« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010/01/31

出張前夜

いよいよ明日から東京出張だ。
荷物はほとんど宅配便で送ってしまったので、もう準備するものは特にない。

出張の時は何を持って行こうかいつも悩む。
一ヶ月以内の期間であればすべての娯楽は我慢して、本当に最小限の荷物しか持っていかないのだけど、今回は短くても二ヶ月以上。当然、あれもしたいこれもしたいと欲が出てくる。

実際に荷造りをしてみると、意外に大荷物になってしまうことがわかって、涙をのんでデスクトップPCだけを持って行くことに決めた。とりあえずこれさえあれば、TVも見られるし、DVDも視られるし、ネットもゲームできる。レオパレスに備え付けてあるTVが地デジに対応しているのかどうかわからないけど、どちらにしても録画はできなさそうだからな。

今夜も外は吹雪のようだ。
あっちに行ったら、雪なんてなかなかお目にかかれないだろうなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/01/28

暖冬はお肌が荒れる

雪ボラも今日が最終日。snow

100128_01本日の担当は、まる子の親友、たまちゃんのメガネeyeglassだ。
メガネは眼鏡っ娘の命!shine
つまり一番大事な場所を任されたことになる。せ、責任重大だぁ。sweat01
と言っても、実はそんなに難しい造形はない。円形に平らになるように雪を盛っていくだけだ。

今日は暖かい日だった。
雪像制作にとって一番の敵は暖気だ。雪像は溶けてしまうし、雪がボロボロ崩れて、細かな細工が出来なくなってしまう。

100128_02雪像の表面が所々、黒ずんでしまっている。雪が溶け出して氷状になっているのだ。これでは「真っ白な」雪像にはならない。
そういうところは、削って新たに雪を盛り直すのだけど、厄介な暖気は新しく盛った雪までもすぐに溶かしてしまう。これではきりがない。sad
美白~、美白~」ただ呪文のように念じながら、雪を貼っていく。

雪の女王の美しさは、寒さあってもの、なんですなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/24

雪との格闘

昨日に引き続き、雪ボラに参加した。

100124_01今日は、まる子の頭から前髪にかけての「雪貼り」をした。
「雪貼り」というのは、雪に少量の水を含ませたもの(通称、シャーベット)を雪像の表面に貼っていく作業だ。シャーベットに使われる雪は、中山峠や滝野霊園、札幌新港など札幌の郊外から遠く運ばれてくる。街中の雪とは違い、とても綺麗で貴重な雪だ。雪像でお客さんの直接目に入る部分はすべてこの綺麗な雪でコーティングされているのだ。shine

雪を手で押しつけるように貼っていくのだけど、ずぅーっとやっていると手首がめちゃ疲れてくる。今日はひたすら「雪貼り」の作業だったので、夜に作業が終わる頃には、手がじんじんと痺れるように痛くなっていた。sad
おまけに中腰の姿勢を取っていたことも多かったので、背中は痛いわ、足は痛いわ、大変だ。

普段使わない部分の筋肉が多いとは言え、やっぱり身体がずいぶんなまってしまっているなぁ。down

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/23

雪ボラ、開始!

今年も、さっぽろ雪祭りの雪像制作ボランティア(通称、雪ボラ)が始まった。snow

場所はいつもの大通10丁目だけど、今回はスポンサーがSTVからUHBに変更になったそうだ。
それに伴って、雪像のテーマも変わったらしく、なんと「ちびまる子ちゃん」!!happy01

100123_01今までの雪ボラでの雪像は、動物や建造物がメインだったので、今回のように人物、しかもアニメのキャラクターがテーマというのは初めてだ。
「ちびまる子ちゃん」はみんなご存じの通り、至ってシンプルな造形になっているので(笑)、腕の振るい甲斐はないけれど、そのぶん微妙なバランスが難しそうだ。

100123_02粘土の模型を見たときに、まず思ったのが「えっ、これって本当に立つの?」ということだった。coldsweats01
だって、ちびまる子ちゃんってば思いっきり3頭身足らず。重心が極めて高い位置でいらっしゃる。でも、よくよく見れば、頭は背景の学校の校舎に半分めり込んだ形になっていた。なるほど、この方法ならなんとかいけるかも?

100123_03今日の作業はたっぷり夜まで続いた。久しぶりの雪像制作で、身体のあちこちが痛い。
さすがに雪ボラは体力勝負だなぁ。明日も頑張らなくっちゃ。run

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/01/20

東京行き決定

去年から話には出ていた、東京への長期出張が決定した。down

期間はまだはっきりしていないけど、2月から半年間ぐらいになりそう。その間はマンスリー・マンションに住むことになる。札幌の自宅は残したままになるので、その気になればいつでも戻ってこれるけど、交通費は自腹になりそうなので、せいぜい月イチが限度だろうなぁ。sweat02

この時期、マンスリーを探すのは至難の業だ。交通の便が良くて安いところはすでにほとんど埋まってしまっている。
結局、神奈川から1時間ほどかけて東京に通うことになりそうだ。首都圏のラッシュはモノスゴイので、毎日満員電車ですし詰めになるのだけは、勘弁して欲しいなぁ。wobbly

う~ん、東京かぁ。
今更、東京と言っても、あまり行きたいところとか無いんだよね。
とりあえず、上野動物園はもう一度行きたい。あと、建設中のスカイツリーも観たいかな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/01/15

酷寒

夜遅く会社から帰ってきて、ストーブを付けようとしたら、、、灯油が切れていた。down
なんてこったい。

スタンドまで灯油を買いに出かけようかとも思ったが、車に雪がごっそり積もっていて、除雪しないと車も出せない。そんな気力はもちろん無い。coldsweats01
しょーがない、今夜はなんとかやり過ごそう。

カーボンヒーターを引っ張り出してきて点けてみたが、いかんせん火力が弱すぎる。ヒーターの目の前しか暖かくならない。うーん、たくさん着込むしかないかー。
ううっ、さむい。

さらに。
トイレの便器に氷が張っていた。penguin

これはひょっとして、やばいんでは?
天気予報を見てみたら、明日の最低気温は-9℃。そりゃ寒いわけだわ。snow

水道管が凍り付いたら洒落にならないので、念のため、水抜きをしてから寝ることにした。
今年は暖冬になるなんて言ってたヤツはどこのどいつだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/11

初滑り

三連休の最終日、滝野すずらん丘陵公園へ初滑りに行ってきた。ski
ま、俺がするのは「歩くスキー」の方なので、「初滑り」と言うよりは「初歩き」だけど。

100111_01ここんとこの大雪で、スキー場の雪量も申し分ないぐらいになっている。
滝野には緩やかなゲレンデしかないので、基本的には親子連れをターゲットとしているようだ。また、スキーだけではなく、そりやチューブライダーなども人気がある。チューブライダーはなかなか見た目は面白そうなんだけど、子供たちがたくさん行列を作っている中で、おっさんが1人だけ混じるのもかなり恥ずかしいので、涙をのんで我慢する。weep

100111_02滝野の歩くスキーのコースはきちんと整地されているし、園内放送がけっこう五月蠅いので、自然にとけ込んで冬の森の静寂を楽しむというのは難しい。でも、コースを奥に進むにつれて、アナウンスの声が次第に遠ざかっていくのは、ちょっと楽しい。
ただ、奥ほど気温も下がるみたいで、入り口では-2℃ほどだったのに、森の奥地だと-6℃を下回っていた。うー寒いっ。snow

閉園時間ぎりぎりまで歩いたら、けっこう汗だくになった。
正月になまった身体に活を入れるには良さそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/10

ノースサファリサッポロ

以前から気になっていた、「ノースサファリサッポロ」へ行ってきた。

ここは、サファリパークというよりは、動物とのふれあいをメインとした、ミニ動物園と言った方が近い。こぢんまりとした施設である。

ほとんどの動物に触れることが出来るというのが売りなのだが、すべての動物たちが大人しく触らせてくれるわけではない。下手に近寄ると、逃げていったり、威嚇してきたり、噛みついたりする。そこも含めて「自己責任」ということなんだろう。ふれあいにはそれなりの根気が必要である。

100110_01設備自体も、動物園に比べれば簡素そのもの。動物の柵の中には簡単に入れるし、暖房も電気ストーブが無造作に置かれているだけだったりする(!)。暴れたりするような動物がいないからだろうけど、動物たちがすごく人間に近い位置にいる気がした。

面白かったのは、ニシキヘビのふれあい体験。
ニシキヘビを肩と背中に乗っけてくれるのだけど、はっきり言って重いっ。なにしろ20kgもあるそうなので。鱗がとてもすべすべしてて想像以上に気持ちいい。shine
蛇をペットにする人の気持ちが今まで理解できなかったけど、これならありかも?
そう思っていたら、飼育員の女性が「この子が本気で締め付けたら、人間だったら3,4秒で墜とせるんですよ」と嬉しそうに解説してくれた。・・・やっぱ、蛇はなしだな。coldsweats02

100110_02人になつきやすい動物ばかりを集めているんだろうけど、そんなにフレンドリーなヤツばかりじゃない。
ペンギンの背中に触ったら、思いっきりくちばしで突かれた。痛い。annoy
それだけではない。
ミーアキャットにはガブリ!痛たたた。wobbly
フクロモモンガにもガブリ!痛たたたたた。wobbly
噛まれすぎ。いくら自己責任とはいえ、これでは身が持たない。これ以上触ると手が傷だらけになりそうなので、その後はウサギで遊んでいた。ぬくぬくで気持ちがいい。

今回はちょっと駆け足だったけど、もう少し時間があったら、もっと触れたのになぁ。動物はなかなか難しい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010/01/04

海の貴婦人

海岸沿いを歩いて、「海王丸パーク」へやってきた。
ここは、「海の貴婦人」とも呼ばれた、海王丸を常時展示している公園である。

100104_06駅に貼ってあったポスターの堂々とした帆船の姿を期待していったのだけど、実物は帆が張られていなかった。どうやら特別なイベントの時しか帆は張らないようだ。ちょっとがっかり。down メンテナンスや安全性のことを考えたら、仕方ないのだろうけど。

正月にかけて降り積もった雪が、びちゃびちゃに溶けてしまっているのには閉口した。wobbly 一応、冬靴を履いてはいたのだけど、北海道の「溶けない雪」を前提としているので、あまり防水性能は高くなかったようだ。次第に水が浸みてくるので、ほどほどにして退散することにした。

100104_07帰りは万葉線の路面電車に乗った。通称、「アイトラム」と呼ばれているこの車両は、富山市内と富山港を結ぶ「ポートラム」とよく似ている。路面電車とは言っても、一部はJRの廃線後をそのまま使用しているので、実質「路面」なのは高岡市内だけのようだ。
第3セクターが引き継いだ路線というと、赤字なのが当たり前になっている。「ポートラム」は予想に反して(?)好調らしいけど、この路線は大丈夫なんだろうか?

100104_08ほどなく港に着き、再び渡船に乗って、元来た東側に渡った。もうすっかり夕暮れだ。ちょっと肌寒い。
今日は本当に海三昧の一日だったなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

富山新港 ベイクルーズ

岩瀬浜から富山市を西へ通過し、射水市へ。
富山新港へやってきた。
外国籍と思われる巨大なタンカーが港内を悠然と航行している。あれはロシア船だろうか。

100104_03港の縁をうろうろ歩いていたら、小さな渡し船を見つけた。どうやら港の対岸まで運行しているみたいだ。
値段を見てみたら、なんと無料!flair
それは乗らねばならん!(笑)

とても生活臭のする渡し船だったのだけど、普段利用している人はどういう人なんだろう?あまり行き来する需要があるようには思えないのだけど。
一緒に乗った人は6人ほど。観光客っぽい人と地元民っぽい人が半々ぐらいだろうか。

100104_04いまちょうど富山新港を横断する橋を造っているらしく、巨大な柱だけが海の中にそびえ立っていた。かなり立派な感じだから高速道路か一般有料道路になるのかもしれない。
橋が出来れば、おそらくこの渡船も廃止されるのだろう。それまでの間は、市が費用を負担しているらしかった。
ちょうどいい時期に乗れたかもしれない。

100104_055分ほどのあっという間のクルーズも終わり、対岸へやって来た。
ちょうど、港の前に路面電車がやって来ていた。この路線は万葉線と言って、ここから高岡市までを結んでいるらしい。同じ富山県内に二つも路面電車の路線があったなんて意外だった。

ここから海王丸パークまでは、歩いてもすぐの距離だ。路面電車は帰りに乗ることにして、往きは歩きで行こうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山 シーサイド ドライブ

正月の三が日も終わり、今日はまったくのフリーの日。
母親の車を借りて、海岸沿いのドライブrvcarに出かけた。

黒部から魚津までは、海岸沿いの道、通称、蜃気楼ロードを走った。
天気はいいが、風が強い。波もかなり高かった。wave

100104_01_2滑川の道の駅にある、ほたるいかミュージアムで昼食をとった。
レストランからは、海が素晴らしくよく見える。いわゆるオーシャン・ビューというやつだ。見れば、波間にサーフィンを楽しんでいる若者達が大勢いた。
うーん、このへんもずいぶん変わったなぁ。俺が地元にいた頃は、サーフィンなんてお洒落っぽいものは全くなかったような気がするんだが。

昼食に頼んだのは富山名物、白エビの天ぷら丼。なかなか美味。shine
(申し訳程度に付いた)ホタルイカの沖漬けとわらび餅もGood!だった。lovely

100104_02さらに海沿いを進んで、岩瀬浜へ。
「立入禁止」の立て札を華麗にスルーして、海釣りに興じる釣り人を横目に見ながら、のら猫たちを眺めていた。
釣り人のおこぼれを狙っているのか、やたらと猫が多い。入れ替わり立ち替わり、6,7匹は見たような気がする。寒空の下、のどかなんだか、寒々としてんだか、よくわからないが。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/01/02

今年中にやりたい7つのこと

あけましておめでとうございます。
まだ新年という実感はないけれど。。。

今年の抱負というわけじゃないけど、今年やりたいことを思いつくまま書いておこう。

1.海外旅行

去年、念願のパスポートを取ったので、今年もどこかに行きたい。今のところ特に決まった候補はないけど、トルコ、オーストラリア、中国、カナダあたりがいいかなぁ。

2.テントの購入

1~2人用の小さいテントを買って、キャンプできるようにしておきたい。ザックに積んで泊まりがけの登山をしたり、自転車に積んで遠出したりできたらいいな。

3.徒歩または自転車のみの旅行

近頃は自動車や電車の旅行ばかりだったので、旅の原点に返るという意味で自分の足だけを使って旅に出たい。スローライフならぬ、スロートラベル?

4.空を飛ぶ

前からやりたいと思っていたパラグライダーを今年こそやってみたい。本格的にやるならお金もかかるし危険だろうけど、体験でやるぐらいならガイドと2人乗りだし、なんとかなるかも。

5.モバイル環境の充実

今月、ウィルコムの新機種が出たらそれに機種変更するつもりだ。ハイブリッドW-ZERO3を無線LANルータ化すれば、ネットブックも今まで以上に使用範囲が広がる。面白い使い方ができそうだ。

6.FF14開始

今年始まるというFF14もやりたい。今までのFF11はPCで遊んでいたけど、次はやっぱりPS3かなぁ。いろいろと忙しくなりそうだから、どれだけやりこめるかわからないが。

7.彼女作る

・・・えっと、突っ込みはなしでお願いします。

どこまでできるかわからないけど、マニフェストは修正可能ということでよろしく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »