« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007/01/29

冬の雨

今朝は、雨が降っていた。
もう一月も終わりなのに、宇都宮ではまだ一度も雪が降っていない。このまま雪無しで終わってしまうのかもしれない。
今年は全国的に、いや全世界的に、記録的な暖冬らしいけど、数年後にはこれが当たり前になってしまうのかも。地球温暖化もいよいよ差し迫った問題になってきたようだ。

暖冬と聞くとまず思うのは「今年の雪祭りは大丈夫だろうか?」ということ。さっぽろ雪祭りの制作ボランティアを始めてからは、とにかく上質の雪がたくさん降って欲しいと願うようになった。だってせっかく汗水垂らして作るんだから、会期中に解けてしまうのは悲しすぎる。
今週の札幌の最高気温は、半分がプラス気温になっている。来週から雪祭りが始まるというのにこれではまずい。なんとか会期中だけでもうんと冷え込んでくれないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/23

納豆はねばり強く

とりあえず、旬の物は押さえとこうと、納豆を食べてみる(笑)。

「あるある大辞典」のねつ造事件は、予想以上に影響が大きかったようだ。

俺にとっては、コノ手の番組の中で「うさんくさい番組ナンバー1」だっただけに、まあ同情の余地もない。
結局の所、究極の食材などは存在せず、バランスの良い食事が一番。こんなことは誰でも分かっているはずなのに、「みるみるやせる」とかいう文句一つで、どうしてこうあっさりとだまされてしまうんだろう?

番組終了直後に通販サイトで関連商品が発売開始される。こういう「システム」なんだと思うと、全てが嘘っぱちに見えてくる。今回はスーパーで簡単に買えるものだったけど、各地で納豆の売り切れが続出していたらしいから、踊らされる人間も半端な数ではない。

ま、ダイエットに効果がなくても、納豆が身体にいいのは確かだから、今まで通りほどほどに食べていればいいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/16

Happy birthday to me.

会社から帰ってきたら、日付が変わり、
誕生日が始まった。
会社に行き、帰ってきたら、日付が変わり、
誕生日が終わった。


世の中にあるもの全てを呪いたくなるときが、
誰にだってあるものさ。
そういう自分が嫌でたまらなくなるときが、
誰にだってあるものさ。

俺は今日、またひとつ歳を取った。ふぅ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007/01/15

ホッキョクグマの婿入り

070114_01_1
札幌の円山動物園の、ホッキョクグマのピリカが、帯広動物園へ行くことが決まったそうだ。先月、札幌で見たときにはまだ行き先未定だったのだけど、とうとう11日に決まったらしい。今回は繁殖のための「長期貸し出し」だそうで、婿入りということになる。

円山の人気者・ホッキョクグマのピリカが婿入り 来月帯広へ(北海道新聞)

札幌市円山動物園のホッキョクグマ「ピリカ」(雄、一歳)が二月二日、繁殖のため帯広市のおびひろ動物園に貸し出されることが十一日に決まった。

近頃、環境関連のTV番組を見ていると、よくホッキョクグマが登場する。地球温暖化の影響で北極の氷が溶けて、ホッキョクグマが狩りをするのが年々難しくなっているのだそうだ。
小熊のピリカはまだ1歳。通常、ホッキョクグマは2~3年で独り立ちするのだけど、動物園の中で生活するだけなら1年程度ですべて教育できてしまうそうだ。裏を返せば、このホッキョクグマは動物園の中でしか生活できないということである。

円山動物園の人気者が当分見られなくなってしまうのは寂しいけれど、動物園の中で増やしていかなければ、近い将来、ホッキョクグマを見る機会は永遠に失われてしまうのかもしれない。わんぱくで器量よしのピリカの子どもは、どんなクマになるだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/10

湯けむり紀行 川俣温泉 一柳閣

070108_01
新年早々、仕事がとてもハイペースで、のっけから疲れ気味。(>_<)
これじゃあ、いかんと温泉に行ってきた。

本当は奥鬼怒温泉に行こうと思っていたのだけど、出発時刻が遅くなってしまったので、その手前にある川俣温泉に行き先を変更した。宇都宮はまったく雪がない状態なので、どんなもんかなと思っていたけど、さすがに日光より奥に入ると周囲は雪景色に変わった。
070108_02
今回の目的の一つは、霧降高原の有料道路が昨年の秋から無料開放されたので、そのルートを試してみることだった。実際に走ってみると、眺めは確かに良さそうだけど、傾斜がかなりきつめなので雪道だと思うようにスピードが出せない。結局、あまり時間短縮にはならないようだった。冬に利用するのには、いま一つかもしれない。

今回行った川俣温泉の「一柳閣」は、なかなか立派な外観の温泉宿。料金は千円でちと高めだが、まあ、この辺では平均的な値段かもしれない。まったく前情報なしでふらりと入ったのだけど、これがなかなか良い。河に面していて眺めは素晴らしいし、雰囲気もしっとりと落ち着いている。「当たり」と言っていいだろう。
070108_03
連休の最終日のせいか雪のせいかは分からないが、客は(日帰りも含めて)俺一人のようだった。(^^; はらはらと舞い落ちる雪を見ながら、のんびりと湯に浸かる。やっぱり冬の温泉はいい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »