« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/29

レッサー・パンダ

今日はとても寒い日だった。
最高気温はたったの4℃。雪もちらついている。snow
一気に冬に逆戻りした気分だ。

あまりに寒いので遠出をする気にはなれなくて、市内の動物園に行ってきた。ここの年間パスを持っているので、思いついたときに気軽に行けるのだ。

080329_01今回のお目当てはレッサー・パンダ。
前回行ったときには、向こうを向いたままずっとお昼寝していたので、顔を全く見られなかったのだ。
幸い、今日は元気にうろうろ歩き回ってくれていたので、じっくりと堪能できた。

080329_02あー、それにしても、カワイイ。heart04これは反則だろってぐらい、カワイイ。
まさにぬいぐるみが歩き回っているんじゃないか、と思えるほど。レッサー・パンダは立たなくても十分カワイイな。
この動物園のスター的存在になるのは間違いなさそう。

来月公開予定のエゾシカ・オオカミ舎もとても楽しみにしている。そこでは、オオカミが群れで走り回る様子を見る事が出来るそうだ。もともとオオカミは群れで行動する動物だから、きっと生き生きした生態を見せてくれるんじゃないかな。dog

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/27

ねんきん特別便

家に帰ったら、なんと「ねんきん特別便」が届いていた。mailto

ええ~~っ!? なんで俺に?
一度転職しているとは言え、そんな年金記録が分からなくなるような、複雑な人生は送ってないぞ?coldsweats02

届いた年金記録をじっくりと見てみたが、どこに問題があるのか、さっぱりわからん。せめて「ここがおかしいんですけど」ぐらい書いてくれないと、どこに注目すればいいのか分からない。

それにしても、「年金問題」なんて人ごとのように思っていたのに、まさか自分が「納付記録漏れ」の5000万件のうちの一人だったとは。。。sweat02
結局、現役の加入者全員に「ねんきん特別便」が送られることになったみたいだけど、舛添厚生労働大臣が言うには「3月までに受け取った人は何らかの問題がある。」とのこと。
いったい、何が問題なんだよぅ。wobbly

とりあえず「訂正無し」で返信しておいた。
ああ、すっきりしないなぁ。

ねんきん特別便、2万件が別人記録や空白…社保庁またミス(読売新聞)

こんなニュースも出てるし・・・。
いったい、社会保険庁はなにやってんだ?annoy

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/22

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 2

昨日に引き続き、夕張の映画祭に行ってきた。

今日観た映画movieは、次の4つ。

「砂時計」
「シミル」
「さ>らランドセル」
「光州5・18」

この映画祭では、招待作品については有料で、一作品あたり、前売り1,000円、当日1,300円となっている。「映画祭」という割には、正直、あまりお得感は無いのだけど、大きなメリットもある。
1つは、公開前の先行上映である映画が多いことだ。今日の映画だと、「砂時計」は4月公開予定、「光州5・18」は5月公開予定になっている。1~2ヶ月も前に先行上映されるのはなかなか無い。
もう1つは、映画館ではほとんどやらないような、短編映画を観られること。今回だと「シミル」は8分間、「さ>らランドセル」は36分間の短編映画だ。短編映画は玉石混合で、一発ネタであるものも多いが、なかにはキラリshineと光る作品もある。「さ>らランドセル」の監督は、この映画が初の作品らしいけど、とても印象的な映画だった。できることなら、もう一度観てみたいが、たぶんこれも「一期一会」になってしまうんだろう。weep

今回の映画祭、予算は大幅に削減されたらしいが、やっぱり黒字にはならないんだろうな。夕張もつらいだろうけど、ここは一つ踏ん張って存続させて欲しい。北海道の一地方都市が、世界的に注目される機会なんてそうそう無いのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒い白鳥

080322_01今日もまた夕張へ出かけた。
昨日見た白鳥が気になっていたので、行きがてら白鳥を探してみると、長沼あたりでたくさんの白鳥を発見した。searchけっこう見物客がいたので、ひょっとすると白鳥の休憩場所として、名所になっているのかもしれない。

080322_02親子連れがさかんにパンをちぎって投げ与えていたが、あれは本当は良くないそうだ。白鳥の主食は水草であって、パンではない。パンは塩分が高すぎるので、あまり食べ過ぎると体調を壊すことがあると、以前、ネイチャーガイドから教わったことがある。何も知らずに無邪気にはしゃいでいる子どもたちが気の毒になる。でも、ここで下手に注意したりすると「空気読め」とか言われるんだろうなぁ。weep

080322_03しばらく見ているうちに、白鳥の群れの中に一羽だけ、黒いヤツがいることに気がついた。初めはカワウか何かかと思っていたのだけど、よく見れば形は白鳥そっくり。でも色は真っ黒で、くちばしが鮮やかな赤。いったいなんだ、この鳥は?

家に帰って調べてみたら、これはハクチョウならぬ、コクチョウという鳥だそうだ。ちなみに英語名だと、Black Swan. ん~、そのまんまじゃないか。coldsweats01
本来はオーストラリアなど南半球にしかいない鳥らしい。でも、たまに日本でも目撃例があるらしく、それはきっと動物園などから逃げ出したものだという。
つまりこの自由に身になった黒鳥は、どこかで野生の白鳥たちと合流したんだろう。黒鳥くんは白鳥たちが仲間だと思いこんでいるのかな?なんだか、みにくいアヒルの子ならぬ、みにくい白鳥の子みたいだ。ちょっとかわいそうかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/21

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭

080321今日は会社をさぼって、夕張の映画祭movieを見に行った。

夕張市の財政破綻impactにより、去年は中止されていた映画祭だが、今年は市民の有志などにより奇跡的に復活した。
夕張の映画祭はなくすには惜しいと俺も思っていただけに、とても嬉しい。

札幌から約1時間半ほど。夕張は十分日帰りできる距離にある。
行く途中、空をV字型になって飛ぶ白鳥の群れをいくつも目にする。北へ帰って行くのだろう。春は確実に近づきつつあるようだ。

映画祭では一日で多くの映画を上映しているのだが、会場が複数に分かれている上に、上映時間がかぶっているので見られる映画の本数は限られている。

本日、見た映画は次の4つ。

「SweetRain 死神の精度」
「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ」
「アフタースクール」
「ジュノ」

どれも素晴らしい出来だった。
特に「アフタースクール」は時間の関係上、前半を見逃してしまったので、ちゃんと改めて映画館で見たいと思う。

いやあ、映画って本当に(以下、略)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/17

ブルーレイ レンタル開始

正直なところ、「まだやっていなかったんだ?」という感想しかないなぁ。coldsweats01

TSUTAYA、19日からブルーレイのレンタル開始(アサヒコム)

 DVDレンタルチェーン最大手のTSUTAYAグループは17日、「ブルーレイ・ディスク(BD)」のレンタルを19日から始める、と正式に発表した。東京・赤坂店など全国主要都市の10店舗でスタート。今夏までに全店舗での取り扱いを目指す。同業他社もレンタルを始めることが予想され、BDの普及に弾みがつきそうだ。

そりゃあ、次世代DVDcdとかいっても、流行らないはずだわ。bearingこのご時世、レンタルなしのパッケージ販売のみで、どれだけ売れるというんだろ?
なんだか、次世代DVDはプレイヤーが普及する前に、レコーダーの販売ばかりに力が入れられているような気がしてならない。これは日本だけの話なのかなぁ?

しかも、レンタルが開始されるのは、最初は45タイトルのみって・・・・いくらなんでも少なすぎるんじゃないの?DVDの世代交代はまだまだ先のような気がする・・・・。coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/16

地元を舞台にした、地元では放映されていないアニメ

我が故郷、富山をモデルにしたアニメが、ようやく富山でも放映されることになったそうだ。tv

富山県議がアニメ「true tears」の県内放映に向けて尽力、放映実現へ(GIGAZINE)

富山県に実在する町並みを舞台に高校生たちが青春模様を繰り広げる、現在放映中のアニメ「true tears」ですが、なんと舞台となっている富山県では放送されていないそうです。
しかし富山県議会の議員が「どうして富山県でオンエアされていないんだ!」と立ち上がった結果、地上波放映が実現する見通しになったとのこと。

「地元である富山でなぜ放送されないんだ!?」という疑問はもっともだけど、それに対する解答は簡単だ。つまり「田舎だから」「放送局が少ないから」。sad

俺が地元に住んでいた頃、民放のテレビ局はたった2局しかなかった。現在でも3局しかない。
だから、放送されないテレビ番組は、ごく普通にあった。ひどいものでは続編となるはずの番組が放送されなかったり、間が跳んでいたりする。悲しいけれど、それは田舎の宿命と言ってもいい。

それでも子どもの頃は何の疑問も抱かずに過ごしていたものだが、いまやネット全盛の時代。情報だけは否応なしに伝わってくるから、隠し通せるわけがなく、欲求不満がたまる一方である。今回の放送実現も、そのへんの不満が大きかったのが原因かもしれない。

ところでこのアニメ、一体どういう内容なんだろう?
北海道でもこの番組は放送されていなかったので、いままで気にもしていなかった。
そこで「バンダイ・チャンネル」からネットで視聴できるようになっていたので、一話だけ見てみた。

・・・う~ん。
普通にラブコメっぽい。しかも萌え系?
しかも登場人物がだれも富山弁をしゃべらない。言われないと富山だと分からないかも?
放送に働きかけたという、県議さんはこのアニメを一度でも見たのかなぁ?

もともと富山が舞台に選ばれたのは、このアニメの制作会社が富山にあったからだそうだ。この会社も自分たちの作ったアニメが地元で放送されないことを知ったときは、複雑な気持ちだっただろうな。
今回は逆輸入みたいなことになったけど、いずれは地方初の番組がもっと全国に広まっていけば面白いのに。「水曜どうでしょう」のような成功例もあることだしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/03/09

春の海

近頃は暖かい日が続き、すっかり春めいて来た。このぶんじゃ、今週中には雪がほとんど溶けてしまうんじゃないだろうか。sun

今日はとくに温かく、最高気温は10℃まで上がると予報で言っていた。なんとなく衝動的に春の海が見たくなり、南に車carを走らせてみた。

080309_01苫小牧を抜け、一気に白老まで行った。
海岸に出てみたが、思ったよりも風が強くて冷たい。穏やかな春の海といった風情は残念ながら感じられない。
砂浜をぶらぶら歩くと、そこら中に大きなハマグリの貝殻や、カニの甲羅が散乱している。カモメたちが波打ち際ギリギリに並んでじっと海の方を睨んでいた。きっと海からの漂流物を狙っているのだろう。
訪れる人など誰もいない。これはこれでのどかな光景かもしれない。

080309_02せっかくなので、温泉にも立ち寄ることに。spa白老と虎杖浜の温泉をハシゴした。
一つ目の温泉は雑誌のクーポン券で無料だったので、入浴料は二軒合わせて、たったの300円。なんて安上がりなんだ。shine
もっとも、高速代とガソリン代で軽く7000円はオーバーしているんだけどね。ガソリンgasstation高いぜぃ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/05

mixiのご乱心

mixiの規約改定が、大騒動に発展している。impact

特に問題になったのは、次の項目だ。

第18条 日記等の情報の使用許諾等
1 本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。
2 ユーザーは、弊社に対して著作者人格権を行使しないものとします。

上の文章を素直に読めば、「ユーザーが書いた日記を mixiはタダで好きなように使って良いよ」と言うことになる。これが本当ならとんでもないことだ。
案の定、mixiユーザーが騒ぎ出し、多くのニュースサイトに取り上げられ、「炎上」状態になってしまった。bomb

俺の場合は、mixiの日記は使わずに@niftyのブログサービスであるココログで日記を書いているので、今回の件には直接関係ない。けれど、この事件を聞いて気になったので、ココログの利用規約を調べてみた。

7.ユーザーが作成したココログの記事等に係わる著作権は、原則としてユーザーに帰属します。ただし、ユーザーは、ニフティが、以下の範囲内で、ユーザーが作成したココログの記事等の利用を行うことを無償で許諾します。
(1)ココログの広告・宣伝、利用促進の目的の範囲内で、ココログ上のテキスト、画像等の情報(メタデータ(RDF Site Summary形式等)で配信された情報を含み、以下「情報」といいます。)を、ニフティが管理・運営するWebサイトに掲載すること。

これによると、ココログでもユーザーの書いた記事を無償で利用することを要求しているのだが、それには「広告・宣伝、利用促進の目的の範囲内」「ニフティが管理・運営するWebサイト」という明確な制限が設けられている。

mixiの規約が問題なのは、利用目的も利用範囲も全く限定されていないことだろう。
この改訂が発表されたときに、「mixiはユーザーの日記を勝手に本にして儲けるつもりに違いない」といった憶測が飛び交ったのも無理はない。解釈次第では、なんでもやり放題だからだ。

3/4、mixiは次のような補足を発表した。

上記の条項につきましては、ユーザーのみなさまが『mixi』のサービス内で作成した日記、著作物等の情報について、従来どおりユーザー自身が権利を有することに変わりはありません。
(中略)
なお、ユーザーのみなさまの日記等の情報を書籍化することに関するお問い合わせもございますが、こちらの点につきましても、従来どおり、ユーザーのみなさまの事前の了承なく進めることはございません

これを見て安心してはいけない。
「従来どおりユーザー自身が権利を有する」とあるが、旧規約にも新規約にもユーザーが著作権を持つとは一言も書かれていないのだ。じゃあいったい何の権利なのか?

3/5、俺と同じ疑問を持った人が他にも大勢いたのだろう。さらに補足がでた。

mixi利用規約第18条の条文修正に関するお知らせ

・mixi利用規約第18条の条文修正
 -ユーザーのみなさまに著作権があることの明記などについて検討しております。


ほ~らね。なんか対応が後手後手というか、お粗末な限りだなあ。sweat02
会員数も伸び悩んでいるし、mixi、本当に大丈夫か?coldsweats01

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/03/03

映画「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」

Mo5673

この映画の予告編を最初見たとき、雰囲気が「スリーピー・ホロウ」にそっくりだなーと思ったのだけど、監督が同じティム・バートンだと知り、納得。

この映画は、ミュージカル映画notesなんだが、「オペラ座の怪人」ほど、くどくは感じられなかったので、ミュージカルが苦手の人も大丈夫かもしれない。ミュージカル映画だと知らずに見に行ったのだけど、十分楽しめた。

主演は言わずとしれたジョニー・デップ。でも、この映画の彼は、始終、死人のような蒼白な顔で仏頂面をしているので、デップ目当ての女の子たちは、ずっこけたかもしれない。happy01

とにかく映像と音楽が素晴らしい。その美しい映像と音楽に彩られた、血と狂気の復讐劇なのだ。
ミュージカルってところがこの映画のミソで、身の毛もよだつ殺人計画も、歌って踊って語られちゃうと、なんだか楽しく思えてしまうから怖い。coldsweats01 デップが歌いながら、黙々と人を殺めていくシーンもこの上なくシュールだ。

とにかく半端なスプラッタ映画なんか目じゃないくらい、血しぶきたっぷりなので、R-15指定なのは当然かな。ban
あと、食事restaurantの前に見るのは、絶対にオススメしない。ホント、食欲無くなります。心臓の弱い人もやめておいた方がいい。「スリーピー・ホロウ」と違って超常的な存在は全く出てこないのに。いや、出てこないからこそ余計怖く感じるのかもしれない。

それにしても、オープニングのアニメーション(?)movieは秀逸だったなぁ。あれだけのためにもう一度見てもいいと思えるぐらい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

続続・野菜を洗剤で洗う?

(野菜用洗剤の前回までの話

ところで、ずっと気になっていたことがある。
「果たして、農薬は洗って落ちるのか?」という疑問だ。

実際のところ、農薬の多くは水溶性だと思うので、水で洗えばある程度は落ちるような気がする。でも、完全に落とすのは難しいだろう。それは洗剤を使っても同じだ。
そもそも農薬には、合成界面活性剤が使われている。つまりは洗剤の親戚みたいなものだ。ということは、洗剤で洗剤を洗う? それは「血を血で洗う」ようなものじゃないのか?

いろいろ調べていたら、興味深いデータを見つけた。search
これによると、水で洗ったり調理したりする過程で、ある程度は落ちるようだ。

調理・洗浄の効果(みんなの農薬情報館)

通常は調理や食べる前に材料の水洗いをしますが、それだけでも水に溶けやすい農薬などはある程度減ることがわかりました。最も効果のあったのは皮をむくことです。ほとんど農薬は取り除けました。農薬は作物の表面に留まることが多いためです。調理法で効果の大きかったのは油であげることです。ついで炒める、ゆでるの順でした。

ニンジンやジャガイモのような皮のある野菜は、皮むきすればほとんどの農薬を除去できるようだ。ほうれん草などの生で食べることも多い野菜は、とりあえず水で洗うだけでもある程度は落ちるらしい。

ちなみにこのHPは、「農薬工業会」という「国内の主要な農薬製造業者を中心として組織された任意団体」が作っているので、「農薬は安全です」という主張が前面に押し出されている。そういう意味ではこのデータも信じていいのか分からないが、定量的なデータのウソは突っ込まれやすいし、言い逃れしにくいから、そんないい加減なデータでもないだろう、と思いたい。catface

ん~、でもやっぱりすっきりしない。
洗剤で洗ったときの実験結果ってどこかにないものかな・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »