« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/30

花見ファイナル

最新の研究によると、時差ぼけを治すには朝に紫外線を浴びる(正確には目に紫外線を受ける)といいそうだ。よく言われることだけど、人間の体内時計は25時間で動くようになっていて、放っておくと少しずつずれていく。太古の昔から人間は朝日を「視る」ことによって、体内時計をリセットさせてきたのだそうだ。

20100530_001まあ、難しい話はおいといて。今日はいい天気だし、朝から出かけよう。sun
車を飛ばして向かった先は、小樽公園。ネットで桜の開花状況を調べたら、道央圏ではここが唯一残っていた。しかしここももう散り始めている。おそらく今年最後の花見になるだろう。cherryblossom

20100530_002小樽公園に行ってみると、すでに散ってしまった桜の樹もあるが、台地の頂上にある、慰霊碑らしきもののあたりはまだ十分見頃だった。
残っている桜はエゾヤマザクラばかりのようだ。本州出身の俺からすると、桜=ソメイヨシノなので、八重咲きの桜を見ると、なんかカーネーションみたいだなと思ってしまう。それでも薄桃色の桜はきれいだった。shine

20100530_003公園内はツツジがそろそろ咲き始め、藤の花も一部だけど紫の花を咲かせていた。
夏ももう近い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/29

時差ぼけ

トルコから帰ってきて、もう3日も経つのに、いまだに時差ぼけが治らない。
3~4時ぐらいにならないと眠くならないし、起きるのは昼頃。いかんなー、これじゃあ。down

昨日、会社から連絡があった。
新しい仕事が入ったので、6月1日から職場に復帰して欲しいとのこと。
おいおい、ずいぶん急な話だな。本来は喜ぶべきところなんだろうけど・・・。

とにかく、来週までには時差ぼけを治さないと。社会生活が送れなくなってしまう。coldsweats01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/05/25

再びイスタンブールにて

今回もダイジェスト版で。

20100522_000カッパドキアの最終日は、結局、渓谷巡りで締めくくった。
夕方からは夕日が綺麗だというローズバレーのツアーに参加し、それまでの時間は別の渓谷を自力で歩くことにした。
でも、結果的にツアーよりも自分で回った場所の方が綺麗だったように思う。ローズバレーへ行った時間には天気が悪くなり、雷とともに激しい雨にさらされてしまった。down

ツアーが終わってすぐに夜行バスでイスタンブールに移動した。ホテルはすでにチェックアウト済みだったので、濡れた服を着替える暇もなく、バスに飛び乗ることになってしまった。夜は冷えるし、結構つらかった。sad

20100523_000翌日はモスクや史跡巡りをした。モスクはどれも素晴らしいのだけど、一日中モスクばっかり見ていると飽きてくる。というか、一つの街にいったいいくつのモスクがあるんだか。やっぱりイスラム教国としては、歩いて行ける範囲に少なくとも一つはモスクがないと生活に支障を来すのだろうか?

20100524_000そして今日は気分を変えて、ボスフォラス海峡の1日クルーズに行ってきた。この海峡はアジア大陸とヨーロッパ大陸の境となるところ。まさに文化の交差点だ。
ゆったりと船に揺られて体力と気力を復活させた。

さあ、明日はいよいよトルコ最終日。
グランドバザールでも見に行って、お土産を買うでござーる。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/22

イスタンブールからカッパドキアへ

とりあえず、ダイジェスト版で~。

20100519_000イスタンブールの初日は、トプカプ宮殿を見てきた。ここはオスマン・トルコ時代のスルタンの宮殿だったそうだ。
その中でも一番の目玉は、やっぱりハレム。各国から集められた美女たちを300人ほども住まわせていたという。うーん、永遠の男の夢?lovely
でもそれは権力あってのもので、建物の装飾の豪華たるや、半端じゃない。今これを作ったとしたら、いったいいくらぐらいかかるんだろう。きっと国が傾くよな?

20100520_000さて、イスタンブールから夜行バスに乗って、次の目的地、カッパドキアへ。
到着した朝からすぐに現地ツアーに参加した。この日のツアーは地下都市や渓谷のハイキングなどを行うツアー。
この渓谷のハイキングがとてもよかった。とにかく景色がすばらしいのだ。荒涼としたイメージのあるカッパドキアにはそぐわないのかもしれないが、とにかくよかった。shine

20100521_000次の日も別のツアーに参加。この日は、奇岩スポットや昔の住居跡などを巡る、カッパドキアらしいツアー。
このためだけに持って行った「きのこの山」も、ばっちり活躍した。scissors
でも、前半にじっくり時間をかけたせいか、後半はちょっと駆け足気味だったのが残念。まあ、同じような奇岩ばかり見ていても飽きてくるのかもしれないけど。

2日間のツアーでカッパドキアのめぼしいスポットはほとんど行き尽くしてしまった。うーん、明日はどこに行こうかなー?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/05/18

成り行き任せのドバイ観光

旅の詳しい話は日本に帰ってから改めて書くとして、覚え書き程度に書いておこう。

20100518_001関西空港から飛び立って12時間。長い長いフライトを終えて、乗り継ぎのためドバイにやってきた。
到着したのは朝の5時頃。ドバイからの出発時間まで6時間以上もある。
朝が早いせいだろうけど、ドバイの空港は気味の悪いぐらい人気がなかった。店もほとんど開いていなかったし、出発時間までここで過ごすのはつまんなさそうだ。

よし、じゃあちょっとだけ観光に出かけようと空港から出たのはいいけど、いったいどこに行けばいいんだろう?
ドバイについてはまったく下調べをしていなかったので、なんにも情報がない。公用語は何?使用通貨は何?それすらわからない。

わからないけど、とにかく両替だ。2千円ばかり両替して得たのはアラブ首長国連邦の通貨だと思われるディルハム?うーん、馴染みのない通貨だ。
空港内でうろうろしてみたけど、観光案内とか観光パンフレットとか、そういうものが一切見当たらない。ドバイって観光が盛んじゃないのか?日本の空港だったらいやというほど観光案内があるのにな。

しかたなくメトロ(といってもほとんど地上を走るみたい)の駅に行ってみたが、そちらもそっけないぐらい情報がない。
近くにいた駅員を捕まえて「view point! where?」と畳みかけるように質問してみた。駅員は困った顔をして(そりゃそーだ)、「・・・Beach?」とつぶやいたので、「Beach! Yes!」と飛びついてみた。

というわけで、メトロに乗ってビーチサイド地区まで移動。いいのか、こんな適当で?
さて駅を降りてみたが、海が見えない。・・・あれ?
ひょっとして歩いて行ける距離じゃないのか?
ドバイと言えば、椰子の木の形の島。あれもこの辺にあるはずなんだけど・・・?

20100518_003まあいいや、とりあえず歩いてみよう、と歩き出した。
しかし、暑い。暑い。さすがは中東ど真ん中。
歩いている観光客など一人もいないところを見ると、やっぱり見当違いなのか?

40分ぐらい歩いてたどり着いたのは、寺院のような遺跡のようなところ。スークって、なんだっけ?市場?ショッピングモールみたいなものかな?
水辺もあって綺麗なところだったけど、営業時間前だったみたいで、掃除をしている人以外は誰もいない。

20100518_002残念ながら、ここで時間切れ。空港に戻らなきゃならなかった。
またドバイに来るときはちゃんと観光したいなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/05/15

花見サイクリング

20100515_001トルコ旅行はもう明後日なのに、旅行の準備はぜんぜんできていない。いいかげん荷造りを始めなきゃなと思っているのに、そういうときに限って最高に天気が良かったりする。coldsweats01
この天気で出かけないのはもったいなさ過ぎる!と、ちょっとだけ自転車で出かけることにした。bicycle

20100515_002向かったのは、白石サイクリングロード。
ちょうど桜が見頃を迎えていた。ここのサイクリングロードは所々に桜が植えられていて、隠れた桜の名所になっている。春のぽかぽか陽気の中、花見ウォーキングや花見サイクリングを楽しむ人で賑わっていた。cherryblossom
場所によっては、桜と白樺の並木が寄り添うように並んでいるところもあったりして、なんとも北海道らしい風景。

20100515_003滝野のサイクリングロードのほうでは、パツンパツンのスエットスーツを着込んでジョギングする人や、プロテクターで全身を固めてロードバイクで疾走するチャリダーなど、どっちかというと本気モードの人を多く見かけるのだけど、ここ白石の方はウォーキングをする人やママチャリダーが多く、どことなくのんびりした雰囲気だ。snail

わずか2時間程度のサイクリングだったけど、春の空気をたっぷり吸い込んだ気分。春はいいね~。note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/09

島武意海岸

天気が良かったので、「海さ、行くべ!」と車を走らせたのだけど、みるみるうちに曇ってきて、げんなり。down
思いつきで行動するのはいいけど、天気予報ぐらい見てくるべきだった。

20100509_002ともかく積丹岬の島武意(しまむい)海岸に着いた。ここは、渚100選に選ばれているぐらい風光明媚なところ。shine
ところが、ここに来てデジカメを忘れてきたことに気づいた。あっちゃーっ、今日はとことん詰めが甘いな。crying
しょうがないのでケータイのカメラで我慢する。

急な坂道を降りると海岸にたどり着いた。ここの海岸は火山岩やら石灰岩やら、不揃いな石がごろごろ転がっているので、とにかく歩きづらい。海はきれいだったけど、海岸にはたくさんの海草が流れ着いていて、むっとするぐらい磯臭かった。wobbly

20100509_001海の降りる道にはカタクリの花が群生して咲いていた。
そうか、もう春の花々が咲く季節なんだなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/07

歯医者

ただいま歯医者に通院中である。hospital

休みの間にやっておきたいことの1つが「歯の治療」だった。
普段だと忙しくてなかなか休みが取りにくいけど、いまだったら行き放題だ。いい機会だから、徹底的に直してもらおう。

冷たい飲み物がしみるところが一カ所あったのだけだったのだけど、ちゃんと調べてもらったら、ほかにも細かい虫歯がたくさんできていた。やっぱり歯医者通いをサボり過ぎだったみたい。sad

1回目は全体の診察と、上の歯石取り。
2回目は下の歯石取りと、虫歯の仮詰め。
3回目は虫歯の本詰め。

で、今日で4回目になる。
今日は親知らずの抜歯。いままでしぶとく生き残っていた歯がボッカリと抜けて大穴があいた。しばらくは違和感と痛みが残るだろうが、仕方ない。down

実はもう一カ所、親知らずがあるんだけど、そっちは旅行後に抜いてもらおう。
旅行中は歯の心配なんかしないで、思いっきり食べたいからね~。happy01


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/05/04

花見

今日は、mixiコミュのイベントとして、円山公園での花見に参加した。cherryblossom

20100504_001札幌人にとっては花見の場所の定番である円山公園だけど、俺はここで花見するのは実は初めて。
ここんとこ暖かい日が続いていたので、少しは桜も咲いているかな?と思ったけど、まだつぼみのままでちっとも咲いていなかった。むむ、残念。down

もっとも、北海道の花見は花より団子・・・じゃなくて、花よりジンギスカン。
基本的に道産子は焼き肉さえあればイベントが成立すると信じているらしい。happy01

20100504_002花見の参加者は、コミュのメンバーだけじゃなく、友達や、友達の友達など、果てしなくふくれあがり、50人近くの大所帯になっていた。これだけの大規模になると買い出しの食材の量も半端じゃない。焼き肉をじゃんじゃん焼いてもなくならない、なくならない。
ダッチオーブンによるパエリアなんかもあって、たらふく食べた。満足、満足♪restaurant

途中、TV局の取材がきていたが、社会的な立場を考え(笑)、カメラに映らない立ち位置をキープ。どんな感じで放送されていたのやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/05/01

サッポロファクトリーのガンダム

20100501_001買い物のついでに、サッポロファクトリーに立ち寄ってみたら、ガンダム関係のイベントをやっていた。

まず目を引いたのは、巨大な1/1のガンダム。
・・・といっても、頭だけだけど。頭だけでも人間1人分ぐらいはあるので、結構な迫力だ。shine

あとは1/10の歴代ガンダムたち。ガンダムがだいだい18mぐらいだから、1/10だとちょうど人間ぐらいの大きさになる。

20100501_002ほかにはプラモデルやおもちゃなどが展示されていた。
驚かされるのは、その客層の広さ。真剣なまなざしでプラモデルを見つめ、一枚一枚写メに記録している女子高生。母親に得意げに説明をする小学生。逆に息子に得意げに説明する親父たち。
こういうシーンを見ちゃうと、その歴史の長さを感じさせるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »