トップページ | 2004年12月 »

2004/11/30

雪の降る街を

1130.JPG

一昼夜降り続いた雪は、すっかり札幌を銀世界に変えてしまった。

ああ、冬靴が欲しい。。。。。

関東だったら、パニックになりそうな状況も、札幌市民にとっては、
「寒くなりましたね~」の季節の挨拶のネタにしかならない。

とはいえ、寒いものはやっぱり寒い。
これから、長い長い雪との戦いが始まるのか。ふう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/29

みんなのうた

waltz.jpg

みんなのうた

なにげなく、NHKの「みんなのうた」を見た。
「月のワルツ」という歌だったのだけど、そのバックグランドで流れるアニメがすごい。

不思議の国のアリスをモチーフにしたもので、なんかそのままアニメ番組として通用するんじゃないか、と思うほどのグレードなのだ。「みんなのうた」もこんなすごいのやってたんだ。素直にびっくりした。

アニメーションを制作したのは、天上天下やガングレイブなど多くのTVアニメを手がけている会社らしいので、そのできも納得というところだけど。

NHKのHPによると、10,11月の歌だそうで、もう放送終了間際になってから気づいたわけだ。
う~ん。NHKもやるなぁ~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/27

わたしを雪山に連れてって

アウトドア用品を見に、秀岳荘へ行った。

今シーズンは、クロカン(歩くスキー)を本腰を入れてやってみようと思っている。
クロカンの用具なら、普通のアルペンスキーのものよりも安いはずだ。

ところが、ウェアが高かった。

自分が持っているやつは、札幌に来る前に買ったもので、ゴアテックスですらなく、分厚く、重く、蒸れやすい。いいかげん新調したいと思っていたのだ。
でも、高い。上下でそれぞれ2~3万ぐらい。いいやつは4~5万もする。
1万円台のものもあることはあるが、明らかに作りがちゃちだったり、ぺらぺらで保温性がなかったり。
クロカンではアルペンスキー以上に雪にまみれることになるだろうから、しっかりしたものを選ばないと命取りになる。

どうにも決心が付かないので、とりあえず板の方を見に行った。

板・靴・取り付け金具・ポールの4点セットで3万円ほど。これなら買えないこともない。
YHのツアーなどで使う板は、かなり細めのモノが多かったが、本当はちょっとした丘陵地を歩くなら、バックカントリーと言われるもっと幅の広いモノを使う方がいいみたいだ。

う~む。さらに決心が付かず、冬靴売り場に行く。

一昨年に買った冬靴はどうにも滑りやすく、靴底が薄いので、長時間歩くと足が痛くなってしまう。多少高くてもちゃんとしたモノが欲しい。
さんざん迷ったあげく、メレルのスノーブーツに決めた。8800円と高いが、他のメーカのものは1万円以上するものが多い。

それでもたっぷり10分ぐらい迷ったあげく、ようやく店員さんを呼んだ。

「あの~、この靴の26か26.5のサイズのありますか~?」
「ああ、これですね。これ一応レディス用だから、25.5までしかありませんよ?」

。。。。。。。_| ̄|○

結局、何も買わずに店を出た。

ただ雪が降っていた。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空を越えて~♪(ラララ)

このごろ毎日のようにウィルスメールが届く。

W32.Netsky.Q@mm.enc(シマンテック ウィルス辞典)

発見日が今年の3月だというから、そんなに新しいウィルスではない。

今時のウィルスは、差出人が偽装されているのが普通だから、誰が送ってきたのかさっぱりわからない。ノートンアンチウィルスは最新版が入っているし、感染する恐れは少ないが、やっぱり気持ちが悪い。

毎日、同じ種類のウィルスなところを見ると、送っているのは同一人物で自分のPCが感染したことにも気づかず、起動するごとにじゃんじゃん周りに送りつけているのだろう。
誰かわかれば注意もしてあげられるのだが、どうしようもない。

一方、スパムもたくさん送られてくるが、こっちはノートンアンチスパムがほとんど振り落としてくれるので、けっこう快適だ。

技術は悪用されるのが常、とはいうけど、なんかちょっと悲しいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/25

冬支度

1125.JPG

今朝は雪がちらちらと舞っていた。
今週になってから、急に冷え込んできたようだ。

いつの間にか、大通公園でホワイトイルミネーションが始まっていた。
でも今年もほとんど代わり映えしない、去年と一緒のイルミネーションだ。
全部は無理にしても、1つか2つぐらいは、新しいのと交換すればいいのに。

・・・と、思っていたら、今年はなんと大きな変化が!

今年は従来の白熱灯に加えて、より明るい発光ダイオード(LED)を二-四丁目会場で本格的に導入。(北海道新聞)

ええ。実物を見たってわかりませんとも。

そういえば、「ホワイトイルミネーションを見たカップルは別れる」って都市伝説があったっけ。

これって。カップルが見ないで誰か見るっていうんだろ?
そりゃ、写真をひたすら撮っているオヤジ(俺?)や、北海道に来られるならいつでもかまわないオバサン団体客に見るだろうけど。

これほど、幸薄いイルミネーションがあるだろうか? いやない。(反語)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/24

雪祭りの志願兵

第56回さっぽろ雪まつり/SAPPORO SNOW FESTIVAL 2005

snowfes.jpg

札幌の冬最大のイベントと言えば、なんといっても、「さっぽろ雪まつり」だろう。
でも俺の関心は、それよりももっと前にある。

恒例の「雪像制作ボランティア」である。

今年の雪祭りは、ずっと神奈川に長期出張していて札幌にいなかったので、制作ボランティアはもちろん、雪祭りを見物することすらできなかった。

悔しかった。

雪像制作ボランティアは、ただ見物するだけの存在だった雪祭りを、自ら参加して作り上げていく存在に変えてくれたし、多くの仲間と知り合うことができた。
でも、
「来年もまたがんばりましょう」
そう交わし合った約束を、とうとう果たすことができなかった。

実は来年も1月に出張する予定があり、参加は難しいだろうと半ばあきらめかけていたのだ。
ところが、今日、仕事のスケジュールを確認していたら、納期は1月28日になっていた。
雪像ボランティアは2月4日まで。

なんだ、やれるじゃないか。
納品した後ならば、その気になれば会社を休んでだって参加できる。
よーし、やってやる。
1年のブランク、ちゃんと取り戻すことができるだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カレーはホーム?

1124.JPG

一度、カレーを作ったが最後、後3日は同じ献立になるのが、一人暮らしの運命。今晩もやはりカレーである。

好物を聞かれれば、カレーは確実にベスト3に入る。それぐらいカレーが好きな俺だが、不思議なことに実家で美味しいカレーを食べた覚えがない。
うちのお袋は、料理の水加減&さじ加減については、どうしようもないくらいいい加減だったから、何度カレーを作っても水っぽいものが出来上がるのだ。
ちょうど残ったカレーに水を加えて、無理矢理、量を増やそうとしたかのような、なんとも頼りない、粉っぽい味だった。

男の子の一人暮らし、もしくは、パパさんの日曜クッキングのネタとして、とかくカレーは使われる。そこそこ料理としての格好が付き、誰が作ってもそれなりに美味しく作れるから、だと言われている。

うちのお袋っていったい。。。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2004/11/23

おつカレーさま

横濱カレーミュージアム

カレーミュージアム特製「おつカレースパイス」を使用した 「おつカレー」が勤労感謝の日1日限定で登場! 疲労回復やスタミナ増強となる食材を使用し、元気の出る カレーを創作しました。

ラジオで聞いたニュース。そういえば、今日って勤労感謝の日だっけ。
偶然にも、今日の夕食はカレー。

札幌ではスープカレーが流行っているが、俺は昔ながらのどろっとしたカレーの方が好き。今日もオーソドックスなビーフカレーだ。
2時間かけてじっくり煮込んだ牛肉は、ホロリととろけるほど柔らかい。
う~ん、うまい!
手間暇かけて作ったカレーは、まさしく「おつカレーさま」な味。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

みにくいアヒルの子

冬の風物詩、ウトナイ湖の白鳥を見に行った。

TVや雑誌でよく紹介されるようになったせいか、近年、観光客がますます多くなった。
それはいいのだが、考えなしにせっせと餌付けをするせいで、どんどん野性味が失われていっているんじゃないだろうか。

とくにパンの大きな袋を抱えて、いかにも「私は自然を愛してます」といいたげに大盤振る舞いする、オジサンやオバサンを見かけるが、あれはいかんだろ。
白鳥はもともと水草を主食にしている。少量のパンなら問題はないが、それが習慣的になってしまうと塩分のとりすぎになり体調を壊す、と聞いたことがある。

決して悪意はないだろうが、子供にもパンを渡して「さあ、やってごらん」とけしかける親も多い。
動物が好きなことと、動物を大切にすることは必ずも一致しない。干渉しすぎることは、野生動物としての寿命を確実に短くする。

俺は餌付けを全くしないで、ただひたすら写真を撮るだけだが、間接的には餌付けしている観光客を利用しているようなモノなので、えらそうなことは言えない。

「自然保護」という考え方自体が、どこか人間のエゴなんだろうな。

images/1123_1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/22

窓とドア

自宅のパソコンでは、WebブラウザはもっぱらOperaを使っている。

このノルウェー産のブラウザは、最近では携帯用フルブラウザとして注目されていて、DDIポケットのPHSや、auの携帯電話などに搭載されている。けれども、PC用としてはごくごくマイナーなブラウザに過ぎず、シェアは1%あるかないかだ。

言うまでもなく、PC用ブラウザは、IE(Internet Explorer)が圧倒的なシェアを誇っていて、全世界のPCの95%近くはIEが走っている。残りの数%を、Mozilla, Firefox, Safari, Operaなどの弱小ブラウザが奪い合っている状況だ。

俺にとっては、そんな事情はどうでもよかった。
実際、Operaは非常に快適だし、いまさらタブ・ブラウジングも出来ないようなブラウザに戻るつもりはなかった。

ところが、である。

ココログは、Operaと相性が良くないのだ。
太字・斜体字・リンク・引用などの入力支援ボタンが使えない。
おまけにマイフォトにいたっては、スタイルが全然反映されず、写真の説明もでないような惨状だ。
これでは、正直、使い物にならない。

@niftyによれば、推奨環境は、

Windows Internet Explorer 6以上
Windows Netscape Navigator 7.1以上

としか書かれていない。

Netscapeが「ブラウザ戦争」に敗れ去って、現在の主流ではなくなっているいま、実質上はIEのみ対応と言っていいだろう。要は「マイナーなブラウザなんかしりません」ってことだ。
これは参った。どうにかならないだろうかと調べてみると。。。

ライブドア? なんじゃ、これ?

いつの間にか、Operaの日本での販売元が、あのライブドアになっているではないか!?
どうやら俺が長期出張に行っているうちに、いつの間にか販売元が変わっていたらしい。(開発元はあくまでノルウェーのOpera社である。念のため)
プロ野球だけでなく、こんなところにまで手を出していたとは。おそるべし。

プロ野球参入ではだめだったが、ブラウザではいっちょ逆転ホームランなどかましてくれないだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/21

サンタの逃避行

クリスマスまで、あと1ヶ月以上もあるというのに、街はもうすっかりクリスマスムードでぷんぷん。
この時期考えることと言ったら「今年のクリスマスの過ごし方」である。

もちろん「2人だけの甘い夜の過ごし方」ではなくて、「クリスマス一色になった街を埋め尽くしている、ラブラブ・オーラからいかにして逃れるか」という、後ろ向き全力ダッシュな考えだ。

大勢の人の群れに飲まれれば、逆に孤独感は増すばかり。
かといって、本当に一人で過ごせば、やはりそれは孤独なんだろう。
微妙でデリケートな、バランス力学がそこには働いている。
はあ、もっと別の次元で悩みたいよ。。。

困ったことに、「何もないから何もやらない」ということが、俺にはできない。
どんなに傍目から見て失笑を買うような境遇であったとしても、チキンを焼いたり、ワインを飲んだり、ケーキを食べたりする。

もしサンタさんに会うことがあったら、一度訊いてみたいことがある。
「あなたはこの聖なる夜に、ともに過ごしてくれるパートナーはいないんですか?」
サンタさんは、家庭より仕事を大事にするタイプなんだろうか?
子供たちに夢とプレゼントを与えることによって、自らの孤独を癒しているんだろうか?
ああ、ちょっとサンタが身近に感じられたよ。(迷惑だ)

images/1121

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/20

冬の動物園

旭山動物園へ行ってきた。
上野動物園の年間入場者数を抜いたそうで、いま一番北海道でホットな観光名所と言ってもいい。

札幌ならともかく、旭川の外れというへんぴな場所にあって、それだけの集客力を持っているのは、驚異的だと思う。

もうひとつ驚異的なのは、その開園時間の短さである。

冬季中は、11:00 - 14:00のたった3時間しかない。
しかも水・木は定休日。つまり一週間で15時間しか開園していないことになる。

実は、去年の冬に一回、旭山動物園へ行ったことがあったのだ。
到着時刻は14:00ごろ。まさにちょうど閉園時間で愕然としたものだ。

今回はその教訓を生かして、早朝にでかける・・・・・つもりだったのだけど、なんだかんだで時間を食ってしまい、動物園に着いたのは12半過ぎ。あともう1時間半しかないじゃんよ;

ちなみに入園料は290円と破格のお値段。
これって夏期間も一緒なんだろうか?冬季は時間が短いぶん、駐車場が無料になるので、それだけでもお得感はあるんだけどね。
ちょっとふんぱつして、冬季パスポート500円を買ってみた。
これで今シーズンは何度でも入場できる。・・・そうそう何度も来れないだろうけど。

ざっと園内を見渡したところ、
せまい。
これなら1時間半でも楽勝かもしれない。と思った。

images/1120_1

まずは目玉の一つ、ペンギン館の水中トンネルへGo!
これがすごい。
ペンギンが水中をふわりふわりと飛び回るように泳いでいる。それが上下左右、縦横無尽に繰り広げられるのだ。
すっかり魅了されてしまった。
これだけでご飯3杯はいける、まじで。(食べ物ではない)

images/1120_2

お次はホッキョクグマ館へGo!

ここも水中からホッキョクグマが泳いでいるのを見られるのが売りだ。ホッキョクグマが泳いでいる姿など、NHKの動物番組でもそうそう見ることはできない。
しかも間近で見られるのだ。ど迫力なこと、この上ない。

さらにご飯3杯いけた。

ふと我に返ったら、すでに入場してから1時間が経過。
どわわぁ~~!! ぜんぜん時間が足りない~;
アザラシが、ホッキュクギツネが、レッサーパンダが、シロフクロウが~!
園内を駆け回るが、やっぱり時間切れ。

うう、旭山動物園、あなどりがたし。
どうやら、ご飯はジャーで用意しなければならないようだ。

images/1120_3

帰りは、旭川市内で「青葉」のラーメンを食べた。
やっぱりうめぇっす~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメン「味」ランキング

「けやき」というラーメン屋の支店が、うちの近所にできた。

本店はすすきのにあり、味噌ラーメン専門店としてかなり有名だとか。
食べに行ったことはなかったが、名前だけはどこかで聞いたことがあるような、ないような?

さっそく食べに行ってみた。
先月末にできたばかりなのに、さすがは有名店。かなり混んでいて並ばないと入れないほどだった。

images/1119

さて、味はというと。。。

しょっぱい。

味は悪くないのだけど、とてもしょっぱい。毎日食べると血圧に悪そうだ。
そういえば、「純連(すみれ or じゅんれん)」のラーメンもしょっぱかったよなぁ。札幌の味噌ラーメンはなぜこんなにしょっぱいのか?

札幌に来る前、俺的ラーメン「味」ランキングはこうだった。

1: とんこつ
2: 塩
3: 味噌
4: 醤油

札幌と言えば、やはり味噌ラーメン。
と言いたいところだけど、「美味しい」と絶賛されるラーメン屋は、俺にはややしょっぱすぎて、口に合わない。
おまけに「美味しくない」と言われる店も、申し合わせたように味噌味ばかりなので、自然と評価が下がっていく。

一方、同じく近所にある「てつや」は、醤油味が美味しい。雑誌のラーメンランキングの醤油部門で1位をとったこともある。
また、旭川の「青葉」で食べた醤油は、今まで食べたことのない「力のある醤油味」であり、俺の醤油革命を引き起こした。

したがって、今の「味」ランキングはこうなった。

1: とんこつ
2: 醤油
3: 塩
4: 味噌

醤油味の大躍進である。
とんこつはかろうじて1位を保っているが、最近は「五丈原」「山桜桃」などの代表選手が、昔ほど美味しく思えなくなってきたので、その座も危ういかもしれない。

どこかに、しょっぱくなくて美味しい味噌ラーメン屋はないんだろうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/18

ボジョレーじゃないけど

今日はボジョレー・ヌーヴォーの解禁日だそうだ。

いつもならワインの1本でも買って帰るところだけど、まずは部屋のあちこちに転がっている未開封のワインを先に片づけることにしよう。

images/1118

今晩はこのワイン。「おたる初しぼり」だ。
そういえばこれも一応はヌーヴォーじゃないか。
小樽や余市の白ワインといえば、ナイアガラなどの食用ブドウを使ったデザートワインが有名だけど、これはミューラー・トゥルガウというドイツ品種を使っている。これもやっぱり甘口だ。

漫画「ソムリエ」によれば、「ヌーヴォーなんぞをありがたがって飲むのは、味のわからない日本人だけ」だそうが、まあこれは一種の行事だ。
そもそも、長期の熟成によって味がよくなるのは、一部の品質のよいものだけで、ほとんどの安ワインは長くしまっておくよりもすぐに飲んだ方が美味しいそうだ。

一本、ウン万円のワインなどには、ぜんぜん縁がない俺にとっては、ヌーヴォーこそが最高の贅沢なのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/17

来年の手帳

長期出張中に動作不能になった3つのモバイル機器のうち、シグマリオン3はハードリセットで初期化して元通りになり、デジカメはヤ○ダ電機の展示処分品で同じ機種を買い戻した。
唯一、復活しなかったのがPDAのクリエTJ25である。

薄型でシンプルなTJ25は、先代のT600に劣らず機能と価格のバランスがいい。
でもTJ25はもうすでに生産中止。買い戻したくともなかなか売っていない。
有機ELディスプレイのテスト機でしかないVZ90を除くと、最新のクリエはTH55となるわけだけど、まだまだちょっと価格が高いし、シグマリオン3が手元にある今、機能的にはそれほど求めていない。
TJ25が機能的にも価格的にもベストだったのだ。

PDAは日常使っている人にとっては、「これなしには生活が回らない」と思ってしまうぐらい、この上なく便利な代物だ。
ところが使ったことのない人にとっては、いったい何に使えばいいのかわからない、中途半端なモノに見えるらしい。
現在のPDAに一時期の勢いは全く感じられず、高機能化していく携帯電話と、小型化していくノートパソコンに挟まれて、このまま潰れていくように思える。

携帯電話がスマートフォンに進化するまでは待ちきれないし、いまさら紙の手帳に戻るつもりもない。来年の手帳はいったいどうしたものやら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/16

マフラー・コンプレックス

昨日の夜から、雪が降り始めた。
先月の終わりにも一度降ったそうだが、そのときはまだ神奈川にいたので、今シーズンで俺が初めて見る雪だ。

会社の後輩に、
「なに韓流かぶれしてんですか」
と言われた。
・・・は?
聞いてみると、俺のしているマフラーがヨン様ちっくだと言うのだ。
マフラーしているだけで、韓流呼ばわりかよ。
なんとも乱暴な話だ。
そういえば、冬ソナのヨン様って、いつもマフラーしているようなイメージが。
いや実際のドラマ自体はほとんど見ていないので、本とかポスターとかで見た印象だけなんだけど。

mafura.jpg

いやいやいやいや。そうじゃない。
裏日本(←差別用語)出身の人間は、潜在的にマフラー・コンプレックス度が高いのだ。
雪国でありながら、湿気の多い雪であるため、毛糸編みの防寒着が使えない。
手袋しかり、帽子しかり、マフラーしかりである。
使った日にゃ、すぐにべたべたに濡れて、自滅してしまうことは想像に難くない。
許されるのは、防水ががっちり効いたスキーウェアのようなものだけ。
だから、毛糸のマフラーにひそかに憧れを抱いているのだ。
少なくとも俺はそうだった。地元を離れたあとは、毎冬マフラーを愛用している。
別に仮面ライダーファンなわけでも、サイボーグ009ファンなわけでもない。

ところで。
上の写真のヨン様仕様のマフラーが、ネットショッピングで売られているらしい。
いやあ、日本人ってほんとに馬鹿。
きっと、はずみで買ったはいいが、実用にならないことに気づいて愕然とした裏日本人(←差別用語)がいるはずだ。
マフコン度がますますアップだね。

ちなみに俺のマフラーは、ヨン様仕様のものとは、ぜんぜん似ていない(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/15

旗と尻尾

あふれかえる北朝鮮関連のニュースのなかで、こんなのがあった。
なんかすっきりしていなかった、もやもやがずばっと切り払われたような気がした。

北朝鮮への武力行使に反対 韓国大統領、米国を牽制 - asahi.com : 国際

盧大統領は、北朝鮮が核やミサイルを自衛のための抑止力と主張していることについて、「様々な状況から見て一理ある面がある。核開発が誰かを攻撃したりテロを支援したりするためとは断言できない」と発言。

当たり前の意見だけど、なかなか表だっては言えない一言だ。
特に世界のすべてが、北朝鮮の核開発を非難している中、擁護していると受け取られかねない発言は非常に危険だ。
ブッシュの犬、我らが小泉首相などは絶対口にできないだろう。
もちろん、これは韓国自身が核開発疑惑を抱えており、自己弁護をしているだけかもしれない。

でも考えてみれば納得のいかない話。
世界一たくさん核爆弾を持っているアメリカが、わずか数発開発した(かもしれない)北朝鮮を非難する資格があるのか?
銃を頭に突きつけながら、「銃は危険だからすぐ捨てろ」と脅しているようなもの。

実際に北朝鮮側は「アメリカが敵視政策をやめ、体制保証をするなら核は放棄する」と明言しているのだ。
それに対してアメリカは「一切の交渉はしない」と頭から突っぱねている。
対話の努力?そんな気は毛頭ないのだろう。

もし戦争が起これば、確実に戦場となるであろう韓国としては、気が気でない。
朝鮮戦争の二の舞だけは避けたい。韓国は正直だ。
かたや「過ちは繰り返しませんから」という慰霊碑の残る国の首相は、軍国主義の旗としっぽを必死に振っている。

ふと、映画「ブラザーフッド」の中のせりふを思い出した。
「なぜ同胞同士が殺し合わなきゃならない?思想とはそんなに大事なものなのか?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/11/12

財布に優しいスイーツ

うちの近所には、「柳月」というお菓子屋さんがある。
本店は帯広にあり、六花亭やイシヤ製菓と並ぶ北海道の有名店である。
とはいえ、お土産物としては「三方六」というバームクーヘン菓子ぐらいしか知られていないので、道外の人にはあまりなじみのない店である。

でもここは値段がめちゃくちゃ安い。
もともと六花亭や柳月のような帯広発のお菓子屋さんは、本店でもごく普通のお菓子屋さんにしか見えず、基本的にばら売りで安価に購入することができる。
それに比べると、札幌に本店があるイシヤ製菓(西区)、ロイズ(東区)、きのとや(白石区)のようなお菓子屋さんは、一見店舗もお菓子もおしゃれだが、値段も相応であることが多い。いわゆる都会価格なのだ。

札幌ステラプレイスの大丸内にある「きのとや」なんかは非常に高い。
ケーキ1つで最低200円台。なかには400円以上するものもある。
それでも結構売れているのは、ブランドネームのせいなのか、客層のせいなのか。

一方、近所の柳月。
チーズケーキ105円。ショートケーキ137円。
段違いに安い。
今日買ったケーキは3つ。
左から、ロイヤルショコラ142円。黒豆モンブラン171円。オレンジツイスト200円。
これぞ「私の町のお菓子屋さん」だと思う。

images/IMG_0632

| | コメント (0) | トラックバック (0)

祝!ブログ化

え~っと、誰も祝ってくれないので、自分で祝ってみた(笑)。
正直、ブログ化する意味があるのか、わからないけど。

HPの方は、紫・青を基調とした寒色系の色遣いだったんだけど、
イメージを一新するためにアースカラーでまとめて、「地球に優しく」してみた。
今のところ、文字ばっかりで地味~な感じだけど、まあいいか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2004年12月 »