« 愛・地球博 予習編1 リニモ | トップページ | 愛・地球博 予習編3 バイオ・ラング »

2005/03/07

愛・地球博 予習編2 恐竜ロボ

robo1
今回の地球博の目玉の1つは、ロボットだと思う。

日本の技術者は、なにかとヒューマノイド型にこだわるのだが、そのなかで異色を放つのが、この恐竜ロボ。

恐竜ロボットのっしのっし 愛知万博に出品へ(アサヒコム)

体長3.5メートル、87キロのティラノサウルスと、同じ体長で85キロの草食のパラサウロロフス、「2匹」を開発した。ヒト型ロボットの二足歩行技術を応用して、最新の恐竜研究に基づいた歩き方を再現した。鳴き声や、足の着地にあわせた足音も出せる。

恐竜型のロボットというのも世界初だそうだが、内側に硬い骨格構造を通し、表面を柔軟な表皮で覆う内骨格構造を用いているというのが面白い。
一般的なロボットが外骨格構造なのに比べると、ずいぶん生き物っぽいような感じがする。

製作は川田工業が行っているそうだ。
川田工業といえば、パトレイバー、もとい、HRP-2プロメテの設計製作をした会社でもある。
(ちなみにこのプロメテだが、メカデザインは本家本元「パトレイバー」の出渕裕氏である。)

robo2

最近じゃ「会津磐梯山」も体得したらしく、愛知万博でも披露されるそうだ。
これも楽しみ~♪

■ヒューマノイドロボットと踊り師範による会津磐梯山踊りの共演(産業技術総合研究所)

↑このリンク先が妙に真面目なのが、また笑える。
技術的にはものすごいことなんだろうけど。
先日のTVでは、寝た状態から起き上がったり、匍匐前進したりしていた。
かなり自由な動きができるようだ。

あのイングラムが会津磐梯山を踊る・・・・なんか21世紀らしいじゃないか。

|

« 愛・地球博 予習編1 リニモ | トップページ | 愛・地球博 予習編3 バイオ・ラング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63573/3212999

この記事へのトラックバック一覧です: 愛・地球博 予習編2 恐竜ロボ:

» 愛・地球博関連のトラックバックセンター [ブログニュース速報@トラックバックセンター]
愛知万博、愛・地球博に関連するトラックバック 愛・地球博(あい ちきゅうはく) 愛知万博 - 愛・地球博 大阪万博以来35年ぶりに開催される総合万... [続きを読む]

受信: 2005/03/18 15:54

« 愛・地球博 予習編1 リニモ | トップページ | 愛・地球博 予習編3 バイオ・ラング »