« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010/07/31

忍路で海水浴

久しぶりにいい天気。sun
ここんとこ仕事が忙しかったので、休みの日ぐらいは部屋でのんびりしようと思っていたけど、この天気の中、家に籠もっているのはもったいない。
夏はやっぱり海へ行くべし。wave

20100731_002向かったのは、いつもの忍路港の鼻先。
ちゃんとした海水浴場ではないけれど、無粋な遊泳禁止のロープなんかないし、結構深いので素潜りをするには申し分ない。暑い日の割に思ったよりも人は多くなかった。

浜辺の陣地には、テントを設置した。テントのフライシートだけを張れば、簡易タープとして使えるところは便利だ。ちょっと狭いけれど荷物を広げるぐらいのスペースは確保できる。

20100731_001意を決して海に入ってみた。やっぱり冷た~い。penguin
残念ながら透明度は悪かった。連日の雨で砂が入り込んでしまったのだろう。
かなり深くまで潜れば多少は良くなるものの、積丹ブルーにはほど遠い。down

20100731_003魚はアイナメ、リュウグウハゼ、ウミタナゴ、エゾメバル、キビナゴなど、ダイビングでおなじみの奴らを見られた。
水温が低いので何度も海に入るのは無理だ。しばらく泳いでは陸に上がって暖を取るのを繰り返したけど、3回でギブアップ。もうすこし気温が高かったら、もっと泳げるのになぁ。

果たして今年はまた泳ぎに行けるだろうか?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/07/23

雨の中の花火大会

20100723_001今日が豊平川花火大会なのをすっかり忘れていた。天気は雨だが、どうやらやるつもりみたいだ。night

三週連続だった豊平川花火大会も不況のあおりを食らって、とうとう今年は一回だけになってしまった。つまり今日が最初で最後なので、これは観に行くしかないでしょ。dash
ギリギリまで会社で仕事をして、雨の中、自転車で会場に向かった。

こんな雨の中なのに、結構な人出だった。せっかくの浴衣を濡らしてしまった女の子たちがぞろぞろ歩く。なぜ日本人はこんなに花火が好きなんだろうな。

20100723_002会場に着くとさらに雨の勢いは強くなった。rain
俺の方も全くの準備不足で、コンディションは悪い。
三脚は忘れてきたし、カメラのバッテリーは残り少ないし、風向きも悪い。しかも、傘を差しながらの撮影だ。残念ながら写真はあまり期待できないな。down

遅れていったこともあって、花火大会はあっという間に終わってしまった。
うーん、ちょっと物足りなかったが、来年に期待かな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/18

「海の日」ダイブ

20100717_001「海の日」連休と言うことで、積丹へダイビングに行ってきた。wave

土曜日の夜にナイト・ダイビング1本だけ、日曜日には2本潜った。

ナイト・ダイビングは透明度が5mぐらいとかなり悪かったので、迷子にならないように必死。coldsweats02
水温は夜にしては意外に暖かくて快適だった。
20100718_002生き物は特に珍しいものは見つからず、やたらと元気なホヤやエビを探しては水底に張り付いてまじまじと観察した。

日曜は珍しく幌武意あたりまで足を伸ばして潜った。透明度は10mぐらいで水温はやや冷たかった。
20100718_003フィンの長さを優に超える馬鹿でっかいヒラメに出くわし、ちょっと感動。アイナメやガジもとても育っているし、いずれも大物揃い。

海の中もそろそろ夏真っ盛りみたいだ。sun

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/12

祖父の死

20100711_001祖父が亡くなり、葬儀のため、富山へ行ってきた。
祖父は101歳。なんと明治生まれである。

文句なしに大往生なので、俺も家族もショックはそんなに受けていないのだけど、今年の正月まで家で普通に生活していたことを考えると、案外あっけなかった気もする。

通夜や葬式にはとても多くの人が来ていた。けれど、この場にいる人のほとんどは祖父より長くは生きられないだろうと思うとちょっと不思議な気がする。
それは、長ったらしい念仏の後で、これまた長ったらしい説法をしてくれやがったお坊さんも同じで。
祖父からすれば「その程度生きたぐらいで、訳知り顔で人生を語るな」という気分だったろう。

祖父は健康と実直と頑固しか取り柄のないごく普通の人だったけど、人間というものは、ただ長く生きているだけでも十分偉大なのかもしれない。

20100711_002今回の葬式の喪主は父だったので、俺も参列者と言うよりは運営スタッフの一人。細々とした雑用などをずっと手伝う羽目になった。
葬式というやつは、段取りだの気遣いだのそういうものばかりが山積みで、悲しんでいる暇もないくらい忙しい。俺にはたぶん喪主なんて務まらないだろうな。

そして、最近TVで見たばかりの「おくりびと」の台詞が何度も何度も頭に浮かんでは消えた。

お疲れ様でした
いってらっしゃい。また会おうの

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/07/10

バジルの花

20100708_001ベランダ栽培のバジルが白い花を付けた。shine
バジルの花なんて、もちろん見るのは初めて。

これって、いつぐらいから収穫できるんだろ?
大きくなった葉っぱから、プチプチちぎって食べればいいんだろうか?

20100708_002本場イタリアじゃあ、すりつぶしてペースト状にしてパスタと混ぜるらしいけど。一人前で葉っぱ何枚分が必要なのか、よくわからん。coldsweats01

うーん、とにかくもう少し育ったら、何か作ってみようか?restaurant

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/07/04

初ダイブ!

今シーズンで最初のダイビングに行ってきた。wave

20100704_001前に潜ったのが去年の11月だから、半年以上ブランクが開いてしまった。down
東京出張や休業や海外旅行があって、ばたばたしていたので潜る暇がなかったのだ。

今日の積丹は、朝から濃い霧に覆われていたけど、海はベタ凪でコンディションはすこぶる良い。
それに今日の参加者はベテラン揃い。おかげでダイビングポイントはポンマッカとヤゴドマリという、普段なかなか行けないところに行くことができた。happy01

20100704_002水に入ったら思ってたよりもずっと冷たかった。水底だと15℃ぐらいか?penguin
ドライスーツでも「若干寒いかな~」という感じだったのに、ウェットスーツで挑んだ方々は「全然寒くない」と平気な顔。さすがはベテランダイバー。道産子ダイバーの鏡のようだ。shine

透明度は良くもないが悪くもない。10m前後というところだろう。

20100704_003水温が上がってきているせいか、生き物もそこそこ多かった。とくにガーベラミノウミウシ、サクラミノウミウシは本当にうじゃうじゃいた。コケギンポも増殖中みたい。

財布の中が少々寂しいので、ばりばり潜るとは行かないだろうけど、今シーズンも頑張って潜ろう。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/07/03

復活のパセリ

20100702_001道の駅で買ってきたイタリアン・パセリの元気がない。先月は暑い日が続いたので、へばってしまったらしい。sweat02
朝出かけるときにたっぷり水をやっても、夜帰ってくるころには干上がっているのだから、どうしようもない。

葉っぱが地面にだらんと垂れ下がって重そう。
このまま放っておいたら枯れてしまうだけだし、なんとかせにゃあかん。

思い切って元気のない葉を茎ごとばっさり切り落としてみた。ホームセンターで液体肥料を買ってきて、与えてみたりもした。

すると、新しい葉がちょろっと生えてきた!note
なんという生命力。飽くなき生への執念。

育て。育て。すくすく育て。
大きく育ったら、俺がおいしく頂いてあげるからね。restaurant

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »