« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010/06/29

ボーナス出ない

夏のボーナスが出ないことがほぼ確実になった。crying
「出せる余裕ができるまでお預けねheart04」と、なんとも歯切れの悪い言い方だったが、出ないと思った方がいいだろう。

休業していた身としてはある程度覚悟していたのだけど、入社してこの方、全く出ないのは初めてなので、本当にうちの会社は大丈夫なんだろうかと心配になってくる。down

特にローンとか抱えている訳じゃないので、ボーナスが出ないからって生活に困ることはないんだけど。
やっぱり少しは節制した方がいいのかなぁ。

食費を抑えるために、今流行の「弁当男子」でもやってみようかな?restaurant
毎日早起きしなきゃならないけど、、、、うーん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/20

キャンプの鉄人

支笏湖へ1泊2日のキャンプに行ってきた。event

支笏湖のキャンプ場はいくつかあるけど、今回行ったのはその中でも一番奥にある美笛のキャンプ場。

20100619_001アウトドア好きを公言してはばからない俺だけど、実はキャンプ場で寝泊まりしたことはほとんどない。down
理由は単純。キャンプ場で泊まるにはお金がかかるから。北海道のキャンプ場では無料のところもあるようだけど、本州だと基本的に有料のところばかり。形のないものにお金を払うのは嫌いなので、いままでキャンプ場とは縁がなかったのだ。
正直なところ、テントや寝袋を使って寝たことよりも、何もなしで橋の下や海岸などでごろ寝したことの方が多いかもしれない。coldsweats01

基本的にはものを買わない俺だけど、買うと決まれば良いものが欲しい。日本人はまず形から入るのだ。かなり奮発して高めのテントを買って、今回のキャンプに臨んだ。

20100619_002しかし、そこで俺を待ち受けていたのは、そうそうたるキャンプの鉄人たちだった。
道具を一見しただけでも、明らかに「本気」だとわかる。
テントといい、調理器具といい、ランタンやバーナーといい、見事なほど洗練されて使いこなされている。
さらには車の屋根に取り付けるテントやら、ファルトボート(フォールディング・カヤック)やらダッキーやら、いろんなものが出てくる、出てくる。

20100620_003しかも、それだけでは終わらない。みんなが持ち寄ってきた食材がまた凄かった。
馬刺し(!)やジンギスカンなどの肉類だけでなく、活ホタテや生牡蠣、タコやホッケなど、海産物もじゃんじゃん出てくる。海辺のキャンプ場ならともかく、こんな山の中のキャンプ場でこんな刺身が食べられるとは夢にも思わなかった。

いろいろな意味で刺激を受けた2日間だった。
キャンプの鉄人への道は、果てしなく遠いなぁ。run

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010/06/14

イトカワ星より愛を込めて

250pxhayabusa_hover
小惑星探査機「はやぶさ」が奇跡の生還を遂げたというのに、TVの扱いが小さすぎてがっかりする。down

せめてNHKぐらいは緊急特番を流せよ、と思う。
何事もなかったかのように延々とワールドカップ放送している場合か。サッカーなんてどうでもいいんだよ(個人的見解)。annoy
子供の理科離れを嘆く前に、大人が科学へのリスペクトがもっと持てよと。

ちなみに、現時点での「はやぶさ」の世界初の偉業は次の通り。

■ マイクロ波放電型イオンエンジンの運用
■ 宇宙用リチウムイオン二次電池の運用
■ イオンエンジンを併用した地球スイングバイ
■ 地球と月以外の天体からの離陸
■ 地球以外の天体における、着陸した姿のままでの離陸
■ 宇宙機の故障したエンジン2基を組み合わせて1基分の推力を確保
■ 月以外の天体からの地球帰還

これで、イトカワ表面からのサンプルを持ち帰っていれば、万々歳なんだけど。
正直、望みは薄いかなぁ。。。

ウィキペディアの記事を読むと、本当にトラブル続きでよく生還できたものだと感心する。日本の技術力のおかげと言うよりは、運用スタッフの執念に支えられたというほうが正しいんじゃないかな。

さて、今週末には日本にカプセルが届くはず。

カプセルが開いたら中からイトカワ星人が出てきて、
ヤア、地球ノ ミナサン。出迎エ ゴ苦労様。地球ハ ワレワレが侵略スルケド イイヨネ?
とかしゃべってくれることだろう。night

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/06/13

休業ダイエット

よさこいを見終わって、夕方からは某ジャスコ(笑)でショッピング。

新しいジーンズを買ってみた。
ここんとこ体重が落ちてきていたので、今穿いているものより1つ下のサイズを試着してみたのだけど、それでもウェストがぶかぶか。まさかの2ランクダウン。flair
サイズが2インチ小さくなったと言うことは、ウェスト5cmダウン!?
凄いじゃないか。happy02

でもなぜ痩せたのか、ぜーんぜん心当たりがないんだよね。特に何もしてないぞ?

そう言えば、トルコ旅行に行くちょっと前に岩盤浴に行ったら体重が1.5kg落ちたことがあった。spa
でも、これって水分の分だけ減っただけだろ?水飲めば元に戻るさ。と思っていたら、なぜかそのまま体重をキープして、今に至っている。

休業中にぐーたらしている間に筋肉が脂肪に変わっただけかと思ったけど、体脂肪率も徐々に下がり始め、ついに14%台に入った。
いったい俺の体に何が起きているんだ?coldsweats02

うーん、もし原因があるとしたら、休業中に食費を抑えるために自炊中心にしたことぐらいか。
普段は野菜を買ってもほとんど消費できずに捨てることになってしまうので、そんなにたくさん買い込むことはない。だけど、休業中の時は三食とも自炊にできるのでじゅうぶん消費できる。だから知らず知らずのうちに野菜を買う量が多くなっていたのかもしれないな。

結論。
痩せるためには仕事をしてはいけない

・・・あれ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

YOSAKOIソーラン祭り

昨日と今日の二日間、YOSAKOIソーラン祭りを観に行ってきた。

20100612_001今年最大のトピックと言えば、「無料の桟敷席ができた」ことだろう。
いままで、「いい席は全部旅行会社などに押さえられてしまって地元民が全く観られない」という本末転倒な状況が続いていたけど、これは快挙と言ってもいいんじゃないだろうか。shine

20100612_002ただ今年初めてと言うことで混み具合がわからなかったので、一応、初っぱなの観覧だけは有料の桟敷席のチケットを事前購入しておいた。でも、これは杞憂だったみたい。
無料の桟敷席で観覧する場合も会場で配布されている整理券が必要なのだけど、ちゃんと早めに行って整理券を確保しておけば、意外とすんなりと観られた。これだったら、例年のように沿道の隅っこで立ちっぱなしで必死に背伸びしながら観なくてもすむ。快適だ。good

20100612_003でも、無料の桟敷席のことはちょっとPR不足だったんじゃないか?
まだ桟敷席のチケットにも余裕があるのに、相変わらず沿道から応援する人が多かったから。
あと、整理券をもらうだけもらって見に来ない人が多くいるのか、チケットが配布終了になっているのに実際の席に空席がちらほら見られることも多かった。

強豪チームのめぼしいところは昨日のうちにあらかた観ることができたので、今日はちょっとだけ観た後、7丁目のワオドリ会場に行って踊ってみた。
しかし今日の札幌は気温が28℃に達したそうで、ちょっと踊っただけで汗だくに。こりゃ大変だわ。sweat01

踊り子さん、本当にお疲れ様。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/06/06

マオイの丘

週末は2日続けて酒を飲んだので、今日は肝臓を休めるべく、長沼までちょっとドライブ。car

20100606_001マオイの丘公園の「道の駅」で昼食を食べた。
ここの「道の駅」は数ある「道の駅」の中で、もっとも成功しているところの1つで、いつも地元民で賑わっている。レストランも混み合っていて、30分待ちだった。ここも道産食材をふんだんに使っているそうで、人気がある。
俺が食べたのは「豚飯丼」900円ナリ。豚を味噌に漬け込んで焼いたもので、ジューシーで美味しかった。restaurant

この「道の駅」の人気の秘密は、道産食材の直売所だ。とくに野菜類がとっても安く、わざわざ野菜を買うために札幌から訪れる人も多い。
俺も野菜目当てで覗いてみたのだが、今日は道外産の野菜ばっかりでがっかり。down
いや、そりゃあそうか。北海道の畑は今ちょうどトラクターで耕し始めたばかりなのだから。収穫できるのなんてハウス栽培のものぐらいだろう。

20100606_002代わりに草花の苗などが売られていた。とっても安かったのでいくつか買ってみた。
以前、ベランダで花を植木鉢で育ててみたことがあったのだけど、たまたま出張が重なって、いつの間にか枯らしてしまったことがある。今回もそうならないとも限らないので、安いものだけをチョイス。
観賞用として、ミニひまわり(150円)とマリーゴールド(50円)。
食用として(笑)、バジル(100円)とイタリアンパセリ(100円)。
全部あわせてもたったの400円!これぐらいなら育てるのに失敗しても痛手じゃないな。happy01

帰りにマオイワイナリーに寄ってみた。
ここのワイナリーはとても小さいところなのだけど、そのぶん珍しい品種のブドウを使っていたりするらしい。お試しとして、山葡萄のハーフボトルと山ソービニオン(山葡萄とカベルネソービニオンの交配種だそうだ)のフルボトルを1本ずつ購入。車で来ているので味を見て買うのができないのがつらいところ。

というか、休肝日のドライブのはずだったのに、ついつい酒を買い込んでしまった。。。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »