« 市民雪像のお手伝い | トップページ | ゾウの死 »

2007/02/12

「イザリウオ」が「カエルアンコウ」?

Izari
古い記事だけど、見落としていたので。

差別的魚名「変えます」 バカジャコ、メクラウナギ…(朝日新聞)

日本魚類学会(松浦啓一会長)は、「メクラ」や「オシ」など差別的な言葉を含む魚の名前の改名を決め、1日公表した。

この中でびっくりしたのが、「イザリウオ」が「カエルアンコウ」と改名されることだ。
「イザリウオ」と言えば、伊豆のダイバーに大人気の魚である。その名前が変わってしまうとは・・・ 「イザリ」とは足の不自由な人が這いずる様子のことを言うらしく、それがNGとされたそうだ。う~ん、いざりなんて言葉、普段使わないけどなぁ?

そもそも差別用語というモノは、いったい誰がどこで決めているのだろう?なぜ「メクラ」がダメで、「盲人」がいいのか?「精神分裂症」は「総合失調症」よりも配慮が欠けているのか?俺にはさっぱりわからない。
身体障害者が疎んじられる社会が改まらなければ、言葉だけ封印したところで意味がないのにな。

|

« 市民雪像のお手伝い | トップページ | ゾウの死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63573/13875722

この記事へのトラックバック一覧です: 「イザリウオ」が「カエルアンコウ」?:

« 市民雪像のお手伝い | トップページ | ゾウの死 »