成するのか?と心配だった。しかし、さすがは熟練のボランティアたち。みるみるうちに形が出来上がり、予定よりも早く完成。最後はお遊びで連結器を手の形に変えてしまうほど。

今年の市民雪像は全体的にレベルが高いようで、どれもこれも素晴らしい出来映え。shine
10丁目の大雪像を見てUターンしてしまう観光客も多いけれど、どうか最後まで見ていって欲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »