« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/28

トルコ行き準備

世間では明日からGWらしいけど、俺はそんなことは関係なく、トルコ旅行の準備を着々と進めている。
すでに航空券とホテルの予約も済ませてしまったので、後はのんびり細かい詰めをするだけだ。

予定している日程は以下の通り。

5月17日 新千歳→関空→ドバイairplane (機内泊)
5月18日 ドバイ→イスタンブールairplane (ホテル泊)
5月19日 イスタンブール観光後、夜行バスでカッパドキアへbus (車中泊)
5月20日 カッパドキア観光 (洞窟ホテル泊)
5月21日 カッパドキア観光 (洞窟ホテル泊)
5月22日 カッパドキア観光後、夜行バスでイスタンブールへbus (車中泊)
5月23日 イスタンブール観光 (YH泊)
5月24日 イスタンブール観光 (YH泊)
5月25日 イスタンブール観光後、イスタンブール→ドバイairplane (機内泊)
5月26日 ドバイ→関空→新千歳airplane

9泊10日という俺の人生でも最長の旅行になるのだけど、旅行会社を頼らずにすべて自分で予約するという無茶っぷり。だってツアーだと一人参加の追加料金がべらぼうに高いんだもの。weep
まあ、なんとかなるだろうさ。

これだけ長い日程なんだから、もっと欲張っていろいろ行った方が良かったのかも。
でも、トルコは意外と広いのだ。しかも交通の基本は長距離バスときている。
イスタンブールからカッパドキアまで、バスで12時間もかかるそうだ。となると、あまりあちこちに足を伸ばすと移動だけで時間をとられてしまう。それなら一極集中でじっくりのんびり観光した方がいいだろう。幸い、イスタンブールもカッパドキアも見所には困らなさそうだし。

後はトルコ語を勉強しなきゃな。カタコトでもいいから現地語を学んでから行くのが、オレ流の海外旅行なのだ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/04/25

日本丸に乗る!

苫小牧港に大型帆船の日本丸が寄港しているというので、観に行ってきた。ship

20100425_001今の日本丸は2代目で、初代は横浜の山下公園のそばに展示されている。ちなみに、日本丸には海王丸という姉妹船があり、その初代は富山新港に展示されている。正月実家に帰ったときに海王丸を観てきたので、これで日本丸I世&II世、海王丸I世の3つを観たことになるわけだ。

20100425_002実物を見るとやっぱりとてもでかい。メインマストの高さは43.5mもあるそうで、これはレインボーブリッジをくぐれるギリギリの高さに設計されたそうだ。
日本丸は「航海練習船」という位置づけになっていて、昨日はすべての帆を張る練習が行われたそうなのだけど、残念ながら今日はすべての帆をたたんだ状態。うーん、帆船と言うからには帆を張ったところを観てみたかったなぁ。down

マストにはたくさんの滑車が取り付けられ、ロープが縦横無尽に張り巡らされていた。練習船ということもあってか、すべての帆は船員たちがロープが引っ張って人力で張るそうだ。これだけでかい船だと、帆を張るのも半端じゃなく力がいりそうだ。だからそうそう張ったりたたんだりはできないのだろう。dash

20100425_003帆船は観ているだけでわくわくしてくる。「パイレーツ・オブ・カリビアン」に出てくるような海賊や、大航海時代の商人たちに思いをはせてみたりして・・・。shine

日本丸は明日苫小牧を出港して、一週間かけて北九州の門司港を目指すという。
「帆船は漢のロマンだ!!」とはいうものの、今の時代に乗りこなすにはとっても大変なんだろうなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/21

映画「アリス・イン・ワンダーランド」

Alice
今日はメンズ・デーということで、映画「アリス・イン・ワンダーランド」を観てきた。

以前、「アバター」を観に行ったときに予告編を見ていたのだけど、そのときに「3Dのチェシャ猫、すげーーーっ!!」と感動したので、絶対に観に行こうと決めていたのだ。

で、見た感想。
やっぱり、映像がすごいっ!!flair
3Dはこういうファンタジーの方が向いているな。

とくに動物たちの生き生きした感じは3Dならでは。
ニタニタ笑いのチェシャ猫や、懐中時計を持って走る白ウサギ、それから、女王の家来のカエルとか。仕草もユーモラスで見ていて楽しい。この辺はさすがディズニーといったところか。

しかし、ストーリーは単純というか、安直というか、やや物足りない感じだった。down
後半のドラゴン退治に至っては、なんでこれが「不思議な国のアリス」なの?と思わずにはいられなかった。
なんでも「鏡の国のアリス」にドラゴンのような怪物が名前だけ登場するらしいけど。うーん、「鏡の国の~」は読んだことないんだよな-。それにしたって、どう間違ったらそいつをアリスが倒す話になっちゃうんだか。

監督のティム・バートンは「小さな女の子が奇妙なキャラクターの言いなりになって彷徨い歩くだけのストーリーにはあまり魅力を感じない」と語っているそうだ。つまり、この映画のテーマは「成長と自立」。大人となったアリスが空想と決別し、現実の問題と向き合うこと。
まあ、それはわかるんだけど、その象徴的なイメージが「ドラゴンを剣で切り倒すこと」なのだとしたら、ずいぶん西洋的な解決方法だな、おい。coldsweats01

あと、この世界では赤の女王と白の女王が対立しているんだけど、アリスは白の方に味方することになる。
赤の女王は、身体的なコンプレックスを抱え、わがままで残酷で高圧的。それに対して、白の女王は美しくて善良で物腰柔らか。でも、「私は誰も殺さない」と言いながら、他人には平気で殺しを頼む「ずるい大人」だったりするんだよな。

アリスが赤の女王に敵対したときに、なんとなく違和感を感じたんだが、その理由がわかった気がする。赤の女王って、子供っぽい少女時代のアリスそのものなんじゃないか?昔の自分をぶっ倒して「成長」?なんかそれは違う気がする・・・。

違和感と言えば、ジョニー・デップ演じる帽子屋もなんかへん。そもそも原作ではそんなキャラクターいたっけ?と思うぐらいの影の薄い役だったはず。それがいきなり主役級のキャラクターに変身しているのは、やっぱり「無理矢理ラブ要素入れました」って感じがする。思えば、原作の「不思議な国のアリス」には、恋愛って要素が全く存在していなかったもんな。いまさら、ラブのない映画は作れないってことなのかなー?

ま、いろいろ言いたいことはあるけど、チェシャ猫が可愛かったのでよしとする。happy01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/20

働かないマン

休業が始まって1週間が過ぎた。

その間、特に普段と変わったことをするわけでもなく、いつもの休日の延長のように、ただ淡々と日々を送っていた。そんな自分自身に一番驚いている。

でも、その生活のせいか、高揚することもなく絶望することもなく、心は至って平穏だ。
いやいや、そんなことをしているのは、無意識のうちに守りに入っている証拠。自分が思っている以上に、精神はダメージを受けているのかもしれないな。hospital

以前、ラーメン屋でちょっとだけ読んで、続きが読みたいと思っていた、漫画「働きマン」全4巻をブックオフで買ってきて、一気に読破した。

うーん。心にしみるなぁ。
働く意義って何だ?人は何のために働くんだ?
そんなことを働いてない今、考えてみたりする

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/14

自由生活

せっかく自由の身になったのに、天気がずっと悪くて凹む~。down
昨日は雨rainだし、今日は雪snow。風も強いし、出かける気にならないよ。

毎日が休みだと、生活習慣が乱れがち。早寝早起きを心がけないと体壊しそうだ。
食事も自炊中心にして、食費を抑えないとなー。riceball

とりあえず海外旅行でも行ってこようかと、思案中。
いまのところ、最有力候補はトルコ。ヨーロッパ圏の割には安いし、エキゾチックな雰囲気に魅力を感じる。世界遺産もたくさんあるので見所も多そうだ。

ネットでトルコツアーを調べてみると、だいたい15~20万円ぐらい。4~5月はとくに安いし、天候もいい。旅行するには絶好の時期みたい。

でも、よくよく見てみると、一人参加だと数万円プラスされてしまうところがほとんど。世間は「おひとりさま」ブームだというのに、旅行業界は独り者にはとことん冷たい。weep
こうなりゃ、自分で全部手配してしまおうか?いまや、ほとんどのホテルや交通機関はネットから予約できる時代なんだし。

うーん、迷うなー。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/12

毎日が日曜日!

まったく予想外の事態がやってきた。

札幌に帰ってきたものの、当分の間、仕事の入る当てがないので、しばらく「休業」することになった。つまりは、会社に「暇を出された」わけだ。
給料は何割かカットされるが、会社に行かなくても良くなった。

わお。夢のような話じゃないかshine
養う人もいないし、ローンも特にないんだから、一人ならなんとでもやっていけるさ。

でもこれって、たしか雇用安定助成金とかいうやつで、税金から捻出されているんだよな?
ひょっとして、これが社会に寄生して生きる身分ってやつか。coldsweats01
まさか自分がそういう立場になるとはなぁ。

まあ、悲観的になってもしょうがないので、のんびりやるさ。snail
とりあえずは、どこかへ行こう。旅行の計画を立てなくっちゃ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/04/06

臨戦態勢

ようやく東京出張を終えて帰ってきたものの、会社の状況は予想以上に厳しくなっていた。down

知らない間に東京に転勤になった人や、長期出張になった人がごろごろいるのだ。shock
この状況で、仕事のないまま札幌に帰ってきたのは、はっきりいってヤバイ。飛んで火に入る夏の虫、いや、まな板の上の鯉か?
帰ってきたばかりなのに、またどこかに飛ばされる可能性が高い。

うーん、このピンチ。どうやって乗り切ったらいいんだ~。sad

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/04/01

4月の正直

そう言えば、今日はエイプリルフールだったっけ。
すっかり忘れていたなぁ。

でも、どうせ世の中に嘘なんて満ちあふれているんだから、むしろ、「今日一日は嘘をつかない日」を作ればいいのに、と思う。

人間にはいろんな美徳がある。ほとんどの美徳は人間として成長するにつれて、育まれていくものだと思うんだけど、「誠実」っていうやつだけは、成長するにつれてどんどん失われていくような気がする。(まあ、子供の頃にそんなに正直だった覚えもないんだけどね。)
だから、神様がなにか一つだけ美徳を与えてくれるとしたら、「誠実」が欲しい。
でも、そのときになったら、心に嘘をついて別のものを求めてしまうかもしれないけど。

嘘の付き方なんて、もう忘れてしまったよ・・・と、さらりと言える人間に私はなりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »