« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/25

クロカン再び(特訓編)

070225_01
先々週に引き続き、今日も光徳クロスカントリースキー場に行った。
今回の目的は、ズバリ「特訓」である。

前回は久しぶりだったということもあって、やり方をすっかり忘れてしまっていた。また、すぐにへこたれてしまって、途中で引き返したコースもあった。
北海道在住者としては、これではあまりにも不甲斐なさ過ぎる。こうなりゃ、特訓するしかないだろう。(もう一年以上栃木に住んでいるし、そもそもクロカンの前に普通のスキーを滑られるようになれよ、というツッコミもあるだろうけど)

今日はいきなり、5kmの「山」コースを選んだ。前に行った「原」コースはお気楽なコースだったが、こちらは結構アップダウンがある。でも、これは特訓なのだから楽な道を進むことは許されない。あえていばらの道を行かなくては。
070225_02
「山」コースは下り坂が多いコースだ。クロカンの場合、下り坂は基本的にボーゲンで降りることになるのだが、クロカンのスキー板にはエッジが付いていない上、暖冬の影響で雪が締まっているので、なかなか思うように雪が削れず、勢いが止まらない。したがって曲がれないし止まれないので、転びながら降りていくしかない。しまいには、滑る練習をしているのか、転んで起きあがる練習をしているのか、自分でもよくわからなくなってきた。

それでも七転び八起きを続けていると、わかってきたことがある。
コースには前に人が通った跡が、道の両側にレールのように続いているのだが、そのレールは垂直に降りているので、そこにスキー板が嵌りこんでしまうと、直角行でそのまま地獄まで落ちていってしまう。かと言って、真ん中をボーゲンで通ろうとしても溝に板を取られてしまう。
そこで閃いた。一方のスキー板を舵取り代わりにあえてレールに嵌め込んでしまい、もう片方の板は斜めに立ててブレーキ代わりに使うのだ。ちょうど「ト」の形のようになる。この「ト型滑降法」を編み出してからは、ずいぶん楽に滑れるようになった。
070225_03
お昼になったので、光徳沼に戯れていたカモたちを眺めながら、買っておいたパンを食べた。弁当持参なのは、少しでもロスタイムを少なくする工夫だ。
5km「山」コースを終えると、続いて3kmコースに行った。前回断念した因縁のコースだ。気圧されてしまった急な上り坂は、再び俺の前に立ちふさがった。しかし特訓の成果はあった。直前の下り坂で勢いを付けて一気に中腹まで登り、その後はカニ歩きで地道に進んだ。登り終えて一息ついた。小さな達成感。
実は大変だったのはその坂までで、後はずっと緩やかな下り坂が続き、歩く必要すらないぐらいだった。拍子抜けするぐらいあっさりとゴールインした。

今回の特訓は終わったが、おそらく今シーズンはもうクロカンをする機会もないだろう。雪質は一日一日悪くなる一方だからだ。来年までこの感覚を忘れないでいられるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/24

W-ZERO3[es]買った!

070224
W-ZERO3の後継機、[es]Premium version をようやく買った。
本当は昨年末に買おうと思っていたのに、なかなか手に入らなくて、延び延びになってしまっていた。

今回は機種変更ではなくて、「買い増し」だ。つまりW-ZERO3はそのまま手元に残る。いままでW-ZERO3に挿さっていたW-SIMカードを、新しい[es]に挿すだけですぐに使えるようになるのだ。これがW-SIMのすごいところで、電話番号やメールアドレスもそのまま引き継がれる。わかってはいたものの、実際にやってみるとなんか感動する(笑)。これが本当の「着せ替えケータイ」というやつだ。

なかなか入手できなかったのもそのはずで、W-SIMなしの単体発売は、ウィルコムの通販サイトでしか扱っていないらしい。いままで店頭で尋ねても「在庫がない」みたいなことを言われたので、その事実に気付くのに遅れたのだ。日本の携帯電話ではSIMカードは一般的ではないので、販売店側も認識不足なところがあったのかもしれない。

W-ZERO3[es]は、初代W-ZERO3よりも液晶画面は小さくなったけど、ぐっとスリムになり、格段に携帯らしくなった。これならW-ZERO3のように電話しているだけで、奇異の目で見られることもなさそうだ。なによりポケットにちゃんと収まるようになったのがうれしい。
ATOKが標準でインストールされたことや、USBホスト機能が搭載されたことなど、改良点も多い。とりあえずは、いじり倒してみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/17

光徳クロスカントリースキー場

070217
中禅寺湖の北、戦場ヶ原にある、光徳クロスカントリースキー場に行ってきた。
クロスカントリースキーは北海道では何回かやったことがあるけど、本州でするのは初めて。宇都宮にはちっとも雪がないが、さすがにここまで来れば一面の銀世界だ。それでも今年は雪が少なくて困っているようだ。

光徳クロスカントリースキー場は、日光アストリアホテルを中心にして、1,3,5,10kmのコースが作られている。全日本スキー連盟のA級公認コースもあるそうで、なかなか本格的なところみたいだ。

午前中は3kmコースに行ってみたが、どうやら上級者向けのコースだったらしく、アップダウンがかなりきつい。結局、途中でギブアップして引き返してきた。
ホテルで食事を取ってから気を取り直して、5kmコースへ。5kmコースには「原」コースと「山」コースがある。「原」コースは文字通り「原っぱ」コースという意味だろう。比較的平坦な道が多そうだったので、このコースを選んだ。

天気が良かったので、寒くはなかった。むしろ身体を動かしているうちに、すぐに暑くなり汗だくになってしまった。
終わった後は、やっぱり温泉だ。ここの温泉は、わざわざ日光湯元から湯を引っ張ってきているそうだ。それでも湯は硫黄臭がとても強くて、効能が高そうな感じだ。

宇都宮からだと手頃な距離なので、機会があったらまた行って、クロカンの練習をするのもいいかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/14

ゾウの死

ここんとこ、仕事が忙しくて、情報収集がおろそかになってしまって困る。
札幌の円山公園のゾウ、「花子」の追悼式が先日、あったそうだ。俺は死んだことさえ、知らなかった。

いたずら花子忘れない 札幌・円山動物園のゾウ 200人が追悼(北海道新聞)

 札幌市円山動物園で十日、一月二十八日に老衰で死んだアジアゾウの「花子」(雌、推定六十歳)の追悼式が行われ、市民ら約二百人が人気者の死を惜しんだ。

年末に行ったときには、とても元気そうに見えたのに、それからわずか一ヶ月間で死んでしまったことになる。ちょっとショックだ。でも、死因は老衰とのことだから、きっと大往生だったんだろう。

献花台には花束のほか、花子の大好物のリンゴも多数供えられた。

そういえばあのときも、小さな女の子がリンゴを片手に持って、「これ、花子にあげるの~」とはしゃいでいた。ああ、このゾウはとても市民に愛されているんだな、と感激したものだ。
どんなに愛されている動物でもいつかは死ぬ。少子化や核家族化で、生も死も身近でなくなってしまっている昨今、それを感じることのできる動物園は貴重な存在なのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/12

「イザリウオ」が「カエルアンコウ」?

Izari
古い記事だけど、見落としていたので。

差別的魚名「変えます」 バカジャコ、メクラウナギ…(朝日新聞)

日本魚類学会(松浦啓一会長)は、「メクラ」や「オシ」など差別的な言葉を含む魚の名前の改名を決め、1日公表した。

この中でびっくりしたのが、「イザリウオ」が「カエルアンコウ」と改名されることだ。
「イザリウオ」と言えば、伊豆のダイバーに大人気の魚である。その名前が変わってしまうとは・・・ 「イザリ」とは足の不自由な人が這いずる様子のことを言うらしく、それがNGとされたそうだ。う~ん、いざりなんて言葉、普段使わないけどなぁ?

そもそも差別用語というモノは、いったい誰がどこで決めているのだろう?なぜ「メクラ」がダメで、「盲人」がいいのか?「精神分裂症」は「総合失調症」よりも配慮が欠けているのか?俺にはさっぱりわからない。
身体障害者が疎んじられる社会が改まらなければ、言葉だけ封印したところで意味がないのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/04

市民雪像のお手伝い

070204雪ボラ仲間が副業(?)で作っている市民雪像の手伝いに行った。今年はボランティアの方がかなり追い詰められていたせいで、市民雪像まで手が回らず、最終日に突貫で仕上げることになったそうだ。
今回の雪像は、ぱっと見では何の雪像なのかわかりにくい。本当は道路標識をモデルにした雪像なのだけど、完成する直前まで中の細工が入らないので、謎のオブジェにしか見えないのだ。正面から見ると、まるで工事現場のカラーコーンを裏返したかのような形状である。
雪像はボランティアで培った技術がふんだんに盛り込まれているので、形だし・表面加工ともにレベルが高い。なので、通りかかる観光客もみな足を止めるのだけど、しばらく見つめたあげく、表情は「?」となるばかり。まあ、無理もない。
俺は主に側面と後面の表面仕上げを手伝った。地味な作業だけど、純白の雪で覆われると、それだけで見栄えが良くなるものなのだ。こちらも完成品を見ることはできなかったが、少しでも貢献できたのがうれしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/03

雪ボラ3日目

Img_0321
雪ボラもあっという間に最終日。
今日も皇帝ペンギンの仕上げを行った。
俺たち雪像制作ボランティアは、札幌市の消防団隊員と市職員と一緒に雪祭りの目玉である大雪像を作っている。今日は消防の中でも美術担当の人が指導に来てくれていた。その指導内容は的確で迷いのないものなのだが、人によって物の見方やこだわりどころが違うらしく、指示がともすれば逆になったりする。なので、なかなか形が定まらず、時間ぎりぎりまで細部をいじくりまわす破目になってしまった。

夕方ごろからペンギンたちの移動が始まった。今回の大雪像に使われるペンギンは、皇帝ペンギン、アデリーペンギン、マカロニペンギンの3種類。それぞれのペンギンはそのほかの雪像の制作の邪魔にならないように少し離れた場所で作っていた。
一番大きい皇帝ペンギンは雪像の下にあらかじめレールを敷いておき、スライドさせて移動させた。それより小さいアデリー、マカロニはユンボのクレーンで吊り下げて移動させた。重機はもちろんベテランの人が操作しているのだけど、雪の塊である雪像が空中を運ばれていくのはなかなかに心臓に悪い光景だった。

最後はボランティア控え室の後片付けをして終了。控え室の窓に貼られていた雪祭りのポスターは剥がした後捨てるということだったので、頼んで頂いて来た。来週から始まる雪祭りの本番は残念ながら見物できないが、ポスターだけでも貼って気分を味わおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/02

雪ボラ2日目

雪像制作ボランティアも2日目。
午前中は皇帝ペンギンの赤ちゃんをつくった。これが予想以上に難しかった。写真を参考にして形を作っていくのだけど、ヒナは成長の段階によって身体の各部の寸法・比率がまったく異なるので、どの写真を元にするかで、ぜんぜん解釈が違ったものになってしまうのだ。3つの班に分かれて、それぞれ1体ずつ作ったのだけど、見事にバラバラな形になってしまった。結局、親鳥と一緒にしたときに一番マッチするやつが選ばれた。自分たちの班は不採用だったのでちょっと残念。

午後は皇帝ペンギンの成鳥の形の修正を行った。最後に目玉を作ってほぼ完成。ペンギンの目は、眼孔の形に穴を開けて、球状に固めた雪の塊をはめ込んで作る。目を入れると急に生き生きとして見えるから不思議だ。
明日はいよいよ仕上げだ。まだ未完成のペンギンも多いし、また忙しくなりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/01

雪ボラ開始

Img_0268
今日から札幌に帰って、雪祭りの雪像制作ボランティアに参加した。

札幌に着いて、まずは床屋で散髪してさっぱりした。それから、札幌市の観光企画課に電話して、今日夜間作業をやっているか、確認した。夜間作業はその日の天候や作業状況に応じて行うかが決まるからだ。でも、連日の暖気で作業は遅れているだろうし、きっと今日もやるだろうと、思っていた。その予想は当たっていたらしく、今日も夜間作業があるそうだ。そこで、会場である大通公園に向かった。

今年の雪像のテーマは「南極」。観測船宗谷と、南極犬のタロとジロ、それと南極の動物たちをつくる。俺の今日の作業は皇帝ペンギンの雪盛りとバランスを整えることだった。

ふっふっふ。皇帝ペンギンなら任せておけ。映画も2回観たしな。(あまり関係なし)

暖冬の影響は思っていた以上に深刻で、雪像は日中に溶けてやせ細ってしまい、どれも修復が必要だった。なかには木の心棒がむき出しになってしまったものもあり、痛々しかった。日程的にはもう大詰めだというのに、大丈夫なんだろうか?
とにかく納得のいけるよう、最後までがんばるだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »