« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006/05/29

卵が先か、ニワトリが先か

人類の永遠の命題に決着が?

「ニワトリより卵が先」 英学者らが「結論」(CNN)

卵が先か、ニワトリが先か。長年にわたり、学者から酒場の酔っ払いまでを巻き込んできた疑問に、英国の遺伝学者と哲学者、養鶏家の計3人でつくるチームが結論を出したと主張している。

遺伝学者と哲学者は分かるとして、なぜ養鶏家が?(笑)

彼らの言う「結論」は――「」だ。

生物の遺伝物質は生きている間には変わらない、というのがその理由。ニワトリ以外の鳥が途中でニワトリになることはなく、ニワトリの遺伝物質をもった卵を生むこともないという理屈だ。

一見もっともらしい説なんだけど、しょせん仮説だらけの事柄から、結論を無理矢理導き出しているような気がする。上の理論を素直に理解するならば、ニワトリどこまで行ってもニワトリだし、ニワトリ以外の生物はどこまで行っても、ニワトリになることはない。
ニワトリという「種」をどう定義するか、「進化」をどう定義するか。そういう「そもそも論」に陥ってしまう。

「生物は進化する」
これが真理であるならば、ニワトリが産んだ卵がニワトリの卵になるとは限らないし、逆にニワトリの卵がニワトリ以外の生物から産まれることもあり得るわけだ。

例えばこういう反論はどうだろう?
ニワトリは、卵から成長してニワトリの特徴を備えて初めて「ニワトリ」になるのである。卵の状態では(例えそれがニワトリが産んだとしても)ニワトリだとは言えず、「ニワトリになる可能性のある卵」に過ぎない。だからニワトリが先である・・・・・・

まあ、どーでもいいことだよね。

でもひとつ気になったこと。

この結論は、映画「チキン・リトル」のDVDの宣伝として、発売元のディズニーが学者たちに依頼してまとめた。

ディズニー、、、、、なにやってんの?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006/05/28

窓の先5mの自然

今日もどんよりと曇った空模様。洗濯などをしながら、俺はぼんやりと外を眺めていた。

いま住んでいるレオパレスのマンスリーマンションの道路を挟んだ向かい側には、小さな公園がある。で、俺の部屋の窓からは、ちょうどその公園の縁の大きな樹が見える。

ふと、その樹に2,3羽の野鳥が留まったのに気が付いた。ハトより少し大きいぐらい大きさで、頭は黒く、尾羽は長い。見たことがない種類の鳥だった。
こんな街中にいるからにはきっとポピュラーな鳥なんだろうが、俺の脳内野鳥データベースは北海道限定。だから本州の野鳥にはちっとも明るくないのである。

北海道の雄大な大自然に、ことごとく魅了された俺だが、考えてみると本州にいたころにはそういうことに目を向けなかっただけなのかもしれない。
本州だってちょっと足を伸ばせば、ニホンザルも見られるし、カモシカにも出会える。自然はそんなに遠くないところにちゃんとあることを、ようやく知った気がする。

あー、なんかこれって「青い鳥」みたいだ。
でも、幸せにはほど遠いか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/24

薄味パスタ

先日、デニーズへ行ったときのこと。

イカと明太子のパスタを頼んだ。

一口食べて・・・・えらく薄味だ。
最近はイカンなー、ヘルシーだかなんだか知らないが、無闇に薄味にすればいいってもんじゃない。食事は美味しくてなんぼだろ。

そう思いつつ、食卓塩をつかんでぱっとひとかけ。
うん、これでいくらかマシになった。

そうしてもそもそと、パスタを口に運んでいると。
気が付いたら、ウェイトレスが俺のテーブルに来て、
「あのう、パスタの味は大丈夫でしたか?」と聞く。

え?何?
ちょっと薄味じゃなかったですか?」

やべ。塩を入れたところを見られたか?
味にケチを付ける嫌な客だと思われた?

「そのう、ちょっと色が薄くて変だなと、こちらの方でも思っていたんですよね」
・・・・はあ?

「宜しければ、作り直したいと思うんですが、いかがでしょうか?」
・・・ひょっとして。

ウェイトレスは曖昧な言葉でお茶を濁しつつ、すでに1/3ほど食べてしまっていたパスタを回収していった。

ひょっとして、もしかして、「やられた」?

しばらくして作り直されたパスタが運ばれてきた。ウェイトレスがなんとも申し訳なさそうな表情をするのが、逆に俺を不安にさせる。

ねえ。本当に薄味にしちゃっただけですか?
変な物は入っていなかったよね?

新しいパスタは見かけはほとんど変わらない。味もやっぱり薄味のまま。
でも、風味が格段に良くなったような気がするから、さっきのはバターでも入れ忘れていたのだろうか?

そうだ、そう思おう。
そう思わないと怖い想像で、胃液が逆流しそうだ。

調味料を間違えるなんてボケは、ドジっ娘だけにしていただきたい。ホント。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/19

W-ZERO3でもテレビ?

Ts_loc00
どこでもテレビと言えばワンセグ携帯を連想するけど、それとは対極をなすのが、ソニーの「ロケーション・フリー」だ。

「ロケーション・フリー」は、要するにテレビの画像をインターネット経由でストリーミングとして受信する機器である。ワンセグが一律に同じ番組を流す「放送」とするならば、「ロケーション・フリー」は自宅のテレビを中継して視聴する「通信」だと言える。
この機器の面白いところは、その媒介がインターネットであり、どこからでも自宅のテレビが見られると言うこと。つまり自宅が札幌なら、東京にいようが海外にいようが、「どさんこワイド」をリアルタイムで見ることが出来る。

この「ロケーション・フリー」が、WindowsMobileに対応するそうだ。つまりW-ZERO3でどこでもテレビが見られるようになる。すごい!!

MacやPocket PCも――広がるロケフリワールド(ITmedia)

ソニー、加賀電子、ACCESSの3社が「ロケーションフリー」の共同発表会を開催。Mac OS X版、Pocket PC版のプレーヤーを初めて披露した。Mac版は6月初旬、Pocket PC版は夏頃までに発売する予定。

W-ZERO3の通信速度とCPU速度で、どのくらいスムーズに見られるのか、疑問であるが。。。
でも、実用性はともかく、一度試してみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/16

レオパレス危うし?

「長期出張者の自宅」こと、レオパレスの入居者としては、怒っていいのか、それとも関係ないのか?

レオパレス社長が48億円不正流用 入居者共済金を投資(アサヒ・コム)

アパート賃貸大手のレオパレス21(本社・東京)は16日、深山(みやま)祐助社長(60)が、入居者から徴収したサービス手数料のうち計48億6500万円を、社長個人名義での不動産投資や知人の会社の運転資金に充てるなど不適切な運用をしていたことを明らかにした。今年3月末までに返済を終えたり、正式な融資に変更したりし、会社の損害はないという。

「会社の損害はない」とは言っても、それは結果論。
投資なんてリスクがあって当たり前なんだから、一歩間違えば大損害だったはずだ。
それも入居者から徴収した「入居者共済会」の資金だったというから、やっぱり「不正流用」というのが正しいんだろう。

今の家賃は会社持ちなんだけど、なんか損をしたような気分。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/14

札幌人なら円山へ行け

今回の一時帰宅は、自動車保険の更新やPHSの料金払い込みなど、個人的な事務手続きの用件が多い。現住所が札幌のままなので、すべての書類は札幌に届けられるからだ。

他には特に予定もなかったので、土曜は円山動物園へ行った。旭山動物園の影響か、円山も結構にぎわっていた。

一番人気は昨年生まれた北極グマの赤ちゃんだったが、俺的にプッシュしたいのは、テナガザルである。
こいつがシャイなのか、出し惜しみをしているのか、たくさんの人が見ているときは隅っこでおとなしくしているのに、人が少なくなると急に活発に動くのだ。
その長い手で天井近くに取り付けられた鉄棒をひょいひょいと渡って見せたと思ったら、どんどん加速していき、一段飛ばしの大技まで披露してくれる。まるでサーカスをみているみたい。表情や仕草もユーモラスなので見ていて全然飽きない。いいぞ、テナガザル。

帰りには円山公園の花見を見物。
いつもどおり公園には甘い花々の香り、ではなく、ジンジスカンダレの濃厚な匂いが充満していた。
近年植樹されたらしい紅白梅とエゾヤマザクラが見頃だった。梅と桜が同時に楽しめるのも北海道ならではだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/12

北斗星

今日から札幌に一時帰宅。
今回は寝台列車、北斗星を使って帰る。

北斗星の個室はなかなかに快適だ。
冷暖房完備だし、カードキーで施錠もできる。JR柄の寝巻も標準装備。カプセルホテル以上、ビジネスホテル以下といったところか。

食堂車でワインとチーズを頼んで、一人ちびちびと飲む。なんか急に寂しくなったり。
北斗星は一人で乗るにはどうにもお洒落すぎるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/07

帰路の新幹線内にて

しまなみ海道の自転車走破を終え、新幹線で東京へ移動中。
横断中は天気にも恵まれ、とにかく空と海がきれいだった。瀬戸内の海は穏やかで澄んでいて、柑橘系の果樹園がひろがる島々は南国の香りがした。

サイクリングをするならGWがベストシーズンだと思った。夏では暑すぎるし、秋では肌寒い。尾道や広島はさすがに観光客であふれかえっていたが、自転車なら渋滞知らずだ。

今回、一日の移動距離はそんなに長くはなかったが、一つ一つの島をじっくりゆっくり回ろうとするなら、もう1,2日は余裕がほしいところだ。純粋な移動時間以外の時間が予想以上にかかるもんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/04

トラブル続き

今回の旅はトラブル続き。
同行者の1人が風邪でドタキャンして、新幹線の中から宿のキャンセルをするはめになる。

尾道について「男たちの大和」のロケセットを見に行けば、入り口の大行列を見て断念せざるを得なくなる。(基本的に並ぶのが嫌い)

レンタサイクルを借りれば、ギアの調子が悪くチェーンが空滑りしまくる。これではいかんと自転車屋に見てもらったり、レンタル場に持って行って交換してくれるように交渉してみたり。

旅はハプニングがあるほど面白いというが、こういうトラブルは後味が悪いし、テンションが下がっちゃうんだよなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/05/03

新大阪駅にて

名古屋、京都をすぎたあたりで少し空席も出来始めたが、新大阪でふたたび満席に戻った。
隣の席に美人の女の子が坐って、ちょっとラッキー。

と、女の子がこっちを見てにっこりして、
「あのう、すいません」
「はい?」
「(後ろの方の席を指さして)あっちに連れがいるんですけど、席を替わってもらえないですか?」

(表向きは)快く承諾して、席を立った。
すいませんと言って現れたのは、浅黒い肌をした賭け値なしのイケメン男。

負けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京駅にて

いよいよ、しまなみ海道自転車横断ツアーの始まりだ。
東海道新幹線の自由席のホームは、ぞっとするぐらいの長蛇の列。

毎年恒例のことなのに、今年もTVカメラ担いだカメラマンが、うろうろしながらインタビューに答えてくれる気の毒な犠牲者を探している。

「たった一週間しか休みが取れないなんて、日本人は心が貧しいよね。行政が悪いんだよ」とでも答えてやればいい。(カットされるだろうけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »