« 飯がまずくなる | トップページ | 箱根でまったり »

2010/03/12

東京公園巡り 井の頭公園編

今日はいい天気だったので、会社をサボって(!)、井の頭公園へ行った。

井の頭公園が今まで後回しになっていたのは、理由がある。
井の頭公園は、その名のとおり、京王電鉄の井の頭線を使っていけるのだけど、うちからだと結構遠回りになってしまうのだ。それならいっそのこと、直接歩いていこうと思ったわけ。
うちからだとおよそ6kmほど。歩けない距離じゃない。

家を出るのがちょっと遅れてしまい、公園についたのは午後になってからだった。
井の頭公園は、正式な名前は、井の頭恩寵公園といい、徳川将軍家ともゆかりが深い公園だそうだ。
ただ、いまはひょっとしたら、隣の「三鷹の森」にある「ジブリ美術館」のほうが有名かもしれないが。coldsweats01

20100312_001井の頭公園は、池に沿って作られた長細い形の公園だ。
大きく分けて、弁財天の社のある西側と、貸しボートのある東側があり、橋を挟んでまったく趣が異なっている。井の頭公園というと、なんとなくボートのあるイメージがあったのだけど、それは東側だけの話で、西側は静かで落ち着いた感じがあった。
他には有料ゾーンもあり、ミニ動物園のようになっているらしいのだけど、今回は時間の関係でパスした。

20100312_002平日だというのに、公園は多くの人でにぎわっていた。数は少ないけど、河津桜や梅なども咲いていた。
俺は、池の鴨たちを眺めていた。カルガモ、ハシブトガモ、キンクロハジロにカイツブリ。北海道では見たことのない鴨の種類が多く、なかなか楽しめた。
とくにキンクロハジロが気に入った。金色の目に少し青みがかった黒い体と、白い羽。まさに名前どおりの鮮やかな配色だ。頭の後ろにひょろっとでた飾り羽もおしゃれな感じだ。

20100312_003「井の頭」という名前は「湧き水の多いところ」という意味だそうだ。昔はとてもきれいな池だったんだろう。
しかしそれも今は昔。「井の頭復活プロジェクト」と題して、池の数箇所には炭素繊維をぶら下げたイカダが設置されていた。これでバクテリアを繁殖させて水を浄化させるつもりらしい。かつての清らかな泉も、いまはハイテクが頼りとは。時代の流れを感じるなぁ。

|

« 飯がまずくなる | トップページ | 箱根でまったり »

コメント

いいなあ~~・・・あったかそうだねえ
こちらはまだ、雪が降るし、昼間は溶けて
びちょびちょだし、こんな気持ちよさげな
お散歩は、まだまだ先だよ~~

ほんとだー
こちらと、いる鳥さんがちがうんだねー(@@)
・・あたりまえか(笑)

投稿: ゆりちゃん | 2010/03/19 07:33

> ゆりちゃん

確かにこの時期の北海道は中途半端で今ひとつですよね~。春スキーとかする人はいいんでしょうけど。。。coldsweats01

こちらは暖かくて天気も良いんですけど、自然までの距離が遠くて疲れちゃいます。dash

投稿: どげざ(管理人) | 2010/03/19 23:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63573/47814055

この記事へのトラックバック一覧です: 東京公園巡り 井の頭公園編:

« 飯がまずくなる | トップページ | 箱根でまったり »