« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/30

そうだ、鎌倉に行こう。

とっくに冬になってしまった北海道と違って、本州はまだまだ紅葉のシーズン。maple
けれど、京都の宿はいまからとるのはもう無理。ならば、ということで近場の鎌倉に行ってきた。

091129_01鎌倉も紅葉がもう始まっていて、ごった返すと言うほどではないけれど、そこそこ混雑はしていた。

それにしても今日は寒い。昨日とは打って変わって肌寒くなったようだ。風邪を引かないように注意しなければ・・・。wobbly

091129_02今回は北鎌倉を中心に廻った。
まずは円覚寺。それに、東慶寺と浄智寺も。欲張らずに一つ一つの寺をじっくり見てまわった。寒暖の差がそれほど大きくないせいか、紅葉の鮮やかさは最高とは言えないけれど、まあ十分きれいだ。

091129_03鎌倉の弱点は、食事をするところがとても少ないことだろう。たまにある懐石料理などの店はびっくりするぐらい高いし。どこかほかの場所で食事を済ませてから、鎌倉に向かうべきだった。結局、夕方まで食事にありつけず、空腹を抱えたまま寺巡りする羽目になってしまった。crying

夕方になってますます肌寒くなってきたので、早々に引き上げた。
たまにはこういうのんびりしたのもいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/28

パンダのいない動物園

前日の飲み会の影響で、今日は昼起き。

まだ眠気の残る頭でどこに行こうか考えた。
いまさら東京といっても、行きたい場所なんて特にないんだよなー。

091128_01とりあえず上野動物園にでも行くか。
実は、上野動物園に行くのは今回で2回目。前に行ったのは俺が小学生の頃で、初めての東京旅行のときに両親に連れられてきたのだ。
そのときの記憶はほとんどない。ただ、ものすごい人の波と、その隙間の檻の向こうに見える白と黒の生き物、つまりパンダ、をかすかに覚えている。
残念ながら、パンダはいま上野にはいない。

「客寄せ」がいない動物園は、それでもかなり賑わっていた。これなら、年間一億円払ってパンダを借りる必要なんてないんじゃない?と思わせるぐらい。

091128_02入り口からほどないところで人だかりができていた。
カワウソだ。flair
面白いことにカワウソたちが放されているプールからアクリルのパイプが伸びていて、これまたアクリルの檻につながっている。カワウソたちはこの間を自由に行き来できるようになっている。

言うまでもないけど、この展示、旭山動物園のあざらし館がモデルになっているそうだ。カワウソたちも頻繁にパイプを渡ってきて、目の前で魚をガジガジかじっている。その度に観客からは歓声が上がるのだ。
やっぱり行動展示というやつは良くできている。こんななんでもないカワウソたちを一躍スターにしてしまうのだから。happy01

091128_03あと、感心したところではライオンや虎などの猛獣の展示。よくあるコンクリートの檻ではなく、十分なスペースをとって岩や木を設置して森のようになっている。猫族の好む暗がりもちゃんと用意しているところも素晴らしい。
こういうのはそれなりにお金をつぎ込まなければ作れないので、さすがは上野動物園と思った。

入園したのが遅かったので、半分も見ないうちに閉園時間になってしまった。
もう一度、じっくり時間をかけて来たいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/24

東京出張

今日から2週間、東京に出張だ。
久しぶりの東京はやっぱり人が多くて、気疲れしてしまう。sad

091124_022週間住むことになるウィークリーマンションは、思った通りしょぼかった。bomb
窓はびっくりするぐらい狭いし、テレビはアナログでブラウン管。目覚まし時計すらおいていない部屋なのに、棚を開けると調理道具や掃除機があったりするから、よくわからない。掃除はともかく、この狭苦しい部屋で調理する気にはならないだろ、普通?down

091124_01夕食は駅前のリンガーハットで長崎ちゃんぽんを食べた。
飲食店や買い物には不自由はしなさそう。これはさすが東京と言える。
あまりのんびりする余裕もなさそうだけど、まあ2週間がんばろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/22

冬の海と夏の魚

091122_02ダイビングもすっかり冬シーズンに入った。wave
寒い中潜るのは正直言って億劫なんだけど、寒い時期ほど透明度は良くなるし、この時期にしか見られない生き物もいる。気力を振り絞って出かけた。dash

この時期にしては海は穏やかだったし、天気も良い。潜るには悪くないコンディションだ。

水に入るとやっぱり冷たい。かき氷を食べたときのように頭がきーんと痛くなる。いてててて・・・。bearing

091122_01アイナメのオスは金色の婚姻色に変わり、孵化する寸前の卵を守っていた。隙をうかがってちょっと覗いてみたら、すでに目玉が見えている。すぐにも生まれそうだ。flair

スズメダイはまだしぶとく生き残っていた。水温がそれほど下がっていないせいだろうか、まだ動きも鈍くなっていない。このぶんだとまだしばらくは生き続けていそうだ。

091122_03ブイに繋がれたロープに寄り添うようにして、アミメハギがいるのを発見。この魚がこの時期に見られるのは珍しい。動きがちょこまかしてかわいいけど、写真を撮ろうとするとすすすっとロープの反対側に逃げ込むので、なかなか撮らせてくれない。うーむ。

091122_04さらには、コケギンポも発見。こいつも時期はずれだなぁ。全体的にシーズンの移り変わりが遅れているような気がする。積丹も水温上昇していたりするのだろうか?up

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/21

ユニクロ詣り

ユニクロが創業60年を迎えたそうだ。shine
その感謝祭として一部の店舗が朝6時からオープンするのだが、6時前から並んだ人にはなんと「あんぱん」と「牛乳」を無料配布するそうなので、ちょっと行ってきた。happy01
もちろん、あんぱんに飢えているわけじゃなくって、こういうお馬鹿なイベントが好きなだけなんだけど。

091121_01それにしても、最低気温が氷点下に達するこの時期の北海道で、朝6時前から並ぶのはけっこうきつい。4時半に起床して5時過ぎに家を出発。あたりはまだ真っ暗だ。night
5時20分ごろに到着したので、しばらく車の中でやり過ごそうと思ったら、すでに駐車場は半分以上埋まっていた。wobbly
おいおい、どうなってんの?
慌てて行列に並んだけど、すでに長蛇の列。しかもその後も車がじゃんじゃんやって来て、見る見るうちに列の長さが数倍に膨れあがっていく。

みんなそんなに、あんぱんが欲しいのか。

残念ながら、あんぱん&牛乳の配布は先着100名のみだったので、俺は受け取れなかった。down ただし、先着200名には引っかかっていたらしく、「ヒートテックを3点まで600円で購入できる」整理券をゲットできた。
おそらく大多数の人のお目当てはこれだったんだろう。大人気のヒートテック熱は一段落したものと思っていたのに、この盛況ぶりは流石としか言いようがない。

せっかくなので、俺もヒートテックをしっかり3着購入した。
ヒートテック製品を買うのは実は初めて。ヒートテックは年々機能の強化が行われているそうで、今年は「静電気防止」と「形状保持」の機能が追加されたそうだ。

091121_02眠くて頭がくらくらしてきたけど、特売品を探して店内の物色。感謝祭の期間限定で、通常の半額ぐらいで買えるものもある。フリースやパーカーなどを買い込んでおいた。

気がついたら外は雪が降り出していた。snow
今年の冬はユニクロにずいぶんお世話になりそうだなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/15

違法コピーは犯罪です

あ~あ、何やってんだか。annoy

道庁の違法ソフト4700本 1億4千万円新規購入へ(北海道新聞)

 道職員が使用するパソコンに違法にコピーしたソフトが使われていた問題で、道は14日、少なくとも約4700本の不正使用があったとし、製造元であるソフトウエア大手のマイクロソフト社に対し約1億4千万円を支払い、新たにソフトを購入することを明らかにした。他のソフト会社とも協議しており、総支払額は数億円に膨らむ可能性もある。

お役所がこんなことじゃあ、示しが付かないだろ。down
そもそも、オフィスなんて普通はインストール済みのPCをリースするものじゃないの?うちの会社なんかは、ライセンスをまとめて購入しているので、いちいちインストールしているけど、むしろ例外的だと思っていたんだけどなぁ。

「職員の著作権に関する意識が低く、コピーが違法だと認識してないケースも多かった」という「釈明」については、あきれるほかない。そんな職員はとっととクビにしろって。dash

会津若松市が、経費削減のためにOpenOffice.orgを導入したことが話題になったけど、道庁も検討した方がいいんじゃないかな。どうせそんなに凝った資料はつくらないんだろうし。

会津若松市がOpenOfficeの全庁導入を決断、850台が対象(@IT)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/12

ケータイもハイブリッドの時代

Hyblid001_sケータイを紛失してから長い間辛抱してきたけど、ようやく待望の新機種がでた!flair

PHS/W-CDMA対応でWindows Mobile 6.5搭載「HYBRID W-ZERO3」(ケータイWatch)

 ウィルコムは、PHSとW-CDMAに対応し、別売のW-SIM型のGSM/GPRSモジュールを装着すればGSMエリアでも利用できるシャープ製スマートフォン「HYBRID W-ZERO3(ハイブリッド ダブリューゼロスリー)」を2010年1月に発売する。

PHSとW-CDMAに対応した、いわば「現代版ドッチーモ」と言ったらいいのだろうか。通話はPHS、データ通信はW-CDMAで行うらしい。W-CDMAの回線部分は、ウィルコムがNTTドコモから間借りしているので2つのキャリアのハイブリッドとも言える。
PHSの弱点である、通信速度の遅さと通話エリアの狭さをFOMAでカバーするなんとも贅沢な構成。

BluetoothやGPS、モーションセンサーなど、今時の機能が追加された一方、ワンセグやお財布機能は削除された。どうやら、海外でも販売することを考えて日本独自の仕様を徹底的に省いたのだろう。

しかし一番の問題は、W-ZERO3の重要なアイデンティティの1つである、キーボードがないのだ!う~ん、これは痛い。親指でメールの打てない旧世代の人間にとっては、致命的かもしれない。downdown

だからと言って、もうすっかり時代遅れになった機種を使い続けるというのもなぁ。
どうしたもんやら。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/11/03

雪とハマナス

091103_02札幌にも先日初雪が降り、いよいよ冬到来である。snow
無性に冬の海が見たくなった。ちらつき始めた雪の中、石狩浜へ。

街中だとすぐ溶けて消えてしまう雪も、ここでは十分に積もっていた。雪に覆われた木道を一歩一歩雪の感触を確かめるように歩く。
空はどんよりと曇り、風は冷たく、人影はない。なんで俺はこんな寂しいところに来たくなったんだ? テンションが下がるだけなのは目に見えているのに。downdown

091103_01雪の中に所々、忘れ去られたかのような鮮やかなハマナスの実がなっている。でも、色があるものはそれぐらいで、一面の枯れ草の平原がずっと続く。なんだかふいに墓場を一人で歩いている気分になり、ますます鬱になる。
despair
雪の上に足跡があるってことは、ほかにも訪れる人がいるみたいだけど、とにかく寂しいところだ。

091103_03ようやく砂浜までたどり着いたが、海はまるで墨を流したように黒い。空の色を映しているせいだろうか。
こんなに荒れているようじゃダイビングも厳しいだろうな。今月はちゃんと潜れるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/11/01

映画「さまよう刃」

Mo7130シネマ・フロンティアは混み合っていた。
日曜日だし、天気は悪いし、「映画の日」だし。混まない方がおかしい状況。

チケットを買うために30分は並んだ。観たのは、気になっていた「さまよう刃」だ。

しかし。
はっきり言って期待はずれだったdown

一人娘を殺された父親が、復讐のため犯人達を追う・・というストーリー。
(原作となった小説は読んでいないので、映画だけで評価する)

とにかく登場人物たちがあまりにもステレオタイプな描き方をされていて、深みがない。犯人の少年達はとことん残虐非道だし、殺された娘は良い娘で、父親は娘思い。設定にも行動にも台詞にも、全く意外性がない。
なんというか、視点がまんまTVのワイドショーなのだ。加害者には同情の余地は全くなく、被害者には同情の余地しかない。sad

そりゃあ、愛する娘を強姦殺人されたりすれば、殺してやりたくなる気持ちも分からないではない。でもだからといって「許せないから俺が殺す」じゃ、物語として短絡過ぎるだろ。
この映画のテーマは「未成年による犯罪はどんなに暴虐卑劣であっても厳罰に処されない」という問題を訴えることだと思うのだけど、それに対する回答へのアプローチが根本的に間違っているような気がする。

私刑は当然許されないし、復讐したからといって元に戻るわけでもない。死んだ人間は生き返らないし、失われた幸福は取り戻せない。
だから出来ることはただ一つ。罪を犯すような人間をつくらないこと、放置しないことだ。それはひたすら地道で根気の要る作業だけど。そういう意味では安易に「死刑にしてしまえ」という考えは、火に油を注ぐことかもしれない。それは、一人の人間を永久に放棄することだから。bomb

実際にはそういう綺麗事で済まないのはわかるけど、この映画で加害者側の家族関係を全く描写しないのは「ずるい」といわれてもしょうがないんじゃないか?

ニーチェ曰く、
怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »