« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009/10/31

映画「空気人形」

Mo6797ん~、なんとも悲しい映画だった。weep

主人公の「空気人形」ノゾミは、要するにダッチワイフ?ラブドール?なわけで。それが心を持ち、恋に目覚めてしまって・・・という、どこかで聞いたことのあるような、ないようなストーリー。

物語はノゾミを中心に展開していくのだけど、描きたいのは空気人形ではなく、周りの人間達であるということが次第に分かってくる。
誰もがそれぞれに孤独を抱え、必要とされず、オンリーワンになれない自分に苛立ちを持って生きている。ノゾミの「中身は空っぽ」とか「(性の)代用品」とかいう描写は、そのまま人間達を表す比喩になっているのだ。

舞台は東京みたいだけど、わざと薄汚い路地裏ばかり映しているので、どこか不安で荒んだ気分になってくる。まあ、序盤のようにノゾミがメイド服を着て街をうろうろしていても、無視されるだけで済むというのも東京ならではかもしれない。

題材がそもそもダッチワイフだしR15指定なので、エロいシーンもそれなりにある。受け付けない人もいるだろう。でも、そういうシーンも含めてとことんもの悲しい感じ。

万人向けでないのは確かだけど、寂しい秋をより寂しく過ごしたい人にはお勧め、かな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009/10/28

日光牧場の決闘

「mixiアプリ」で一番人気を誇っている「サンシャイン牧場」が、先週から一部に課金アイテムを導入したことで、mixi世界に動揺が走っているようだ。dash
俺なんかは長年、有料(定額課金)のオンラインPRGをやっているわけで、「ふ~ん、まあ無料の範囲で楽しもうっと」と軽く流しているわけだが。

しかし、無料ゲームに慣れた一部のユーザーたちはかなりご立腹らしく、コミュニティの掲示板を覗くと、「クレジットカードでプレミアな物が買える。ものすごく不公平で、むかつきます。」とか、「あとから課金するのはやり方が汚い。」とか、「人気が出たところでお金儲け主義に走るなんて最低ですね。」とか、感情的で辛辣な意見があふれていたりする。ああ、怖い怖い。coldsweats01

プログラムを書いて飯を食っている立場上、「いつまでもタダじゃあ、運営できるわけないじゃん」と思う反面、「ビジネスモデルとしてこれは本当に正しいのだろうか?」という疑問も持ってしまう。
Gyaoでは「一話のみ無料公開」なんて普通だし、TVのアニメやドラマでも「続きは映画館もしくはDVDで」なんて当たり前。

最初は無料で誘って、あとでがっぽり回収する。こういう撒き餌的なビジネスモデルは合理的ではあるけれど、どこか割り切れないというか、なんか騙された感があるんだよなぁ。down

mixiはいままでやることなすこと失敗続きで、会員数の少ないグリーやモバゲータウンに営業利益で2倍以上の差を付けられているそうだ。グリーやモバゲーはそれこそ課金ゲームやアバターの課金アイテムでせっせと金を稼いできたわけだから、mixiとしては後に続きたい。
だから「mixiアプリ」は起死回生の一打となることが期待されているはず。だけど、はたしてユーザーの理解を得られるのか?今の段階ではよく分からない。

ちなみに、現時点の「サンシャイン牧場」の利用者数はなんと216万人。sign01
そのうちの10%の人が、アイテム課金の最低金額である500円を購入したとしたら、それだけで1億を越える。ものすごい商売だよなぁ。dollar

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2009/10/23

街の紅葉

091023_01せっかく休暇を取ったのに、天気予報だと午後から雨だそうだ。down
遠出する気にならなかったので、近所の公演を見に行った。

通勤の途中に通る公園の樹木がちょうど紅葉mapleを迎えて見頃になっていたからだ。なかなか普通の日ではゆっくり写真を撮っているヒマはないので、こういうちょっとした時間に行くのもいいものだ。

091023_02モミジやカエデもすっかり紅く色づいていた。
ん?まてよ、こんな街中でこれだけ紅葉しているってことは、定山渓などの紅葉の名所はもうすっかり終わっちゃっているってことか?ああ、今年も行きそびれちゃったなぁ。weep

091023_03しばらく写真を撮っていると、近くの保育園からだろうか、子供達がぞろぞろと引率の先生に連れられてやってきた。保育園ってこんなところを散歩したりするんだ。
・・・ていうか。
平日にカメラを抱えて公園をぶらぶらしている怪しいオッサン(俺)と、園児の群れ。
なんか危険な構図になっているような・・・?coldsweats01
不審者だと思われないうちに退散、退散。dash

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/10/19

ポテトグラタン

091019_01通勤途中に雪虫が飛んでいるのを発見!snow
いよいよ冬が間近に迫っているようだ。

なんとなく暖かいものが食べたくなって、夕食にポテトグラタンを作ってみた。restaurant
思ったよりも簡単にできた割には、味はGood!scissors
蕩けたチーズとナスもいい感じ。また作ろうっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/10/17

夏から冬へ

積丹へダイビングに行ってきた。wave

091017_01水温は15~16℃。そろそろ水も冷たくなってきた。潜って初めのうちは平気だけど、30分を超えた辺りから身体が冷えてくる。もうそろそろ中に着るものを増やさないとダメみたいだ。penguin

透明度は7~10mぐらい。ここんとこ、雨が多かったので濁っているんじゃないかと心配したのだけど、思ったほど悪くはなかった。

091017_02魚は、シモフリカジカやギスカジカなど、カジカの仲間がお目見えしていた。カジカというと冬の魚というイメージがあったのだけど、今日見かけたカジカたちはどれもでかくて立派。カジカは神経が図太いのか思い切り近づいても逃げ出したりしない。写真の被写体には最高なのだ。shine

魚は夏のものから冬のものへと変わりつつあるけど、スズメダイはまだ生き残っていた。こいつも死滅回遊魚なのだから、もうまもなく死に絶えてしまうのだろうけど。

091017_03今日は不思議なぐらい暖かい日だったけど、来月になったら寒いだろうな。
ウェットスーツ組が姿を消して、いよいよ冬のダイバーの本領発揮!・・・のはずなんだけど、寒いものはやっぱり寒いんだよね。snow
年々寒さには弱くなっているような気がするし、今年はあとどれくらい潜れるやら。coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/10/12

続・温泉ノルマ消費の旅

「ニセコ湯めぐりパス」を消費するため、またまたニセコに行ってきた。spa

せっかくの「湯めぐり」なので、まだ一度も入っていない温泉に行ってみようと思うのだけど、ニセコのいわゆる「源泉掛け流し」の温泉はすべて制覇済み。だから必然的に、一度も行ってない=循環濾過&塩素殺菌な温泉になってしまうのが、悲しい。down

091012_01ともあれ。まずは「ホテルあしりニセコ」へ。
ここの露天風呂からは確かに緑の木々が見られる。
・・・・しかし。
なぜか湯船のすぐ横がアスファルトで舗装された道になっている。down

なんじゃこりゃ?
おそらく冬に除雪機を入れやすくするためなんだろう。でも明らかに雰囲気ぶちこわし。annoy
湯船も四角い石造りなので、なんだか公園の噴水プールの中に浸かっている気分になってしまった。sad

091012_02時刻はすでに夕暮れ。
前回は神仙沼に行ってきたので、今回は長沼に行ってみた。

前日の雨でぬかるんだ道をたどり、なんとか長沼にたどり着いた。
風は強く沼は波立っている。しかも沼の岸は砂になっているので、まるで海岸に立っているみたいだ。

091012_03日は落ち、夕闇が迫っていたが、少しだけ沼の周辺を歩いてみた。
沼の周りは、ばかでかい流木や岩がごろんごろん転がっていて、なんともワイルドな景観だ。おまけに地面が粘土質でぶよんぶよんと気味が悪いぐらいに弾力がある。
すぐ隣なのに「神の住まう」と言われた神仙沼とはえらく印象が違う。あっちが極楽ならば、こっちはさながら地獄の沼かも?

最後に「雪秩父」へ行った。
この温泉は硫黄泉と鉄鉱泉の2種類の泉質を持つ。

一番奥の露天風呂に入って空を見上げたら。
そこには満天の星空が!night
余計な灯りがないせいか、星々が滅茶苦茶たくさん見える。
いやぁ~、すごいっ。黒一色の板にごま塩をばらまいたかのように空全体がツブツブになって見えるのだ。札幌じゃあこんな星空は絶対に見られないだろうな。

帰りの時間はけっこう遅くなってしまった。
しかし、中山峠を過ぎた頃には大渋滞。こんな時間まで混んでいるなんて、今日は行楽ラッシュだったんだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/10/05

ナキウサギ

ワイン祭りの翌日。
そのまま札幌に帰るのももったいないので、然別湖に寄り道した。

宿を出発したときは晴天だったのに、湖に着いた頃に雨が降り出した。rain
とにかくこの数日は本当に天気がころころと変わる。空を見上げると、雲がせっせと忙しく走っている。
女心と秋の空、とはよく言ったものだ。maple

091005_01湖畔でしばらくたたずんでいると、ウソのように青空が広がってきた。ここぞとばかりに写真を撮って、湖を後にした。

今日の本当にお目当ては然別湖ではなく、その側にある駒止湖。
ここは、天然記念物、ナキウサギの生息地なのだ。

15分ほど森を歩いてガレ場にたどり着いた。ナキウサギはこの岩場に巣を作って暮らしているのだそうだ。

ところが、ここで雨が降り出した。down
雨の勢いは強くないものの、なにせここは標高800m以上の高所。fuji
・・・寒い。寒いっ。penguin
こんなことなら、トレーナーかセーターを着込んでくるんだった。杉の木の下で雨宿りしながら後悔。
ううう。

091005_02でもそのとき。
ピキッ。
たしかに鳴き声が聞こえた。岩場のどこかからだ。
じぃっと息を潜めて待つ。

いた。やっと出て来た。flair

駒止湖に来るのは今回で3回目だけど、ようやく遭遇できた。三度目の正直だ。

・・・思ったよりでかいな。

091005_03ネズミぐらいの大きさだと思っていたのに、想像よりも二回りはでかい。
でもカワイイ。heart04
つぶらな瞳にきょとんとした表情。動物写真家に愛されるのも分かる気がする。

ああ、来て良かった。今年はなんだか動物運(?)があるようだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/10/04

池田ワイン祭り

池田町のワイン祭りに行ってきた。wine

いままで気になっていたのに、なかなか行けなかったのは、理由がある。
「ワイン祭り」と言うからには、ワインを飲まなきゃ始まらないわけで、飲んでしまうとその日には車で帰れなくなる。しかも、ワイン祭りは日曜日に開催される。したがって、月曜に休みを取って行かなくてはならないのだ。
今回は2泊3日の小旅行である。

091004_03ワイン祭りは、池田ワイン城の隣の広場で行われていた。
入場料は前売り券で3500円、当日券で3800円。道産牛肉食い放題&池田ワイン飲み放題と言っても、決して安くはない。はっきり言って元を取るのは難しいだろう。
まあ、祭りの入場料が1000円で、飲食代が2800円と考えれば、なんとか納得は出来るレベルではある。

091004_01「ワイン祭り」の目玉は実はワインじゃない。
それは、池田牛taurusの丸焼きだ。まるまる三頭分がどかんと提供される。
調理人によって牛が次々と解体されていく様はちょっと怖い。見る間に肉が切り出され、牛は頭蓋骨だけが残された。shock
う~ん、壮絶。でも、命を頂くと言うことは本来こういうことなんだろう。

091004_02ワインは、赤、白、ロゼが用意されていて、飲み放題。lovely
ちなみにブドウジュースも飲み放題なのだが、一番値段が高いのは実はブドウジュースだという。だからといって、ジュースばかり飲むようなまねはしないけど。やっぱりここはワインでしょ。

たらふく飲み食いして満腹になり酔いも回ってきたので、閉会を待たずに会場を後にした。

会場の外では、「もろみワイン」が1杯200円で売られていた。「もろみワイン」とは熟成途中のワインで、ジュースとワインの中間と言えばいいだろうか。

これが実に絶品だった!shine
甘酸っぱく、すっきりとした味。これでもアルコール度数は4,5%はあるそうだ。ついついおかわりしてしまった。さらに酔いが回るぅ。
でも美味かったのでよし!scissors

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »