« 愛・地球博 予習編12 植物プラスチック | トップページ | 万博は独占禁止法違反? »

2005/03/29

愛・地球博 番外編 食事事情の真実は?

地球博が始まって、もう4日。
実際に入場した人からの情報が、少しずつ入ってきている。

でも、会場内の食事事情については、(憶測も含めて)その情報は千差万別みたいだ。
ボッタクリだ」という声もあれば、
思っていたほどではない」という声も。
中には2ちゃんねる系の煽りだとかいう噂まで流れる始末。
何が本当やら、分かりゃあしない。

どうせ現地に行けば分かることだろうけど、
出来る限りの情報収集はしておきたい。

そんな中でまだ信用できそうなのは、PCwatchの記事。

【やじうま編】長久手の夜と食事事情(PCwatch)

記事中には「食べ物の値段はやはり高い。基本的には最低1,000円以上と思ったほうがいいだろう。」と書かれているが、ファストフードや軽食ならば、そこそこの値段で済ませることもできそうだ。

今までに目にした記事では、コーラ600円など信じられない価格が報じられていた。
しかし上の記事を見れば、
例えばフードコートのトルコ料理コーナーでは、ビール1杯500円、ジュース類200円であることがわかる。
十分、常識的な価格と言っていい。

もちろん高いところはとんでもなく高いわけだが、そんな所は初めから眼中にない。
懐石膳2,900円なんて絶対に食べないし。
いろんな店の価格をちゃんと紹介している点で、かなり良心的だ。

同じIT系ニュースでも、ITmediaのは、ちょっと辛口。

地球に優しく人に厳しい~「愛・地球博」お食事事情 (1/2)(ITmediaモバイル)

「思い出すのは寒さとひもじさと行列、そしてとんでもなく飲食物が高かったことばかり」とのっけから否定的だが、それでも、会場内には紙コップの自動販売機がたくさんあり、市場価格と同じ100~120円で買えることが書かれている。

いったい、いままでの報道はなんだったのだろう??

前に書いたエントリのニュースソースは中日新聞だったわけだけど、改めて中日新聞の愛・地球博関連の記事を見てみると、万博に対して否定的な記事ばかりが目立つ。
大手のメディアだからといって、公正な報道ばかりじゃないってことは、最近の事件で嫌と言うほど思い知らされたはずなのに。。。
ちょっと迂闊だった。大いに反省。(_ _;)

それでも弁当禁止 抗議殺到 持ち込み問題(中日新聞)

3/18の記事↑でも、主な飲食施設のメニューと価格と称して、軒並み1,000円以上の価格であるかのような報道をしているが、はっきり言って偏向報道だ。
わざわざメニューで一番価格が高いものを選んで、並べ立てている。
(3/29追記)
↑について、ちょっと訂正。
もともと価格が高い店については、「一番高いもの」というわけではなかった。
ただ、比較的安価な店でも、一番高いメニューを紹介することによって、全体的に割高であるかのようなイメージを抱かせようとしているように思える。
これらのことは、公式サイトで他のメニューの値段を確かめれば明らかだ。
(追記 終わり)
そんなに中日新聞は愛知万博を潰したいのだろうか?

もっとも会場内のコンビニでも、普通の値段で弁当は買えるらしい。
「でも、せっかくの万博なんだから、世界各国の料理を食べてみたい。」
そう思う人は多いはず。
それならば、日本や欧米が出店している飲食店は止めておいた方が賢明だろう。

(これは推測なんだけど)
招待国のパビリオンの飲食店は、出店料が免除か、もしくは優遇されているのではないかと思う。
だとすれば、違いが出るのは、そこで働く人の人件費。
先進国は人件費だって高いから、その分を稼がなきゃならない。

愛・地球博の公式サイトで公表されている値段を比較してみよう。カッコ内は出店国。
料理はこれより高いものも安いものもあるが、最低限、食事として成り立つものを選んでみた。

ホテルオークラ「桃花林」 チキンカレー 1,000円(日本)
ビア・ハーレ ドイツ風カレー 1,100円(ドイツ)
韓一亭 冷麺 1,000円(韓国)
ドルチェイタリア ピエモンテ風パスタ 1,600円(イタリア)
ユーエスビストロ ルート66 ステーキランチ 1,200円(アメリカ)
フード ジャングル 地中海ピザ 700円(地中海)

コート ロッジ ビーフカレー 850円(スリランカ)
ビクトリア バーベキューガーデン フランコライス(ブラジルの鶏丼) 800円(中南米)
サラーム ココナッツライス ナイジェリア風 800円(アフリカ)
イラ・フォルモサ 海老チャーハン 500円(アジア)
メルハバ ドネルケバブ丼 (ビーフ) 900円(トルコ)
アジア麺類トーマス ベトナム フォー 800円(アジア)

個人的には、1,000円以内に収まるなら許容範囲かなと思うので、意外に選択肢はありそう。

問題は、全体的に席数が少ないこと。
並ばずに食べられるなら、各国の郷土料理を堪能するのも悪くないんじゃないかな。

↓参考にさせて頂きました。

【愛知万博】飲食物が高い「デマ」に注意!【ボッタクリ!?】(中島ひな的ブログ)

|

« 愛・地球博 予習編12 植物プラスチック | トップページ | 万博は独占禁止法違反? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63573/3478298

この記事へのトラックバック一覧です: 愛・地球博 番外編 食事事情の真実は?:

« 愛・地球博 予習編12 植物プラスチック | トップページ | 万博は独占禁止法違反? »